岡崎市立城北中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡崎市立城北中学校
岡崎市立城北中学校
国公私立 公立学校
設置者 岡崎市
設立年月日 1961年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 444-0064
愛知県岡崎市城北町3-1

北緯34度57分49.71秒 東経137度9分25.79秒 / 北緯34.9638083度 東経137.1571639度 / 34.9638083; 137.1571639座標: 北緯34度57分49.71秒 東経137度9分25.79秒 / 北緯34.9638083度 東経137.1571639度 / 34.9638083; 137.1571639
外部リンク 公式サイト(新)
公式サイト(旧)
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

岡崎市立城北中学校(おかざきしりつ じょうほくちゅうがっこう)は、愛知県岡崎市公立中学校

概要[編集]

岡崎市城北町に位置する中学校。1961年(昭和36年)4月1日、岡崎市立連尺小学校岡崎市立竜海中学校の校舎を仮校舎として開校。

調査日 生徒数 通常学級 特別支援学級
2013年4月8日[1] 547人 16 3
2019年5月1日[2] 482人 13 3

学区[編集]

小学校名 町名
連尺小学校
(全域)
板屋町魚町康生町康生通東康生通西康生通南材木町城北町、末広町、田町、中岡崎町、西魚町、八幡町、八帖町八帖北町八帖南町本町通連尺通
広幡小学校
(一部)
葵町、井田新町、井田西町、井田南町、柿田町、錦町、日名北町日名中町、日名西町、日名本町、日名南町広幡町、福寿町、松本町、元能見町

沿革[編集]

管理教育とその余波[編集]

初代校長の鈴村正弘

初代校長の鈴村正弘[5]は退任後、1972年(昭和47年)から1982年(昭和57年)にかけて岡崎市教育委員会の教育長を務めた[6]。その時代、愛知県では管理教育が猛威を振るった[注 1]。城北中学校は鈴村の舵取りの下、市内中学校のモデル校として(「チリ一つ落ちてない日本一のモデル校」と呼ばれた)生徒統制を行い、徹底した派閥人事を敷くことで教員をも支配した[8][9]。他校ではあるが、1980年(昭和55年)2月26日付の朝日新聞紙上で、岡崎市立甲山中学校の卒業生が学校に対し、常識を超えた体罰を行うY教諭をやめさせてほしいと請願書を出していたことが報道された[10]。請願が出されたのは1976年(昭和51年)8月。その年の3月に卒業した生徒たちはどこに訴えを持っていいのか分からず、やむをえず県教育委員会に提出していた。この報道内容は1980年3月の市議会定例会で問題化され、市議と鈴村の間で次のようなやりとりがなされた[10]

八田廣子議員 「昭和52年にも、それ以前にも私たちはこの議場で、先生の暴力を指摘し、その指導改善を要望してきた。一体いまに至ってもこういう事態があるというのはどういうことか。こういう教育を教育長はよいとお考えなのか」
鈴村正弘教育長 「暴力は法によって禁止をされている事項であり、よくないということは自明のことである。しかし教師、生徒双方の現在並びに将来のことを考えて、この件の詳細の事情を発表することはいかがかという見解をもっているので、申しわけないが詳細についての発表は控えさせていただきたい」 — 岡崎市議会 昭和55年3月定例会 03月12日-03号。

こう言って切り抜けた後の同年6月27日、衆院選をめぐり岡崎市長の内田喜久が公選法違反容疑で逮捕される[11]。8月17日、内田の辞職に伴う市長選挙が行われ、前県議の中根鎭夫が初当選した。鈴村は腐敗した内田市政と密着した教育行政を行っていたことから進退が注目されたが、9月30日の任期満了をもってそのまま退任する道を選んだ[12][13]。教育の現場は「これで自由な意見が出せる」と開放的な空気に包まれるが、喜びも束の間、反内田を旗印に掲げていたはずの中根が鈴村に再任を要請。11月の市議会臨時会で鈴村は三たび教育長の職に就いた[9]。中根は鈴村らの推し進める強権的指導法を是認した[14]

1981年(昭和56年)3月7日の土曜日、私立高校への進学が決まっていた城北中学校3年生の男子生徒が万引きの疑いをかけられ、学校から呼び出しを受けた。「集団指導」と称する教師達による査問を受けたのち、午後5時40分頃、校門を出た。そして5時54分、名鉄岡崎公園前駅ホームから電車に飛び込み、自殺した[15]。ちょうど教育の「岡崎化」という言葉がささやかれていた頃でもあり、毎日新聞は同年4月20日から「教育を追う」と題した記事を30回連載し、この事件を大きく取り上げた[8]

しかし当局者が市民に対して自殺の原因について何ら説明をしなかったため、名古屋オリンピック招致反対市民運動を牽引していたスポーツ社会学者影山健[16][注 2]を動かすこととなった。影山は実情の調査を促す運動が必要と考え、1982年(昭和57年)3月、「岡崎の教育を考える会」(略称:市民の会)を発足させた。

生徒に対する体罰をほしいままにした甲山中学では暴力の連鎖を生んだ。同年3月4日、3年生の男子生徒7人は生活態度を注意されたことなどを理由に、約30分近くにわたって、教師12人に殴る蹴るの暴行を加えた。警察署員約10人が学校からの通報で駆けつけると、生徒は「何だお前らは」などと署員に食ってかかり乱暴をやめなかったため、3人を現行犯で逮捕。4人を補導した[17][18]。翌3月5日、教育長の鈴村正弘は2年8か月の任期を残して辞表を提出。3月31日付で辞職した[19]。後任は城北中学校長の横井滋が就任した[12][6]

