仁藤夢乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

仁藤 夢乃(にとう ゆめの、1989年12月19日 - )は、日本の社会活動家一般社団法人Colabo、女子高生サポートセンターColabo代表。妹は元AKB48仁藤萌乃

略歴[編集]

東京都町田市生まれ。新宿区百人町教会の牧師阿蘇敏文と出会い農業に触れる[1][2]、高校時代に男性ホストたちと親交を深め、そのサービス内容に誠実さを感じたことが男性感に強い影響を与えている[3]。高校中退後はストーカーに遭うこともレイプされそうになることもあったという[4]。母親は仕事をしながら仁藤夢乃と妹の子育てをしてうつ病になり寝込み、突然怒り出しては手を上げるようになるなど家庭内暴力も起きた。母と顔を合わせないように夜中に帰宅し朝遅く起きるようになったほか、両親が不仲になり、高校生の時に離婚が成立した[5]

2008年4月に明治学院大学に進学。2013年3月に大学卒業、『難民高校生』を出版。2015年1月20日、第30期東京都青少年問題協議会の名簿に載る[6][7]。同年2月9日 文藝春秋2015年3月特別号の企画記事、「日本を代表する女性120人」人文・社会科学系研究者などの一人に選ばれる[8]。 同年12月28日日経ビジネス2016年1月4日号の特集記事、次代を創る100人 闇からの救世主 MESSIAHに選ばれる[9]2016年1月26日エイボン・プロダクツの2015年度エイボン女性年度賞を受賞[10]子どもの貧困対策センター設立準備会に賛同する[11]

秋葉原系文化との関わり[編集]

2014年8月、仁藤は私小説『女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち』を執筆した。前作の『難民高校生』では仁藤は渋谷を彷徨する女子高生という設定であったが、この小説では秋葉原のメイドカフェ萌芽期にスカウトされ、劣悪な環境で性的な搾取をされた少女として書かれている。ただし、秋葉原のメイドカフェの萌芽期を2005年としたり(秋葉原のメイド喫茶は2001年頃から始まっている。)、秋葉原の電気街には風俗店があり、児童買春の巣窟となっている(秋葉原(万世橋)は都内でも児童買春の検挙が極めて低い地域である[12])など、秋葉原に対する事実誤認に基づく設定が多い。登場する店や事件も架空のものであるが、秋葉原系の架空の児童を扱ったポルノ作品に対する規制強化を推進するロビイスト伊藤和子たちから注目を集めた。

2015年5月21日、仁藤は外国特派員協会で「Helping high school girls escape Tokyo's sex industry」という掲題で会見を開き、「秋葉原では夜になると2メートル間隔で女の子たちが客引きをしている。」「貧困層の少女や、見た目やコミュニケーション、知能に困難のある少女は働けず、売春宿のようなところ、より痛い、汚い、臭い、性奴隷のように働かされている。」などの発言をし、[13] ジャパンタイムズから「An activist fighting the notorious “JK” industry」と賞賛された。[14] ただし、秋葉原は2012年に「性関連禁止営業の発生を防止する必要性が高いと 認められる区域」に指定されており[15]、仁藤が証言したような児童買春が通報/検挙されたことはない。

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]