岡田徳輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岡田 徳輔(おかだ とくすけ、1886年-1971年)は、日本政治家実業家埼玉県蕨市長

埼玉県蕨町の第5代目の蕨町長、のち町会議員、県町村議長会会長、全国町村議長会会長、自治大学校運営審議会委員、地方制度審議会委員、町村合併促進審議会委員、自治庁参与をつとめたのち第二代蕨市長に就任した。ほか実業界でも秩父セメント連合会関東支部長、セメント共版会社常務取締役社長、埼北自動車取締役社長など歴任した。

経歴[編集]

  • 1886年 岡田健次郎(第二代目蕨町長1906年 - 1940年在任)の長男として蕨に生まれる。
  • 1909年 顕神学校(現:北小学校)、旧制浦和中学(現:埼玉県立浦和高等学校)を経て東京高等商業学校(現:一橋大学)卒。
  • 1946年 蕨町長に就任し1947年4月まで在任。
  • 1959年 蕨市長に就任し、1963年6月まで在任。
  • 1966年 勲四等瑞宝章紺綬褒章受章。
  • 1968年5月 蕨市名誉市民
  • 1971年8月23日 死去


先代:
高橋庄次郎
蕨市長
1959年 -1963年
次代:
広田達雄