国民の声 (2017-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の旗 日本参議院会派
国民の声
成立年月日 2017年10月30日
解散年月日 2018年10月22日
テンプレートを表示

国民の声(こくみんのこえ)は、かつて存在した参議院会派民進党を離脱し政党無所属となっていた藤末健三平山佐知子の2名が2017年10月30日に結成した。

2018年10月22日に解散し、現在は藤末が所属する自由民主党の会派「自由民主党・国民の声」にその名称を残している。

会史[編集]

2017年10月22日執行の第48回衆議院議員総選挙において民進党は、希望の党合流グループ、立憲民主党結党グループ、無所属出馬グループの3派に分裂。衆議院選挙時点では、民進党参議院議員からは希望の党への合流議員はおらず、立憲民主党には福山哲郎のみが参加した。更に選挙後の27日開催の民進党両院議員総会にて、民進党全体での希望の党への合流が撤回され党存続が決定し、参議院民進党を中心として再出発することとなった。

11月1日召集の特別国会を前に、10月26日、衆議院選挙で当選した民進党籍議員は13名で新衆議院会派「無所属の会」を結成。

一方、参議院民進党(会派は「民進党・新緑風会」)では福山以外で希望の党、立憲民主党参加の動きはなかったものの、選挙前に民進党をそれぞれ除籍、離党となっていた藤末健三[注 1]平山佐知子[注 2]の2人が新会派を結成することとなり、10月30日、参議院事務局に会派名「国民の声」、代表者・藤末として会派届を提出した[注 3]。藤末は「反対、対立だけの国会審議ではなく、広く国民の願いや思いを聞き国会で実現したい」と、平山は「政党政治からいったん離れ、1人の参院議員として原点に戻りたい」と語った。

2018年1月22日に召集された通常国会会期中の5月7日には、民進党と希望の党が合流し国民民主党が発足するなど大きな野党再編があったが、国民の声は2人会派のまま閉会まで存続した。

しかし10月24日召集の臨時国会を前に、22日、国民の声が解散。同時に、自由民主党会派に藤末が入会し、会派名を「自由民主党・こころ[注 4]から「自由民主党・国民の声」へ変更した。これにより藤末は事実上与党入りし、平山は会派も無所属となった[1][2]

所属議員[編集]

※2017年10月30日 - 2018年10月22日時点 参議院議員2名

参議院議員
2022年改選 代表
藤末健三
比例、参3

平山佐知子
静岡、参1

関連項目[編集]

  • 新緑風会 - 同様に、単独の会派としては消滅後も、会派名の一部として使用され続けている例。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 7月2日に離党届提出、8月9日付で除籍。「民進党・新緑風会」を9月25日に退会。
  2. ^ 9月28日に離党届提出、10月26日受理。「民進党・新緑風会」を10月27日に退会。
  3. ^ また同日に他の参議院会派では、希望の党が新会派「希望の党」を結成、立憲民主党唯一の参議院議員・福山哲郎は「民進党・新緑風会」を退会した。
  4. ^ 参議院議員・中野正志が唯一の国会議員となった「日本のこころ」は、後の11月1日に自由民主党へ吸収合併。

出典[編集]