ルシュニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルシュニャ
ルシュニャの位置(アルバニア内)
ルシュニャ
ルシュニャ
座標: 北緯40度56分 東経19度42分 / 北緯40.933度 東経19.700度 / 40.933; 19.700
アルバニアの旗 アルバニア
フィエル州
ルシュニャ県
行政
 - 種別 Bashki
人口 (2001年)[1]
 - 計 54,813人
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 9001
市外局番 035
ナンバープレート LU
ウェブサイト www.bashkialushnje.gov.al

ルシュニャアルバニア語: Lushnjë)は、アルバニア中西部の都市。フィエル州ルシュニャ県の県都で、人口は5万4813人である[1]ドゥラスベラトを結ぶ街道沿いに中世後期、サルシェというトルコ人の未亡人が開いた茶屋が街の起源とされる。2000年になっても年配の男性は街をサルシェと呼んでいた。

1920年1月には国会が設けられ、アルバニアの暫定首都となった。国会に会した全国の首長はティラナを暫定首都とすることにし、後にこれが恒久首都となった。

山国アルバニアでは珍しく、県内では農業が盛んで、全国の食料庫の役割を果たしている。社会主義体制下では食品加工や建設資材関連の工場が数多く存在したが、体制崩壊による余波で軒並み破たんした。

市街から3kmほどのサヴラでは1385年、ゼタ公国オスマン帝国が初めて戦火を交え、このサヴラの戦いと呼ばれる戦闘でゼタ公国のバルシャ2世が戦死した。

ゆかりの人物[編集]

  • ヴァチェ・ゼラ - 歌手
  • ヒスニ・ゼラ - 歌手
  • マルガリータ・ジェパ - 俳優
  • ケマル・ムライ - 近代アルバニア建国の父
  • フェリト・ヴォコポラ - 近代アルバニア建国の父
  • ネビ・セファ - 近代アルバニア建国の父

脚注[編集]

  1. ^ a b Municipality of Lushnje (2010年). “Plani rregullues” (Albanian). 2010年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]