いてまえ打線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いてまえ打線( - だせん)とは、大阪近鉄バファローズ打線に付いた愛称である。

概要[編集]

「いてまえ」とは大阪弁で「やっちまえ」を意味し、打線の雰囲気と地域性を同時に表すネーミングである。

この名称は、近鉄選手が相手投手を打ち込んだ際に近鉄応援団が「いてまえ〜」と掛け声をしていたことに由来し、リーグ初優勝する1979年頃に、ファンの間で自然発生的したものであると、当時の応援団長佐野正幸が書籍に綴っている[1]。その後、1990年代前半にマスコミの間でも広く浸透[2]し、2004年の近鉄球団消滅まで使われ続けた。

そのため、「いてまえ打線」と言えば特定の布陣を指し示すものではなく、メンバーは年度によって異なる。なお、応援団は掛け声だけでなく、スタンドに「豪打いてまえ猛牛打線」の横断幕を掲げ、暴れん坊将軍のオープニング曲を使ったチャンステーマの歌詞にも織り込んでいた。

近鉄は長年、クリーンナップの長打力を重視した布陣を敷くことが多く、チーム本塁打数200本以上を3度(1980年1985年2001年)記録している。特に2001年時はチーム防御率がリーグ最低にもかかわらず、打線の力でチームをリーグ優勝に導いた。しかし、ただ本塁打を重視するのではなく、1番打者には俊足の選手を、2番打者には巧打の選手を必ず置いており、「いてまえ打線」の真骨頂はクリーンナップによる本塁打のみではなく、集中打による得点と、クリーンナップ以外の打者による効果的な本塁打であるとする近鉄ファンは多い。

ただし、1992年〜1994年頃のいてまえ打線はラルフ・ブライアント石井浩郎らの長打力に、大石大二郎を中心とした機動力をミックスして得点を挙げていたが、2001年〜2002年には、ほとんど機動力に頼らず、タフィ・ローズ中村紀洋らを中心とした長打力で得点を挙げることが多く、時代によって多少毛色が異なっている。

また、1980年代半ばから球団消滅まで近鉄は捕手について1名を正捕手として固定起用せず、2名あるいは3名の併用とし続けていた(打撃、守備それぞれで突出した存在がいなかった)ために、「いてまえ打線」において捕手は下位打線を打つのが基本である。

布陣[編集]

太字はリーグトップ

1979年[編集]

ファンの間で「いてまえ打線」と呼ばれ始めたとされる年(先述参照)。球団史上初のリーグ優勝を果たした。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 平野光泰 .279 18 51 21 ゴールデングラブ賞(外)
2 石渡茂 .281 11 45 10 ベストナイン(遊)
3 栗橋茂 .291 32 80 16 ベストナイン(外)
4 DH チャーリー・マニエル .324 37 94 0 本塁打王ベストナイン(DH)
5 羽田耕一 .274 13 49 11
6 クリス・アーノルド .289 17 65 6
7 小川亨 .277 12 44 2
8 佐々木恭介 .320 18 46 14
9 梨田昌崇 .272 19 57 2 ベストナイン(捕)、ゴールデングラブ賞(捕)
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
有田修三 .271 8 24 0 梨田と併用
永尾泰憲 .310 3 40 12
藤瀬史朗 .385 0 1 27 この年の代走盗塁数25はプロ野球記録
  • 主なチーム記録
    • 打率.285(リーグ1位)
    • 本塁打195本(リーグ1位)
    • 得点641(リーグ1位)
    • 盗塁140(リーグ3位)

1980年[編集]

