オセロ (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オセロ
メンバー 中島知子
松嶋尚美
結成年 1993年4月29日
解散年 2013年4月11日
事務所 松竹芸能フリーランス(中島)
松竹芸能⇒ステッカー(松嶋)
活動時期 1993年 - 2013年
(実質的な活動は2011年まで)
出身 松竹芸能タレント養成所
出会い 松竹芸能タレント養成所
現在の活動状況 テレビ中心
芸種 コント漫才ほか
現在の代表番組 世界の果てまでイッテQ!
ひみつのアラシちゃん!
過去の代表番組 ワンダフル
ウタワラ
GO!GO!サタ
同期 ますだおかだ
公式サイト プロフィール
受賞歴
1995年『第16回ABCお笑い新人グランプリ』新人賞
テンプレートを表示

オセロは、日本女性お笑いコンビである[1]1993年4月29日に結成、2011年4月以降、コンビ活動を休止。2013年4月11日に正式解散[2][3]

メンバー[編集]

略歴[編集]

  • 1993年4月29日に結成。同期にますだおかだがいる。
  • 1996年、「第17回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞を受賞。
  • 2007年、松嶋の個人事務所設立でコンビとしての活動は事実上休止になるという報道があった。個人事務所への独立とは言うものの、代表取締役兼マネージャーを元松竹芸能東京支社長の難波規精が務めており、松竹芸能の親会社である松竹がマネジメントの協力を担当していること、またコンビの仕事は松竹芸能を通じて行われているなど、独立後も引き続き松竹系列のバックアップを受けての体制が取られている。
  • 2011年4月以降、中島が体調不良を理由にコンビ活動を休止。
  • 2013年3月29日付で「中島の退社申し入れにより事実上の解散となった」との報道が各新聞社より発表された[6]。しかし、活動休止していても、コンビの解散はしていないとメンバーの松嶋より発言があり[7]、時を同じくして3月30日、松竹芸能より解散説が正式に否定された[8]
  • 2013年4月6日付で中島が正式に松竹芸能との専属契約を解除。同年4月11日付で松嶋尚美オフィシャルブログにて、2年ぶりに2人が再会し話し合った結果、正式解散したことを発表している[3][9]

出演[編集]

※オセロのコンビとしての出演番組を記載。単独での出演番組は中島知子松嶋尚美を参照。

テレビ番組[編集]

CM[編集]

音楽活動[編集]

シングル(両方とも12cm)のみ発売している。いずれも日本クラウンより発売。

  1. Door ―待ってるだけじゃ恋は始まらない―(c/w 私の日曜日,あなたが好き)(1997年6月25日
    • 1曲目はオセロ、2曲目は中島、3曲目は松嶋による作詞。
  2. to be myself(c/w トムとジェリー,おやすみ)(1999年4月21日
    • 3曲ともオセロによる作詞。

参加作品[編集]

  • GLAYI'm in Love」(『pure soul』収録)
    • コーラスで参加。
  • THE BOOM大阪でもまれた男 (featuring オセロ)」(『大阪でもまれた男』収録)
    • セリフを入れている。
  • beatmania IIDX「天国のキッス-D.J.TAKA'S STYLE」歌唱。(5th Style) - 業務用現行機では収録されていない。松田聖子の同名曲のカバー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オセロ”. タレント一覧. 松竹芸能株式会社. 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  2. ^ 「オセロ松嶋さんが解散発表」 『産経新聞』 2013年4月12日付、東京本社発行15版、28面。
  3. ^ a b 松嶋尚美 (2013年4月11日). “オセロ”. 松嶋尚美オフィシャルブログ. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ 松竹芸能「看過できない」中島を解雇”. デイリースポーツ (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ 「なおみ」ではない
  6. ^ 関口賢 (2013年3月29日). “中島知子が本日11時25分からのテレ朝「ワイド!スクランブル」に出演……約2年ぶりにテレビで語る”. RBB TODAY. 2013年5月2日閲覧。
  7. ^ 松嶋尚美が電撃復帰「オセロは解散しません」”. スポーツ報知 (2012年4月1日). 2013年5月2日閲覧。
  8. ^ 松竹、オセロ中島「契約解除してない」松嶋も解散「聞いてない」”. スポーツ報知 (2013年3月30日). 2013年5月2日閲覧。
  9. ^ オセロ解散!中島&松嶋が2年ぶり再会で結論…”. シネマトゥデイ (2013年4月11日). 2013年5月2日閲覧。

関連項目[編集]