高橋恭市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 恭市
たかはし きょういち
生年月日 (1969-11-13) 1969年11月13日(51歳)
出生地 千葉県富津町(現・富津市金谷)
出身校 帝京大学法学部法律学科
前職 富津市副市長
所属政党 無所属

当選回数 2回
在任期間 2016年10月6日 - 現職
テンプレートを表示

高橋 恭市(たかはし きょういち、1969年11月13日 - )は、日本政治家千葉県富津市長(2期)。

来歴[編集]

千葉県富津町(現・富津市金谷)に生まれる。富津市立金谷小学校、富津市立天羽中学校、千葉県立安房高等学校帝京大学法学部法律学科卒業[1]

衆議院議員浜田靖一政策秘書を務めたのち、2013年(平成25年)に富津市副市長に就任した[2]。2016年(平成28年)3月、副市長を退任[3]

2016年(平成28年)10月2日に行われた富津市長選挙に自由民主党公明党の推薦を得て出馬。2014年夏に市の財政悪化が表面化した際、執行部の一人だったことから「批判はあると思う」と述べた上での立候補だった[3]。2012年の市長選に続き2度目の出馬の公認会計士の地引直輝を破り初当選した。10月6日、市長就任[4]。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:40,061人 最終投票率:59.50%(前回比:+2.49pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
高橋恭市47無所属12,124票51.26%(推薦)自民党公明党
地引直輝36無所属11,530票48.74%

2020年9月、無投票で再選[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]