金坂昌典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金坂 昌典
かねさか まさのり
生年月日 (1968-07-04) 1968年7月4日(51歳)
出生地 千葉県山武郡大網白里町北今泉
出身校 千葉県立白里高等学校
所属政党 無所属

Flag of Oamashirasato Chiba.JPG 大網白里市長
当選回数 3回
在任期間 2013年1月1日 - 現職

大網白里町長
当選回数 1回
在任期間 2011年1月17日 - 2012年12月31日
テンプレートを表示

金坂 昌典(かねさか まさのり、1968年7月4日 - )は、日本政治家。保険代理店役員から2010年の大網白里町長選挙に無所属で出馬し当選[1]。任期中に大網白里町が大網白里市に市制施行したため、そのまま初代大網白里市長となる。

略歴[編集]

千葉県山武郡大網白里町北今泉に産まれる。

千葉県立白里高等学校(現千葉県立大網高等学校)を卒業。

2010年12月19日、前町長の任期満了、引退に伴う町長選挙で3人の元町議を破り初当選を果たした[1]。2011年1月17日、町長に就任。

大網白里町は2003年に市制準備班を設置し市制施行を検討していたが、2005年国勢調査で人口要件を満たしていなかったため、いったん取り止めとなっていた経緯があった。金坂は町長当選後の2011年1月31日開催の臨時町議会にける所信表明で「2010年の国勢調査の結果によっては、市制施行を視野に入れる」と発言した。2011年2月に発表された国勢調査速報値では、大網白里町の人口は50,122人となり、市制施行の要件となる5万人を突破していた。これを受け、町民の合意形成を図るための新年度予算計上、市制準備室を設置など行う。2012年6月14日の町議会で市制へ移行する議案が賛成多数で可決され、同年7月12日は金坂が千葉県知事に「大網白里町を大網白里市とすることについて」の申請書を提出。同年10月16日には千葉県議会本会議で可決され、2013年1月1日に単独市制施行となった[2]

2014年12月、元市議の黒須俊隆を破り再選[3]2018年12月には無投票で3選を果たした[4]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 大網白里町長に金坂氏 4新人の激戦を制す”. 千葉日報 (2010年12月20日). 2014年12月2日閲覧。
  2. ^ 市区町村変遷情報 大網白里市”. 2014年12月2日閲覧。
  3. ^ 【速報】大網白里市長選、金坂氏が再選”. 千葉日報 (2014年12月21日). 2018年4月19日閲覧。
  4. ^ 大網白里市長選、金坂氏3選 旧町含め40年ぶり無投票”. 千葉日報 (2018年12月17日). 2019年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
-
Flag of Oamashirasato Chiba.JPG 大網白里市長
初代:2013 -
次代:
(現職)
公職
先代:
堀内慶三
大網白里町長
2010 - 2012
次代:
-
(市制施行)