オセロ (お笑い)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オセロ
メンバー 中島知子
松嶋尚美
結成年 1993年4月29日
解散年 2013年4月11日
事務所 松竹芸能(中島・グループ)
ステッカー(松嶋)
活動時期 1993年 - 2013年
(実質的な活動は2011年まで)
出身 松竹芸能タレント養成所
出会い 松竹芸能タレント養成所
現在の活動状況 テレビ中心
芸種 コント漫才ほか
現在の代表番組 世界の果てまでイッテQ!
ひみつのアラシちゃん!
過去の代表番組 ワンダフル
ウタワラ
GO!GO!サタ
同期 ますだおかだ
公式サイト プロフィール
受賞歴
1995年『第16回ABCお笑い新人グランプリ』新人賞
テンプレートを表示

オセロは、日本女性お笑いコンビである[1]1993年4月29日結成、2011年コンビとしての活動を休止し、2013年4月11日解散[2][3]

メンバー[編集]

略歴・概要[編集]

  • 1993年4月29日に結成。同期にますだおかだがいる。
  • 中島は嫌煙家である。中島は海外ロケで数回スモークハラスメントを受け体調不良を起こし、一時休養していた時期がある。また、松嶋は過去に喫煙者であった。
  • コンビ名の由来は、2人が色黒・色白と対照的でオセロの白・黒の駒を連想させることから来ている。松嶋があっけらかんとした性格であるのに対し、中島はどこかお局様的で腹黒いという含みもある。
  • 2人とも松竹芸能タレント養成所のタレント養成コースに在籍していた。「同期生のますだおかだのアドバイスでお笑いコンビへ転向した」と言われるが、実際は養成所時代に講義そっちのけでおしゃべりばかりしていたので、講師から「そこのオセロ! そんなにしゃべりたければお笑いの方へ行け!」と言われたから。コンビ名もこの時の言葉に由来している。
  • 当初タレント養成コースに在籍していたのは、最初から共にお笑いではなくタレントを目指していた為。まだ近畿地区のローカルタレントだった時代も、いわゆるお笑いの仕事よりタレント志向の仕事を優先して活動していた(誠のサイキック青年団での北野誠の発言より)。
  • 漫才師としてのネタはますだおかだの増田英彦が作っていた。とはいえ、「関西ローカル番組のアシスタントを決める」という所の育ちだったので、ネタを作ることは出来なかった。現在、ネタ見せはマネージャーから強く禁止されていると言う。
  • 1996年に「第17回ABCお笑い新人グランプリ」新人賞を受賞。
  • 事務所でデビュー当時の宣材など昔の写真を見つけると処分しているため、それらはほとんど事務所に残っていない。デビュー当時の写真で現在残っているのは、ますだおかだが所有している物と、世話になった人達に送った年賀状に載っている物くらいだとされている。
  • 松嶋の個人事務所設立でコンビとしての活動は事実上休止になるという報道も出たが、その傾向は今のところ見られない。個人事務所への独立とは言うものの、代表取締役兼マネージャーを元松竹芸能東京支社長の難波規精が務めており、松竹芸能の親会社である松竹がマネジメントの協力を担当していること、またコンビの仕事は松竹芸能を通じて行われているなど、独立後も引き続き松竹系列のバックアップを受けての体制が取られている。
  • 横山たかしはデビュー当時の中島知子と松嶋尚美に対して『10年間頑張ったら100万円やる!!』と高言を吐いた。そして活動10年目の正月に中島と松嶋2人が、横山たかしの楽屋を訪れ『活動10年目に入りました、約束はどうなっていますか?』と言うと、たかしは『すまんかった!勘弁してくれ!!』と土下座して謝り、値引きして2人に10万円をやったと言う。
  • デビュー曲は印税が36円だった(中島談)。
  • 2011年4月以降中島が体調不良を理由に芸能活動を休止、これ以降コンビでの活動は行われていなかった。2013年3月29日には「中島の退社申し入れにより事実上の解散となった。」との報道が各新聞社より発表された[7]。しかし、活動休止していても、コンビの解散はしていないとメンバーの松嶋より発言があり[8]、時を同じくして3月30日、松竹芸能より解散説が正式に否定された[9]
  • しかし、2013年4月6日付で中島が正式に松竹芸能との専属契約を解除。2013年4月11日の松嶋尚美オフィシャルブログにて、2年ぶりに2人が再会し話し合った結果、解散したことを発表している[3][10]

出演[編集]

※オセロのコンビとしての出演番組を記載。単独での出演番組は中島知子松嶋尚美を参照。

テレビ番組[編集]

CM[編集]

音楽活動[編集]

シングル(両方とも12cm)のみ発売している。いずれも日本クラウンより発売。

  1. Door ―待ってるだけじゃ恋は始まらない―(c/w 私の日曜日,あなたが好き)(1997年6月25日
    • 1曲目はオセロ、2曲目は中島、3曲目は松嶋による作詞。
  2. to be myself(c/w トムとジェリー,おやすみ)(1999年4月21日
    • 3曲ともオセロによる作詞。

参加作品[編集]

  • GLAYI'm in Love」(『pure soul』収録)
    • コーラスで参加。
  • THE BOOM大阪でもまれた男 (featuring オセロ)」(『大阪でもまれた男』収録)
    • セリフを入れている。
  • beatmania IIDX「天国のキッス-D.J.TAKA'S STYLE」歌唱。(5th Style) - 業務用現行機では収録されていない。松田聖子の同名曲のカバー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オセロ”. タレント一覧. 松竹芸能株式会社. 2012年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月12日閲覧。
  2. ^ 「オセロ松嶋さんが解散発表」 『産経新聞』 2013年4月12日付け、東京本社発行15版、28面。
  3. ^ a b 松嶋尚美 (2013年4月11日). “オセロ”. 松嶋尚美オフィシャルブログ. 2013年5月2日閲覧。
  4. ^ 松竹芸能「看過できない」中島を解雇”. デイリースポーツ (2013年4月6日). 2013年4月6日閲覧。
  5. ^ 「なおみ」ではない
  6. ^ デビュー当時からのファンや関係者からはこう呼ばれることがある。発言や行動が東原亜希の発言や行動、ブログのようにその対象がその後に致命的なトラブルに襲われる確率が異常に高い為。
  7. ^ 関口賢 (2013年3月29日). “中島知子が本日11時25分からのテレ朝「ワイド!スクランブル」に出演……約2年ぶりにテレビで語る”. RBB TODAY. 2013年5月2日閲覧。
  8. ^ 松嶋尚美が電撃復帰「オセロは解散しません」”. スポーツ報知 (2012年4月1日). 2013年5月2日閲覧。
  9. ^ 松竹、オセロ中島「契約解除してない」松嶋も解散「聞いてない」”. スポーツ報知 (2013年3月30日). 2013年5月2日閲覧。
  10. ^ オセロ解散!中島&松嶋が2年ぶり再会で結論…”. シネマトゥデイ (2013年4月11日). 2013年5月2日閲覧。

関連項目[編集]