明大寺本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 愛知県 > 岡崎市 > 本庁地区 > 明大寺本町
明大寺本町
明大寺本町交差点
明大寺本町交差点
明大寺本町の位置(愛知県内)
明大寺本町
明大寺本町
明大寺本町の位置
北緯34度57分12.27秒 東経137度9分52.5秒 / 北緯34.9534083度 東経137.164583度 / 34.9534083; 137.164583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Okazaki, Aichi.svg 岡崎市
地区 本庁地区
町名制定[1] 1957年(昭和32年)11月15日
面積
 • 合計 0.124074939km2
人口
2019年令和元年)5月1日現在)[3]
 • 合計 490人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-0860[4]
市外局番 0564(岡崎MA[5]
ナンバープレート 岡崎

明大寺本町(みょうだいじほんまち)は、愛知県岡崎市町名である。現行行政地名は明大寺本町1丁目から明大寺本町4丁目。

地理[編集]

岡崎市のやや南西に位置する。主に住宅地を形成している。小字は置かれていない。

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)5月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[3]

町丁 世帯数 人口
明大寺本町 270世帯 490人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 506人 [6]
2000年(平成12年) 443人 [7]
2005年(平成17年) 541人 [8]
2010年(平成22年) 393人 [9]
2015年(平成27年) 505人 [10]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
明大寺本町1丁目 3~11番地
25~34番地
40番地
岡崎市立三島小学校 岡崎市立竜海中学校
1番地
12~24番地
岡崎市立六名小学校
明大寺本町2丁目 22~33番地
その他 岡崎市立三島小学校
明大寺本町3丁目 全域
明大寺本町4丁目 全域

歴史[編集]

みょうだいじむら
明大寺村
廃止日 1889年10月1日
廃止理由 新設合併
上六名村下六名村久後崎村
明大寺村、福島新田 → 三島村
現在の自治体 岡崎市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
額田郡
明大寺村役場
所在地 愛知県額田郡明大寺村
座標
 表示 ウィキプロジェクト
コンベンション施設の建設予定地
「太陽の城」跡地
閉館した「岡崎市教育文化館」
愛知県西三河総合庁舎(左側の建物)
明代公園
明代公園
東岡崎駅北口、みずほ銀行岡崎支店
1926年(大正15年)撮影。東岡崎駅から明代橋方面を望む。

額田郡明大寺村の一部を前身とする。

沿革[編集]

太陽の城跡地の再開発[編集]

1979年(昭和54年)、明大寺本町1丁目の殿橋のたもとに青少年センターと児童センターの複合施設である「太陽の城」がオープンした。また、2003年(平成15年)2月に市は、太陽の城と同じブロックの南東角にある旧岡崎税務署施設の改修工事に着手。同年7月8日から「岡崎市教育文化館」として供用開始した。教育文化館の総事業費は土地建物購入費を含め、6億1,970万円であった[12]

2010年(平成22年)、市は、上地3丁目にある「アイプラザ」を愛知県から無償で譲り受け[13]、2011年(平成23年)8月2日、「岡崎市総合学習センター」の名称で再整備した。これに伴い、同年の9議会定例会で教育文化館と太陽の城の廃止が決まった。

太陽の城は2012年(平成24年)3月31日に閉館し、やがて取り壊された。市は太陽の城と教育文化館を合わせた計8,790平方メートルの市有地を民間に売却し、会議室などを含むホテルを誘致しようとした[14]。しかし民間業者がいったんは名乗り上げたものの、誘致はかなわなかった[15]

2019年(平成31年)2月18日、市はこの計8,790平方メートルの市有地に新たなコンベンション施設などを建設すると発表した。隣接地には民間ホテルを再び誘致する。市はホテルを除く施設整備費を43億9,300万円と試算。2020年2月下旬に事業者(優先交渉権者)を決定し、2020年度に設計や旧教育文化館などを解体、2021年度から建設工事をする予定。2023年(令和5年)4月1日の供用開始を目指す[15][16][17][18]

同年6月19日、市は(1)コンベンション施設の整備を行う「岡崎市コンベンション施設整備事業」、(2)ホテル等事業を行う「ホテル等民間収益施設事業」、(3)乙川河川緑地の利活用等を行う「乙川河川緑地管理運営事業」の3つの事業を合わせた「岡崎市QURUWAプロジェクト(コンベンション施設整備事業等)」の実施方針を発表した[18][19]

施設[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 新編岡崎市史編さん委員会 1993, p. 643.
  2. ^ 愛知県岡崎市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 支所・町別人口・世帯集計表(各月1日現在) Page white excel.png (XLS)” (日本語). 岡崎市(統計ポータルサイト) (2019年5月1日). 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年5月19日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 岡崎市立小中学校通学区域”. 岡崎市 (2018年6月9日). 2019年5月19日閲覧。
  12. ^ 東海愛知新聞』2003年6月26日、1面、「『教育文化館』が完成 来月8日から供用 旧岡崎税務署施設を改修」。
  13. ^ “旧県勤労福祉会館を改修 岡崎市総合学習センター完成 教育研究所や図書室”. 東海愛知新聞. (2011年7月26日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/110726.html 2017年9月16日閲覧。 
  14. ^ 岡崎市議会 議事録 平成24年6月定例会 - 06月04日 - 09号。
  15. ^ a b 細谷真里「『太陽の城』跡地にコンベンション施設 岡崎市中心部再開発 官民連携し整備へ」 『中日新聞』2019年2月19日付朝刊、西三河版、13面。
  16. ^ 横田沙貴 (2019年5月8日). “会議・宿泊施設整備へ 岡崎市がQURUWAプロジェクト基本計画を策定”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190508.php 2019年5月17日閲覧。 
  17. ^ 岡崎市QURUWAプロジェクト コンベンション施設整備基本計画(案)【概要版】 (PDF)”. 岡崎市役所 (2019年2月18日). 2019年2月19日閲覧。
  18. ^ a b 横田沙貴 (2019年6月20日). “PFIで実施予定 QURUWAプロジェクト 太陽の城跡地の活用”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190620.php 2019年6月20日閲覧。 
  19. ^ 岡崎市QURUWAプロジェクト(コンベンション施設整備事業等)実施方針 (PDF)”. 岡崎市役所 (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。
  20. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年5月18日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]