2年連続のリーグ優勝を果たした。この年のチーム打率・本塁打数・得点数・打点数が近鉄バファローズとしての球団記録である。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 平野光泰 .284 23 68 13
2 小川亨 .323 15 55 1
3 佐々木恭介 .318 19 66 8
4 DH チャーリー・マニエル .325 48 129 0 本塁打王打点王ベストナイン(DH)
5 栗橋茂 .328 28 84 9 出塁率.406ベストナイン(外)
6 羽田耕一 .272 30 80 6
7 梨田昌崇 .292 15 55 1 ベストナイン(捕)
8 吹石徳一 .249 12 36 6
9 石渡茂 .265 9 47 5
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
有田修三 .309 16 37 2 梨田と併用
一/二 クリス・アーノルド .252 11 37 1
永尾泰憲 .233 1 15 4
島本講平 .351 5 26 1
藤瀬史朗 .241 3 8 22 代走要員
  • 主なチーム記録
    • 打率.290(当時パ・リーグ新記録[3]
    • 本塁打239本(当時プロ野球新記録、前後期65試合ずつ、合計130試合制での達成。現在はパ・リーグ記録[4]
    • 得点791(当時パ・リーグ新記録、130試合制での達成。[5]
    • 盗塁85(リーグ4位)

1989年[編集]

9年ぶり、3度目のリーグ優勝を果たしたときの布陣。なお、ブライアントはこの年だけで1試合3本塁打を4回記録した。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大石第二朗 .277 8 33 14
2 新井宏昌 .302 7 47 6
3 ラルフ・ブライアント .283 49 121 5 シーズンMVP本塁打王ベストナイン(外)
4 ハーマン・リベラ .260 25 79 4
5 DH 淡口憲治 .229 3 27 2
6 鈴木貴久 .286 20 57 1
7 金村義明 .225 7 30 0
8 山下和彦 .262 6 35 1 ベストナイン(捕)
9 真喜志康永 .254 7 30 2
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁
DH 中谷忠己 .274 1 13 0
DH 中根仁 .236 10 21 2
羽田耕一 .256 1 17 1
村上隆行 .306 5 25 2
古久保健二 .171 2 6 0
安達俊也 .205 1 9 2
  • 主なチーム記録
    • 打率.261(リーグ5位)
    • 本塁打157本(リーグ3位)
    • 得点606(リーグ4位)
    • 盗塁45(リーグ最下位)

1992年[編集]

この頃から「いてまえ打線」の名称がマスコミでも広く使われるようになった。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大石大二郎 .269 6 47 39
2 [6] 新井宏昌 .220 3 25 2 通算2000本安打を達成。この年限りで現役引退。
3 DH ラルフ・ブライアント .243 38 96 6 シーズン198三振のプロ野球新記録(当時)を達成。
4 石井浩郎 .290 29 89 4
5 金村義明 .260 13 44 5
6 ジェシー・リード .232 10 37 0
7 村上嵩幸 .250 20 59 15
8 古久保健二 .207 4 17 0
9 吉田剛 .257 3 30 27
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
光山英和 .267 8 22 1 古久保との併用。野茂英雄が先発投手の際は光山が出場。
一/DH アルビン・デービス .275 5 12 1
安達俊也 .250 1 13 2
鈴木貴久 .186 9 26 3
  • 主なチーム記録
    • 打率.247(リーグ5位)
    • 本塁打155本(リーグ2位)
    • 得点580(リーグ2位)
    • 盗塁112(リーグ3位)

1993年[編集]

1993年6月5日のダイエー戦で9回裏に一挙7点をとって逆転サヨナラ勝ち。最終回での6点差逆転は日本記録。なお、この年は外野手の規定打席到達者なし。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大石大二郎 .257 10 49 31 盗塁王(プロ野球史上最年長記録)
2 大島公一 .280 1 11 10
3 DH ラルフ・ブライアント .252 42 107 4 ベストナイン(DH)、シーズン204三振の世界新記録樹立
4 石井浩郎 .309 22 80 0 ベストナイン(一)、最多安打者[7]
5 ロバート・レイノルズ .298 18 50 12
6 鈴木貴久 .210 10 37 0
7 村上嵩幸 .269 11 39 7
8 光山英和 .263 9 20 1
9 吉田剛 .224 1 21 18
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
古久保健二 .227 5 17 2 光山との併用
金村義明 .221 3 28 1
内匠政博 .255 1 12 10
中根仁 .263 8 35 18
  • 主なチーム記録
    • 打率.258(リーグ3位)
    • 本塁打145本(リーグ1位)
    • 得点562(リーグ1位)
    • 盗塁124(リーグ2位)

