大久保秀昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大久保 秀昭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県愛甲郡清川村
生年月日 1969年7月3日(45歳)
身長
体重
176 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手外野手
プロ入り 1996年 ドラフト6位
初出場 1998年5月19日
最終出場 2000年8月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
五輪 1996年
オリンピック
男子 野球
1996 野球

大久保 秀昭(おおくぼ ひであき、1969年7月3日 - )は、神奈川県愛甲郡清川村[1]出身の元プロ野球選手外野手)。社会人野球JX-ENEOS野球部で監督を務める。

経歴[編集]

桐蔭学園高から慶應義塾大学に進学。1991年東京六大学では主将として中軸を打ち、春秋の連覇に貢献。リーグ通算100試合出場し350打数94安打、打率.269、5本塁打、50打点[1]

1992年日本石油に入社。持ち前の強打と巧みなリードで1年目からレギュラーを獲得。都市対抗野球大会史上初の代打満塁本塁打も打っている[1]。在籍5年間で社会人ベストナインを4度受賞する名選手となった。高校から社会人までの間、後に横浜ベイスターズに1位指名される小桧山雅仁とバッテリーを組む[1]1995年には翌年行なわれるアトランタオリンピック出場を希望し、ドラフト指名凍結選手となり、希望通り日本代表入り。川村丈夫(元横浜)、杉浦正則(現日本生命監督)らとバッテリーを組み、銀メダル獲得に貢献[1]

1996年のドラフトで、近鉄の6位指名を受け入団[1]。既に27歳でプロ入りを危惧する声もあったが、大久保はプロ入りを決断。プロ入りしてすぐに右肩痛に悩まされ、一度も捕手として守ることなく、一軍出場は外野手としてのみ。途中から選手登録も外野手に変更された。1999年には代打の切り札として活躍するが、翌2000年には成績が下降し、チームが劇的な優勝に沸く2001年に戦力外通告を受けて現役引退[1]2002年梨田昌孝監督の専属広報として活動[1]2004年からは湘南シーレックスの打撃コーチを務めた。

2005年オフ、古巣の新日本石油ENEOS(日本石油から日石三菱、新日本石油を経て改称)から監督就任の要請を受け、湘南(横浜)を退団。早速その年横浜を戦力外通告された谷口邦幸投手を獲得、また田澤純一大城基志をチームのエースに育てるなど、選手育成の手腕を発揮している。都市対抗野球大会では第79回大会2008年)、第83回大会2012年)、第84回大会2013年)と3度の優勝を果たしている(史上最多タイ)。

人物[編集]

  • 妻はタレントの大東めぐみ1998年に結婚)。
  • 夫人は野球に疎かったため、捕手としてワンバウンドの球を捕球する練習で体にいくつものアザをつくり帰宅した大久保を見て、「ひょっとしてチーム内でいじめられているのではないか」と心配したという。
  • 3歳上の兄・孝昭も桐蔭学園高の正捕手を務め、志村亮(秀昭と小桧山にとっては大学でも先輩となる)とバッテリーを組み第66回全国高等学校野球選手権大会に出場している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 近鉄 22 34 29 7 4 0 1 0 6 1 1 0 1 0 2 0 2 3 1 .138 .242 .207 .449
1999 56 68 59 5 18 2 0 2 26 10 1 0 0 0 7 0 2 10 2 .305 .397 .441 .838
2000 5 7 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .000 .000 .000 .000
通算:3年 83 109 95 12 22 2 1 2 32 11 2 0 1 0 9 0 4 16 4 .232 .324 .337 .661

記録[編集]

背番号[編集]

  • 36 (1997年 - 2001年)
  • 80 (2004年 - 2005年)
  • 52 (2006年 - )

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、99ページ

外部リンク[編集]