原子力発電を主題にした楽曲の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

原子力発電を主題にした楽曲の一覧(げんしりょくはつでんをしゅだいにしたがっきょくのいちらん)。

原子力発電(原発)を主題にした楽曲は、単に原発について扱う、または反原発(脱原発)を直接的・間接的に扱う楽曲。

一覧[編集]

主な音楽家の楽曲[編集]

音楽家 作品 年月日 作詞 作曲 ジャンル 言語
ああるしいさくせしよんRCサクセション サマータイム・ブルース[1][2][3][4][5] 1988年 忌野清志郎 エディ・コクラン
ジェリー・ケイプハート(原曲)
ロック 日本語
ありす くうはあアリス・クーパー Nuclear Infected 1980年 ハード・ロック 英語
あれあアレア Lobotomia 1974年 インストゥルメンタル プログレッシブ・ロック   —
あんちとおとアンチドート Nuclear Power? No Thanks! 1986年 ロック、ポップ 英語
いわん ふぁるすイワン・ファルス Proyek 13 1991年 ロック、ポップ インドネシア語
おいほろいオイ・ポロイ No Filthy Nuclear Power 1987年 ハードコア 英語
おどってばかりのくに踊ってばかりの国 セシウム 2012年 下津光史 下津光史 ロック 日本語
かとう ときこ あ加藤登紀子 チェルノブイリ 1997年 加藤登紀子 加藤登紀子 歌謡曲 日本語
かとう ときこ い加藤登紀子 原発ジプシー(闇の中で) 1997年 加藤登紀子 加藤登紀子 歌謡曲 日本語
きる すこつと へろんギル・スコット=ヘロン We Almost Lost Detroit 1979年 ジャズ、ソウル 英語
くらふとわあくクラフトワーク ニュース 1975年 ヒュッター
シュナイダー
ヒュッター、
シュナイダー
電子音楽 英語
こまちCOMA-CHI Say "No" ![6][7] 2011年4月24日 COMA-CHI COMA-CHI ヒップホップ 日本語
さ たいまあすザ・タイマーズ 原発賛成音頭 1988年-1989年 ゼリー ゼリー ロック 日本語
さ ふるうはあつTHE BLUE HEARTS チェルノブイリ[5][8] 1988年7月1日 真島昌利 真島昌利 ロック 日本語
さいとう かすよし あ 斉藤和義 青い光 2000年3月23日 斉藤和義 斉藤和義 ロック、ポップ 日本語
さいとう かすよし い 斉藤和義 ずっとウソだった[1] 2011年4月8日[9] 斉藤和義 斉藤和義 ロック、ポップ 日本語
さの もとはる佐野元春 警告どおり計画どおり 1988年8月18日 佐野元春 佐野元春 ロック、ポップ 日本語
さわた けんし沢田研二 F.A.P.P[10] 2012年3月11日 沢田研二 柴山和彦 ロック、ポップ 日本語
しよん ほおるジョン・ホール Power 1979年 ロック 英語
すきそうSUGIZO NO MORE NUKES PLAY THE GUITAR[11][12] 2011年4月13日 インストゥルメンタル SUGIZO ロック、ポップ   —
すていんくあんとされていおあくたあすスティング&ザ・レディオアクターズ Nuclear Waste[13] 1977年 ロック、ポップ 英語
てらお さほ寺尾紗穂 私は知らない 2012年 寺尾紗穂 寺尾紗穂 ポップ 日本語
とらこんあつしゆDragon Ash チェルノブイリに悲しい雨が降る 1997年 降谷建志 降谷建志 ミクスチャー・ロック 日本語
とりおさきやつふすトリオ ザ キャップス かえせ!地球を 2011 2011年 ヒップホップ 日本語
はあすこんとろおるBirth Control Nuclear Reactor 1982年 ロック、ポップ 英語
さ はろおわあくすTHE HELLO WORKS MURDER MUZIK 2011年 M.KOSHIMA  Y.MATSUMOTO  S.MATSUMOTO  ROBO-CHU THE HELLO WORKS ヒップホップ 日本語
ふらつと すうえつと あんと ていああすブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ Nuclear Blues 1980年 フュージョン、ブルース 英語
ふるうす すふりんくすていいんブルース・スプリングスティーン Roulette 1979年 ロック、ポップ 英語
まんしらいん卍LINE 日本のうた[14][15][16] 2011年4月14日 レゲエ 日本語

インディーズ等の音楽家の楽曲[編集]