1994年[編集]

打線の爆発により7月26日から8月10日にかけて球団記録の13連勝(引き分けを挟む)を記録。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大島公一 .285 5 29 6
2 水口栄二 .272 5 43 1
3 DH ラルフ・ブライアント .293 35 106 0 本塁打王ベストナイン(DH)
4 石井浩郎 .316 33 111 1 打点王ベストナイン(一)
5 鈴木貴久 .263 19 73 1
6 リー・スチーブンス .288 20 66 3
7 金村義明 .299 8 28 2
8 光山英和 .243 5 20 0
9 中根仁 .291 10 42 12
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
古久保健二 .202 6 26 1 光山との併用
大石大二郎 .270 2 33 11 スタメン出場の際は2番セカンド(故障での欠場多し)
中村紀洋 .281 8 36 0 シーズン後半にレギュラー定着
内匠政博 .243 2 20 17 シーズン前半は1番打者としてスタメン出場
  • 主なチーム記録
    • 打率.274(リーグ4位)
    • 本塁打169本(リーグ1位)
    • 得点701(リーグ1位)
    • 盗塁75(リーグ3位)

1997年[編集]

1997年8月24日のロッテ戦でプロ野球史上3度目の10点差逆転勝利を記録。この日を境にチームは最下位争いを脱出し、最終的には3位に浮上した。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1[8] 武藤孝司 .282 0 29 26
2 水口栄二 .284 7 50 10 犠打リーグ1位
3 タフィ・ローズ .307 22 102 22 ベストナイン(外)
4 フィル・クラーク .331 23 93 1 ベストナイン(一)
5 鈴木貴久 .261 10 53 9
6 DH 山本和範 .264 12 37 1
7 中村紀洋 .240 19 68 3
8 的山哲也 .197 4 22 4
9 大村直之 .281 1 30 15
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
古久保健二 .287 2 11 0 的山との併用
一/三/外 村上嵩幸 .270 4 12 3
中根仁 .188 1 9 2
  • 主なチーム記録
    • 打率.274(リーグ2位)
    • 本塁打112本(リーグ3位)
    • 得点603(リーグ2位)
    • 盗塁112(リーグ3位)

1998年[編集]

9月初めまでチームは優勝争いを繰り広げていたが、先発投手陣が安定しないためいまいち波に乗れず、最終的に借金1でリーグ5位。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大村直之 .310 4 40 23 ベストナイン(外)
2 武藤孝司 .250 0 32 16
3 タフィ・ローズ .257 22 70 15
4 DH フィル・クラーク .320 31 114 0 ベストナイン(一)[9]
シーズン二塁打48本のプロ野球新記録(達成当時)
5 中村紀洋 .260 32 90 1
6 [10] 礒部公一 .291 4 31 2
7 吉岡雄二 .268 13 32 1
8 的山哲也 .230 4 18 4
9[11] 水口栄二 .233 2 36 6
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
吉田剛 .240 1 11 2
安部理 .250 1 12 2
鈴木貴久 .273 5 36 4
一/三/外 村上嵩幸 .262 5 18 0
  • 主なチーム記録
    • 打率.267(リーグ3位)
    • 本塁打126本(リーグ3位)
    • 得点593(リーグ2位)
    • 盗塁80(リーグ4位タイ)

1999年[編集]

5試合連続2桁失点のワースト記録を樹立するなど投手陣崩壊のためチームは最下位であったが、ともにプロ野球史上初となるリーグ最下位チームからのベストナイン3人選出、本塁打・打点の二冠王誕生を記録した。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大村直之 .259 2 36 7
2 武藤孝司 .280 1 19 7
3 中村紀洋 .261 31 95 3 ベストナイン(三)
4 T.ローズ .301 40 101 5 本塁打王打点王ベストナイン(外)
5 DH フィル・クラーク .287 29 84 4 ベストナイン(DH)
6 礒部公一 .232 4 27 1
7 吉岡雄二 .276 13 57 12
8 的山哲也 .235 8 39 7
9 高須洋介 .225 2 33 10
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
大久保秀昭 .305 2 11 1 左の代打の切り札
吉田剛 .235 0 17 12 武藤が故障離脱時のレギュラー
鈴木貴久 .218 4 16 0
川口憲史 .235 6 12 1
  • 主なチーム記録
    • 打率.257(リーグ5位)
    • 本塁打151本(リーグ1位)
    • 得点595(リーグ3位)
    • 盗塁73(リーグ3位)

