ブリンディジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリンディジ
Brindisi
ブリンディジの風景
アッピア街道の終点を示す柱
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Apulia.svg プッリャ
Blank.png ブリンディジ
CAP(郵便番号) 72100
市外局番 0831
ISTATコード 074001
識別コード B180
分離集落 Tuturano
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 88,734 [1](2012-01-01)
人口密度 270.1 人/km2
文化
住民の呼称 brindisini
守護聖人 San Lorenzo da Brindisi と San Teodoro d'Amasea
祝祭日 9月最初の日曜日
地理
座標 北緯40度38分0秒 東経17度56分0秒 / 北緯40.63333度 東経17.93333度 / 40.63333; 17.93333座標: 北緯40度38分0秒 東経17度56分0秒 / 北緯40.63333度 東経17.93333度 / 40.63333; 17.93333
標高 13 (0 - 93)[2] m
面積 328.48 [3] km2
ブリンディジの位置
ブリンディジの位置
ブリンディジ県におけるコムーネの領域
ブリンディジ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ブリンディジイタリア語: Brindisi ( 聞く))は、イタリア共和国プッリャ州にある都市で、その周辺地域を含む人口約8万9000人の基礎自治体コムーネ)。ブリンディジ県の県都である。アドリア海に面した港湾都市で、ローマ帝国時代から地中海の要衝として栄えた。19世紀中盤にスエズ運河が開通して以降は、フランスマルセイユなどと並び、日本などアジアヨーロッパとを結ぶ航路(欧亜航路)の発着地のひとつであった。

現在でもイタリア国内をはじめ、ギリシアやアドリア海沿岸諸国、北アフリカをはじめとする地中海地方各地へのフェリーをはじめとする海路の拠点であり、イタリアの代表的な港の一つである。

名称[編集]

日本語では「ブリンディシ」[4]とも転記される。歴史的には「ブリンデッシ」[5]、「ブリンヂシ」[6]など多様に表記されてきた。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ブリンディジの街は、ブリンディジ県南東部のアドリア海沿岸に位置し、レッチェから北北西へ約37km、ターラントから東北東へ約62km、州都バーリから南東へ約105km、首都ローマから東南東へ約477kmの距離にある。また、アドリア海を隔てて、アルバニアのティラナの南西約175km、ギリシャのヨアニナの北西約270kmに位置する[7]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

歴史[編集]

古代より地中海交易を通じて繁栄した。ローマから750kmに及ぶアッピア街道の終点として知られる。古代ローマ帝国を代表する詩人であるウェルギリウスは、この地で死去した。

アッピア街道

その後、東ローマ帝国両シチリア王国などの支配下におかれ、19世紀後半にイタリア王国の一部となった。1943年、ムッソリーニ政権崩壊後のバドリオ政権がドイツ軍に攻撃されてローマからの遷都を余儀なくされたため、1944年までブリンディジに都が置かれた。

文化[編集]

ブリンディジが登場する作品[編集]

森鴎外の小説『舞姫』の冒頭部に、ブリンディジ(作中の表記では「フリンヂイシイ」[8]あるいは「ブリンヂイシイ」[9])の名が登場している。『舞姫』は、ブリンディジ港から欧亜航路で帰国の途に就いた主人公が旅の途中で書いた回想録という形式をとっている。

また、テレビアニメ『ポルフィの長い旅』では、ギリシャから来た主人公が最初にたどり着いたイタリアの街がブリンディジである。

交通[編集]

ブリンディジ港

海運向けの港の他にも、市街地にブリンディジ国際空港があり、アリタリア航空などの定期便がイタリア国内の他にヨーロッパ各国、アフリカ間に就航している。また、高速道路を使った高速バスや、イタリア国鉄の各路線でもイタリア国内の各都市と結ばれている。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年3月22日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Brindisi (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年9月3日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Brindisi (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年9月3日閲覧。
  4. ^ 一例として、アッピア街道”. 世界の土木遺産. 建設コンサルタンツ協会. 2014年6月17日閲覧。
  5. ^ 一例として、世界列国に於ける民間航空事業”. 京城日報神戸大学電子図書館システム新聞記事文庫 所収). 2014年6月17日閲覧。や、小栗虫太郎. “黒死館殺人事件”. 青空文庫. 2014年6月17日閲覧。
  6. ^ 一例として、山下雄太郎『海外見聞録』(明治19年、近代デジタルライブラリー所収)や、『増補改訂新選詳図世界之部』(帝国書院、1924年))
  7. ^ 2点間の直線距離を測る”. 2014年6月8日閲覧。
  8. ^ 『日本現代文學全集 7 森鴎外集』(講談社、1962年)を底本とする青空文庫
  9. ^ 森鴎外『水沫集』(春陽堂、明治25年)近代デジタルライブラリー所収

関連項目[編集]

外部リンク[編集]