元能見町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元能見町
能見神明宮前の車道
能見神明宮前の車道
元能見町の位置(愛知県内)
元能見町
元能見町
元能見町の位置
北緯34度57分58.77秒 東経137度9分39.95秒 / 北緯34.9663250度 東経137.1610972度 / 34.9663250; 137.1610972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Okazaki, Aichi.svg 岡崎市
地区 本庁地区
面積
 • 合計 0.127214626km2
人口
2019年令和元年)5月1日現在)[2]
 • 合計 1,209人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
444-0063[3]
市外局番 0564(岡崎MA[4]
ナンバープレート 岡崎

元能見町(もとのみちょう)は、愛知県岡崎市町名である。丁番を持たない単独町名である。

地理[編集]

岡崎市のやや西部に位置する。岡崎市の中心街にほど近く、主に住宅地を形成している。

河川[編集]

世帯数と人口[編集]

2019年(令和元年)5月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
元能見町 533世帯 1,209人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

1995年(平成7年) 1,455人 [5]
2000年(平成12年) 1,347人 [6]
2005年(平成17年) 1,317人 [7]
2010年(平成22年) 1,269人 [8]
2015年(平成27年) 1,221人 [9]

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

番・番地等 小学校 中学校
全域 岡崎市立広幡小学校 岡崎市立城北中学校

歴史[編集]

平成20年8月末豪雨の後、伊賀川では堤外家屋の移転と撤去、河川の断面拡大と護岸工事などが行われた(写真右側が元能見町)[11]
能見神明宮
平八稲荷神社

額田郡能見村の一部を前身とする。

江戸時代は岡崎藩領であった。明治期に入り, 1889年周辺の井田村、伊賀村、日名村と合併して広幡村大字能見となった。広幡村は1895年町制施行して広幡町

1914年に岡崎町へ編入され、岡崎町大字能見となる. 1916年から市制施行により岡崎市元能見町となった。

施設[編集]

交通[編集]

道路

その他[編集]

日本郵便[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県岡崎市の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2019年5月19日閲覧。
  2. ^ a b 支所・町別人口・世帯集計表(各月1日現在) Page white excel.png (XLS)” (日本語). 岡崎市(統計ポータルサイト) (2019年5月1日). 2019年5月19日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年5月19日閲覧。
  5. ^ 総務省統計局 (2014年3月28日). “平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  6. ^ 総務省統計局 (2014年5月30日). “平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  7. ^ 総務省統計局 (2014年6月27日). “平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  8. ^ 総務省統計局 (2012年1月20日). “平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 総務省統計局 (2017年1月27日). “平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 2019年3月23日閲覧。
  10. ^ 岡崎市立小中学校通学区域”. 岡崎市 (2018年6月9日). 2019年5月19日閲覧。
  11. ^ 平成20年8月末豪雨 一級河川伊賀川、鹿乗川、広田川、占部川、砂川 床上浸水対策特別緊急事業 (PDF)”. 岡崎市役所. 2019年4月14日閲覧。
  12. ^ 郵便番号簿 2018年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2019年5月18日閲覧。

参考資料[編集]

  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5
  • 『日本歴史地名体系第23巻 愛知県の地名』有限会社平凡社地方資料センター、平凡社、1981年(日本語)。ISBN 4-582-49023-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]