サン=ジェルマン条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
同盟及聯合国ト墺地利国トノ平和条約
Staatsgesetzblatt (Austria) 1920 0995.jpg
条約発効を告示するオーストリアの官報
通称・略称 サン=ジェルマン条約
署名 1919年9月10日(サン=ジェルマン=アン=レー城
効力発生 1920年7月16日
寄託者 フランス共和国政府
条約番号 大正九年条約第三号
言語 フランス語英語イタリア語
主な内容 連合国オーストリアの講和
国際連盟国際労働機関の発足など
ウィキソース原文
テンプレートを表示
サン=ジェルマン条約の調印式。中央付近で起立している人物はオーストリア代表カール・レンナー

サン=ジェルマン条約(サン=ジェルマンじょうやく、フランス語: Traité de Saint-Germain英語: Treaty of Saint-Germainドイツ語: Vertrag von Saint-Germain)は、第一次世界大戦の後の1919年9月10日連合国側とオーストリア第一共和国の間で結ばれた条約の通称。フランス語、英語、イタリア語で作成され、フランス語版を基本の正文とする。英文での正式名称は「英語: Treaty of Peace between the Allied and Associated Powers and Austria」。日本語での名称は「同盟及聯合国ト墺地利国トノ平和条約」。

この通称は締結が行われたサン=ジェルマン=アン=レーサン=ジェルマン=アン=レー城にちなむ名称であるので、正確にはサン=ジェルマン=アン=レー条約と呼ぶべきかもしれないが、一般にはやや省略して(日本語はもとより英語、フランス語などでも)サン=ジェルマン条約と呼ばれる。この地で締結された条約は他にもいくつか存在している(サン=ジェルマン=アン=レー条約 (曖昧さ回避)英語版)。

オーストリア=ハンガリー帝国第一次世界大戦末期にはイタリア王国の攻勢と諸民族の反乱の中で内乱状態に陥り、1918年11月3日イタリア王国との間でヴィラ・ジュスティ休戦協定を結び敗北した。オーストリア=ハンガリー帝国はその後解体したため、新たに成立したドイツ=オーストリア共和国とオーストリアから分かれたハンガリー王国は別々に講和することとなった。サン=ジェルマン=アン=レーでの講和会議は1919年5月に始まったが、オーストリア代表団の出席は認められず、文書での提案しか認められていなかった。この条約は、1920年7月16日に発効した。ドイツ=オーストリア共和国はこの調印において「オーストリア共和国」の国名で調印し、国名から「ドイツ」は排除されることとなった。

主な条約内容[編集]

国境線の変更

締結国[編集]

主要連合国

前文では特に「アメリカ合衆国、イギリス帝国、フランス国、イタリア王国、日本国」を「主たる同盟及び連合国」として他の参加国より先に記述している。

連合国
イギリス連邦内の参加国
中央同盟国

調印したが、批准を行わなかった国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]