ロンドン条約 (1915年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドン条約(ロンドンじょうやく、: Treaty of London)は、1915年4月26日イタリア三国協商の間で結ばれた秘密協定。ロンドン密約ロンドン秘密協定とも。

概要[編集]

イタリアは、普墺戦争の際にオーストリアから回収できなかった、南ティロル地方トレンティーノ地方トリエステイストリア地方フィウーメダルマツィア地方などの地域(未回収のイタリア)の奪回を念願としていた。第一次世界大戦において当初イタリアはオーストリアを含む三国同盟に所属していた。

大戦終結後の未回収のイタリアの返還を約束され、1915年4月26日にイタリア外相シドニー・ソンニーノイタリア語版英語版がイギリス外相エドワード・グレイとフランス外務秘書長官ジュール・カンボンフランス語版英語版(外相テオフィル・デルカッセの代理)とこの条約を締結し、連合国側での対独参戦を約束した。

関連項目[編集]