音楽家 作品 年月日 作詞 作曲 ジャンル 言語
あんにや らいとアンニャ・ライト No more GENPATSU[17] 2011年4月 ロック、ポップ 英語
いいしいていい あECD PICO CURIE[18] 1987年 ヒップホップ 日本語
いいしいていい いECD 反原発REMIX[5][18][19] 2011年4月18日 ヒップホップ 日本語
いたや のふひこ板谷信彦 原発はいらねぇ 2011年4月頃 フォーク、ポップ 日本語
うちた ほふ あ内田ボブ おおチェルノブイリ[20] 1988年 内田ボブ 内田ボブ フォーク 日本語
うちた ほふ い内田ボブ 原発葬送歌[21] 1980年代末頃 内田ボブ 内田ボブ フォーク、レゲエ 日本語
かりたろうせき苅田狼藉 恋の原発事故[22] 2007年 抱いとく アマノアキ棒 同人音楽 日本語
こころ かなるココロ&カナル LOVE!LOVE!ハイロ! 2012年 ポップ 日本語
さ さんよんすザ・サンヨンズ 東京原発[23] 2002年12月4日 ロック、ポップ 日本語
さ のへんはあすTHE NOVEMBERS chernobyl[24] 2008年 小林祐介 THE NOVEMBERS オルタナティヴ・ロック 日本語
しえしいまあふいいいんさうつすJessie Murphy in the Woods[25] Song for Fukushima[26] 2011年3月 フォーク、ポップ 英語
ししと かすよし宍戸一賀 虚しいよ[27] 2011年4月 ブルース 日本語
ステルスマンステルスマン 原子力 2011年6月24日 ステルスマン ステルスマン パレード・パンク 日本語
せいふくこうしよういいんかい制服向上委員会 ダッ!ダッ!脱・原発の歌[28][29][30] 2011年6月 ポップ 日本語
そおそおSo-So 空が落ちてくる![31] 1989年7月 ロック、ポップ 日本語
はく ほお朴保(パク・ポー) もんじゅ[32] 1995年末-1996年頃 朴保 朴保 フォーク 日本語
はしもとみか せいふくこうしよういいんかい橋本美香&制服向上委員会 原発さえなければ[30] 2011年6月 ポップ 日本語
ひめの ようそう姫野洋三 若狭の海[33] 1994年 姫野洋三 姫野洋三 演歌、歌謡曲 日本語
まさあえれくとりつくかんはにいマザー・エレクトリック・カンパニー 原発ロックン・ロール[34] 1989年4月21日 ロック、ポップ 日本語
みなみ まさと南正人 On the Road 1991年夏 フォーク 日本語
やふうすヤプーズ 去る四月の二十六日[35] 1988年 戸川純 中原信雄 ニュー・ウェイヴ、テクノ 日本語
ふたは そういち双葉双一 R離棟からの手紙[36] 2012年12月12日 双葉双一 双葉双一 フォーク、現代詩 日本語

関連楽曲[編集]

原子力発電をテーマにした楽曲を作っている音楽家は、広範囲に原子力核エネルギーの楽曲を作っている場合があり、例えば忌野清志郎は「SHELTER OF LOVE - ツル・ツル」(RCサクセション)、「ラブ・ミー・テンダー」(RCサクセション)、「LONG TIME AGO」(ザ・タイマーズ)、「メルト・ダウン」(忌野清志郎&2・3'S)など、オイ・ポロイは「Nuclear Waste」、ギル・スコット=ヘロンは「Shut 'Um Down」、THE BLUE HEARTSは「旅人」である。

原発の楽曲はないが原子力・核エネルギーの楽曲があるのは例えばL'Arc〜en〜Cielで彼らの「snow drop」におけるプロモーション・ビデオX JAPANhideで彼の「A STORY」、この2つの楽曲は核戦争後の世界を描く。デュラン・デュランウラニウムの歌「Playing with Uranium」がある。

浜田省吾は核兵器を背景にしたジャケットのアルバム「PROMISED LAND 〜約束の地」を発表し、アルバム中で特に「僕と彼女と週末に」は浜田自身、印象的な曲と位置付け[37]、「語り部分」を含めて核を示唆する。尾崎豊は「核(CORE)」で反核の意義を問い、「COOKIE」で公害など社会の歪みを歌う。井上陽水は「最後のニュース」で問題提起の1つに原子力を挙げる。ザ・クラッシュの「ロンドン・コーリング」は1979年3月28日スリーマイル原発事故が意識された歌詞である。原子力・核エネルギーの楽曲は反戦歌に区分されるものもある。

坂本龍一主催のSTOP ROKKASHOプロジェクトでは、坂本龍一、Shing02クリスチャン・フェネス他多数の参加アーティスト青森県六ヶ所再処理工場の放射性物質による汚染に関した音楽作品を提供している[38]

クラシック作品では原子力潜水艦クルスク沈没事故犠牲者の追悼曲であるデニス・エバーハード作曲のピアノ協奏曲白鳥の影」(Shadow of the Swan)がある[39][40]

脚注[編集]