2001年[編集]

12年ぶり4度目のリーグ優勝を果たしたときの布陣。なお、3番ローズ、4番中村の「二人で合計101本塁打」はプロ野球史上初。前年には梨田監督が機動力を向上させての得点力アップを図ったが、「いろいろ動かれたのでは打ちにくい」と主力選手から不満が出たため、この年からチーム盗塁数が激減した。
打順 守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
1 大村直之 .271 16 53 5
2 水口栄二 .290 3 30 1 犠打リーグ1位
3 タフィ・ローズ .327 55 131 9 本塁打王シーズンMVPベストナイン(外)、シーズン本塁打タイ記録(当時)
4 中村紀洋 .320 46 132 3 打点王ベストナイン(三)
5 礒部公一 .320 17 95 7 ベストナイン(外)、得点圏打率リーグ1位(.417)
6 吉岡雄二 .265 26 85 2
7 DH 川口憲史 .316 21 72 0
8 ショーン・ギルバート .267 6 24 3
9 的山哲也 .177 5 25 1
控え選手
守備 選手 打席 打率 本塁打 打点 盗塁 備考
捕/一 北川博敏 .270 6 35 2 代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打を放つ
前田忠節 .182 1 8 0 ショートの守備固め要員
DH/外 鷹野史寿 .306 6 20 0 左投手が先発の際にスタメン出場
益田大介 .340 2 10 1 左の代打の切り札
  • 主なチーム記録
    • 打率.280(リーグ1位)
    • 本塁打211本(リーグ1位)
    • 得点770(リーグ1位)
    • 盗塁35(リーグ最下位)
    • チーム防御率リーグ最下位での優勝は史上初。なお、チーム防御率4.98は優勝チームのワースト記録。

脚注[編集]

  1. ^ 『B.B.MOOK 169 スポーツ伝説シリーズ20 ホームランを知り尽くす 時代を超えてファンを魅了する"野球の華" --そのすべてを一冊まるごと徹底研究』ベースボール・マガジン社、2001年5月10日。雑誌コード:ISBN 4583611307。「1979年、80年近鉄バファローズ「いてまえ打線」」
  2. ^ 『感動の軌跡 大阪近鉄バファローズ創立50周年記念誌』編集・発行:大阪近鉄バファローズ 。
  3. ^ 2003年に福岡ダイエーホークスが.297のプロ野球新記録を樹立し、更新。
  4. ^ 2004年に読売ジャイアンツが259本(140試合制)のプロ野球新記録を樹立。このときチームで最も多い45本塁打を打ち、最多本塁打を獲得したのはタフィ・ローズ。
  5. ^ 2003年に福岡ダイエーホークスが822得点を記録し、更新した。ただしこちらは140試合制での達成で、試合数あたりで見ると依然パ・リーグ記録である。
  6. ^ 1992年、新井はセンターとしての起用が最も多かったが、村上が先発出場の際はライト。リードはレフトでの起用のみ。この年、近鉄の外野手の規定打席到達者は村上のみ。
  7. ^ 最多安打がタイトルとなったのは1994年からであり、当時はタイトルではなかった。
  8. ^ 1997年は一番打者としての起用は大村57試合、武藤51試合で大村が最も多いが、大村はレギュラー定着したのが5月下旬からで、武藤はシーズン通して一軍に定着し、規定打席にも到達している。
  9. ^ 1998年のベストナインは一塁手としての獲得だが、実態としてはDHのスタメン出場が過半数を超えている。
  10. ^ 1998年、礒部は外野手と捕手との併用。
  11. ^ 1998年は武藤と水口で2番、9番をほぼ半分ずつスタメン出場。