頼高英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
本来の表記は「賴髙英雄」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
日本の旗 日本の政治家
賴髙 英雄
よりたか ひでお
生年月日 (1963-10-10) 1963年10月10日(53歳)
出生地 埼玉県蕨市
出身校 埼玉大学教養学部
所属政党 日本共産党
称号 教養学士
親族 父・賴髙久雄(蕨市議会議員)
公式サイト 蕨市長 頼高英雄の活動日誌

Flag of Warabi, Saitama.svg 第6代 蕨市長
当選回数 3回
在任期間 2007年6月6日 -

当選回数 3回
在任期間 1991年6月 - 2003年6月
テンプレートを表示

賴髙 英雄(よりたか ひでお、1963年10月10日 - )は、日本政治家埼玉県蕨市長(2期)。元蕨市議会議員(3期)。

来歴[編集]

埼玉県蕨市出身。埼玉県立浦和西高等学校埼玉大学教養学部卒業。1991年蕨市議会議員選挙に日本共産党公認で出馬し、初当選を果たした。

1999年2003年に蕨市長選挙に出馬するが、いずれの選挙でも現職の田中啓一市長に敗れ、落選した。

2007年、日本共産党の党籍を残したまま無所属で蕨市長選挙に出馬し、田中前市長の後継候補である庄野拓也自民党公明党推薦)を破り当選した[1]

2011年に前市議の三輪一栄(自民党・公明党推薦)を下し再選[2]

2015年は自民党が候補者擁立を見送り、無投票3選。

蕨市長として[編集]

  • 蕨市議時代は日本共産党公認で当選し、日本共産党会派に所属していたが、市長選出馬に際しては党籍を残したまま、市民団体「フレッシュみんなの会」が支援する形式を取って無所属で出馬した。
  • 初登庁後の会見において、蕨駅西口の再開発をめぐっては「現実的に再開発がここまで進んでいるので、進めざるをえないかも知れない。それによって第2・第3工区も違ってくる」と述べ、見直しの方向性に含みを持たせた。なお選挙戦では、第1工区についても「計画の大幅な見直しや中止」を公約に掲げていたが、2007年9月に市議会で「計画の大幅な見直しや中止は断念せざるを得ない」と表明し、選挙公約を事実上撤回した。

人物[編集]

  • 父・頼高久雄は蕨市議会議員を7期務めた。
  • 蕨市長選の告示前、「頼高英雄」の名前が入ったたすきや幟を使用して運動を行っており、公職選挙法違反(事前運動)の疑いが指摘されたため、当選後謝罪を行っている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]


先代:
田中啓一
埼玉県蕨市長
2007年 -
次代:
(現職)