市民の会のメンバーが丸刈り強制反対を訴え続ける中、1988年(昭和63年)4月9日、市教育委員会指導部長の伊豫田壽夫が教育長に就任[13]。1990年(平成2年)12月10日、伊豫田が「丸刈り規正を見直したい」と発言したことが新聞で報道された[20]。1991年(平成3年)3月、岡崎市で「さよなら管理教育」全国集会が開かれ[21]、同年9月、岡崎市立南中学校が他校に先駆けて男子の頭髪の自由化を実施[22][23]パターナリズム的な暴力に根差した管理主義教育[24]は90年代から徐々に影を潜めていった。

交通アクセス[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 愛知県教育委員会の教育長は1969年4月から1974年7月まで自治官僚出身の仲谷義明が務めた[7]。仲谷は副知事を経て1975年、愛知県知事に初当選した。
  2. ^ 影山健はのちに愛知万博反対を掲げる市民グループの代表となり、新人同士で争われた1999年の愛知県知事選挙に立候補するも次点で落選した。

出典[編集]

  1. ^ 教育要覧(平成25年度)”. 岡崎市教育委員会. pp. 106-107 (2013年7月). 2020年7月26日閲覧。
  2. ^ 教育要覧(令和元年度)”. 岡崎市教育委員会. pp. 120-121 (2019年8月). 2020年7月26日閲覧。
  3. ^ 市政だより No.82 (PDF)”. 岡崎市役所. p. 2 (1962年1月1日). 2020年3月8日閲覧。
  4. ^ 市政だより おかざき No.1045 (PDF)”. 岡崎市役所. p. 10 (2006年4月1日). 2020年7月26日閲覧。
  5. ^ 宮川倫山編『全岡崎知名人士録』東海新聞社、1962年6月1日、64頁。
  6. ^ a b 東海愛知新聞』1982年3月25日、1面、「鈴村教育長が辞任 後任に横井城北中校長内定」。
  7. ^ 仲谷義明 『素直に生きて―仲谷義明遺文集―』 仲谷貞子、1992年8月3日、360-361頁。
  8. ^ a b 影山健・岡崎勝編 『草の根教育運動のために』国土社、1983年9月25日、275-277頁
  9. ^ a b 岡崎市議会 昭和55年11月 臨時会 11月15日-20号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月26日閲覧。
  10. ^ a b 岡崎市議会 昭和55年3月 定例会 03月12日-03号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  11. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (104) 崩落の日 県警ついに内田逮捕」 『朝日新聞』1981年4月24日付朝刊、三河版西。
  12. ^ a b 『中日新聞』1982年3月25日付朝刊、三河版、15面、「後任に横井氏選任 岡崎市の教育長 あす市議会で同意を求める」。
  13. ^ a b 教育要覧(令和元年度)”. 岡崎市教育委員会. p. 105 (2019年8月). 2020年7月26日閲覧。
  14. ^ 岡崎市議会 昭和57年3月 定例会 03月09日-03号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  15. ^ 『中日新聞』1981年3月8日付朝刊、11版、23面、「生活指導され帰宅途中 中3飛び込み自殺 岡崎で名鉄へ」。
  16. ^ 『中日新聞』1998年9月27日付朝刊、1面、「愛知知事選 影山(愛教大名誉教授)立候補へ 万博反対派 共産党と連携も」。
  17. ^ 『中日新聞』1982年3月5日付朝刊、11版、23面、「〝巣立ち〟間近 集団暴力 岡崎の甲山中 教師12人、殴るける 3人逮捕し4人を補導」。
  18. ^ 岡崎市議会 昭和57年6月 定例会 06月17日-08号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  19. ^ 岡崎市議会 昭和57年3月 定例会 03月26日-05号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  20. ^ 『中日新聞』1990年12月10日付朝刊、26面、「頭髪岡崎も自由化へ 教育長が見直し表明 17中学校来春にも」。
  21. ^ 『中日新聞』1991年5月2日付朝刊、東海総合面、19面、「トーク東海 『さよなら管理教育』全国集会の代表 影山健さん 先生自身がんじがらめ 依頼心強い親にも問題」。
  22. ^ 岡崎市議会 平成3年9月 定例会 09月05日-20号”. 岡崎市会議録検索システム. 2020年7月23日閲覧。
  23. ^ 岩下理花「教育リポート91/ 頭髪自由化 岡崎市でトップ切った南中学校 先生はまだ不安も 生徒に育つ自負と責任感」 『中日新聞』1991年10月7日付朝刊、東海総合面、13面。
  24. ^ 日本スポーツ社会学会会報 Vol.67
  25. ^ 新・城北ニュース 12月15日(金) 第351号”. 岡崎市立城北中学校. 2020年2月24日閲覧。
  26. ^ 中日新聞』2013年8月5日付朝刊、三河版、14面、「こころは三河 私の古里 落語家 三遊亭愛楽さん」。
  27. ^ ご報告 母校「城北中学校創立50周年」講演会”. 神野三枝オフィシャルウェブサイト (2011年6月4日). 2017年10月19日閲覧。
  28. ^ 森崎まみ (2015年8月31日). “中日新聞(^o^)”. オフィシャルブログ「愛してCREAMY」. CyberAgent. 2017年10月19日閲覧。
  29. ^ “こころは三河 私の古里「グラビアタレント・森崎まみさん」”. 中日新聞三河版 (中日新聞社): p. 14. (2015年8月31日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]