  1. ^ a b “原発安全、ウソだったんだぜ 反原発曲、ネットで話題に”. 朝日新聞. (2011年4月27日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104270182.html 
  2. ^ “忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日本武道館 Love&Peace @ 日本武道館”. ロッキング・オン. (2011年5月2日). https://rockinon.com/live/detail/50803 
  3. ^ “清志郎さん3回忌武道館ライブで1万2000人大合唱”. オリコン. (2011年5月3日). http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/87332/full/ 
  4. ^ “清志郎ゆかりのアーティストが武道館でR&Rショー6時間”. ナタリー. (2011年5月4日). http://natalie.mu/music/news/48919 
  5. ^ a b c “清志郎ライブは反原発一色!? 今問われるのはメディアと自分”. 楽天Woman. (2011年5月7日). http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=menscyzo_07May2011_7048 
  6. ^ “COMA-CHI、自由な創作求めメジャーレーベルからフリーに”. ナタリー. (2011年4月27日). http://natalie.mu/music/news/48636 
  7. ^ Coma-Chi - Say "NO" ! (prod. by Chris Mako) - Chris Mako Music公式YouTubeチャンネル
  8. ^ “2010 ザ・ブルーハーツ ベスト・アルバム『オール・タイム・シングルス』全曲解説&映像大特集!”. ロッキング・オン.(2010年2月8日)
  9. ^ 前日の4月7日(日本標準時)には非正規の経路でYouTubeアップロードされた。4月8日は斉藤の音楽番組「斉藤和義 on USTREAM 『空に星が綺麗』」で公表。
  10. ^ 3月8日の雲〜カガヤケイノチ - 沢田研二公式サイト
  11. ^ “SUGIZO原発反対を訴える「NO MORE NUKES」発表”. ナタリー. (2011年4月10日). http://natalie.mu/music/news/47616 
  12. ^ SUGIZO OFFICIAL WEBSITE. News: Release. “4月13日 SUGIZOニューシングル配信決定!! 11.03.28”.
  13. ^ Nuclear Waste - オールミュージック
  14. ^ “窪塚洋介 a.k.a 卍LINEが復興応援&政府批判ソング無料配信”. ナタリー. (2011年4月15日). http://natalie.mu/music/news/47941 
  15. ^ 2011-04-21 『日本のうた』 卍LINE/AKIOBEATS - AKIO BEATS公式サイト(YouTube)
  16. ^ 卍DIARY » Blog Archive » 『日本のうた』 リリック 4月 16th, 2011 - 卍LINE公式サイト(歌詞)
  17. ^ 2011-05-06 No more GENPATSU〜脱原発ソング@カフェスロー - アンニャ・ライト公式ブログ
  18. ^ a b “ノーモア原子力発電所! ECDが反原発ソングYouTubeで公開”. ナタリー. (2011年4月18日). http://natalie.mu/music/news/48073 
  19. ^ Recording Report 反原発REMIX ECD - ECD(ISHIDA2001)公式YouTubeチャンネル
  20. ^ おおチェルノブイリ - 内田ボブ公式サイト(YouTubeと歌詞)
  21. ^ 内田ボブ「いのちの道の上」 - アマナクニ公式サイト
  22. ^ 恋の原発事故 - 苅田狼藉公式サイト(歌詞)
  23. ^ History & Profile - ザ・サンヨンズ公式サイト
  24. ^ 1st full album 「picnic」 - THE NOVEMBERS公式サイト
  25. ^ We Are The Woods - Jessie Murphy in the Woods公式サイト
  26. ^ Song for Fukushima - Jessie Murphy in the Woods公式YouTubeチャンネル
  27. ^ 虚しいよ 宍戸一賀withホッピーズ - 宍戸一賀公式YouTubeチャンネル
  28. ^ ライブ体験コーナー - 制服向上委員会公式サイト
  29. ^ “制服向上委員会が反原発ソング『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』を発表”. リアルライブ. (2011年6月18日). http://npn.co.jp/article/detail/22341413/ 
  30. ^ a b リリース情報 制服向上委員会オフィシャルサイト
  31. ^ So-So 「空が落ちてくる!」 - So-So公式サイト(YouTubeと歌詞)
  32. ^ 朴保 Discography - 朴保公式サイト
  33. ^ 反原発の魂を唄う 『若狭の海』 - 姫野洋三公式サイト(RealPlayerと歌詞) Googleキャッシュ
  34. ^ マザー・エレクトリック・カンパニー / 原発ロックン・ロール [廃盤] - CDジャーナル
  35. ^ ヤプーズ / 大天使のように - テイチクエンタテインメント公式サイト
  36. ^ 双葉双一 / R離棟からの手紙 - 双葉双一公式サイト
  37. ^ PROMISED LAND〜約束の地”. SHOGO HAMADA OFFICIAL WEB SITE. 2011年5月4日閲覧。
  38. ^ HEAR”. stop rokkasho.org. STOP ROKKASHO. 2011年5月9日閲覧。
  39. ^ Background of Shadow of the Swan - Shadow of the Swan公式サイト
  40. ^ Shadow of the Swan: Concerto for piano & orchestra - オールミュージック

関連項目[編集]