仁藤夢乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
にとう ゆめの
仁藤 夢乃
生誕 1989年12月 (28歳)
日本の旗 日本 東京都町田市
出身校 明治学院大学社会学部
職業 社会活動家
団体 一般社団法人Colabo
女子高生サポートセンターColabo

仁藤 夢乃(にとう ゆめの、1989年12月19日 - )は、日本社会活動家。一般社団法人Colabo、女子高生サポートセンターColabo代表。

略歴[編集]

東京都町田市生まれ[要出典]恵泉女学園中学校・高等学校に通う[要出典]。 両親とは不仲で、高校時代は昼夜逆転の生活を送り、月に25日は渋谷のカラオケやファーストフード店で朝まで過ごしていた[1]。母親はうつ病で寝込み、家庭内暴力もふるうことがあった[2]。高校1年生の終わりには、街でスカウトに声をかけられたのをきっかけに時給1500円のメイドカフェで働く。ストーカーに遭ったり、性暴力に遭いそうになるなどの経験をした[3]

高校2年の夏に中退し、大学入学資格検定受験のため予備校に通い4カ月後に合格する。予備校講師で新宿区百人町教会の牧師阿蘇敏文と出会い、農業に触れる。また国際協力活動のためフィリピンに行き、売春する貧困層の少女たちの存在を知る[1][4][5]

2008年4月に明治学院大学社会学部ボランティア活動などをアピールしてAO入試で進学。在学中の2011年5月に学生団体『Colabo(コラボ)』を結成(のちに社団法人化)[6]東日本大震災後は東京と宮城県石巻を往復しボランティアとして動く[7]

2013年3月に大学卒業、『難民高校生』を出版。2015年1月20日、第30期東京都青少年問題協議会委員に就任した[8][9]。同年2月9日 文藝春秋2015年3月特別号の企画記事、「日本を代表する女性120人」人文・社会科学系研究者などの一人に選ばれる[10]。同年12月28日日経ビジネス2016年1月4日号の特集記事、次代を創る100人 闇からの救世主 MESSIAHに選ばれる[11]2016年1月26日エイボン・プロダクツの2015年度エイボン女性年度賞を受賞[12]子どもの貧困対策センター設立準備会に賛同する[13]。2017年7月31日公益財団法人日本財団の社会課題解決に立ち向かう革新的人材7人としてソーシャルイノベーターに決定する[14][15][16]。2017年9月22日大韓民国中央大学校で開催されたD.S.O (Digital Sexual Crime Out)のシンポジウムで日本のJKビジネスについて講演した[17][18]

慰安婦問題の関わり[編集]

仁藤は自身の運動に「慰安婦」制度の被害者たちから影響を受けていると述べており[19]、「いまの少女たちが置かれている状況も慰安婦のそれも人種差別も、全部つながっている[20]」として慰安婦問題と女子高生の売春問題を関連付けて運動も行っている。高校生に対する講演では「日本は戦時中、兵士の士気を高め、欲求を満たし、軍隊をまとめるための国策として慰安所を作り、アジアや沖縄の女性たちを日本軍従軍慰安婦として連行し、逃げられないように囲って性奴隷にした」「たくさんの女性たちが小さな部屋に囲われ、毎日何十人もの兵士から性暴力を振るわれたこと。性病が蔓延しないために女性たちは検査され、性病にかかっていたり、慰安所から逃げようとすると殺されたり、「野犬に食べさせるぞ」と脅されたりした」などの説明をし、日本社会の伝統的な性暴力肯定の例として紹介している。[21]

2017年8月には、北原みのり尹美香らと「語り始めた被害者たち 日本軍「慰安婦」、AV出演強要、JKビジネス」のイベントを開催し[22]9月20日大韓民国ソウル特別市にある在大韓民国日本国大使館前で開催された日本軍『慰安婦』問題解決全国行動(水曜デモ)に希望のたね基金代表理事梁澄子と共に参加している[23][24]

秋葉原系文化との関わり[編集]

2014年8月、仁藤は関わってきた中高生の証言をもとに『女子高生の裏社会 「関係性の貧困」に生きる少女たち』を執筆。ポルノ作品に対する規制強化を推進する伊藤和子たちから注目を集めた[要出典]

2015年5月21日、仁藤は外国特派員協会で「Helping high school girls escape Tokyo's sex industry」という掲題で会見を開き、「秋葉原では夜になると2メートル間隔で女の子たちが客引きをしている」「貧困層の少女や、見た目やコミュニケーション、知能に困難のある少女は働けず、売春宿のようなところ、より痛い、汚い、臭い、性奴隷のように働かされている」[25]などの独自の認識の発言をし、2016年にも自身のツイッター上で秋葉原を名指しで批判した[26]。外国特派員協会での会見後、ジャパンタイムズからは「悪名高い『JK』産業と戦う活動家」と評された[27]。また、ドイツの公共放送ドイチェ・ヴェレに取材に対して「thousands of high-school girls in Tokyo alone have been lured into selling themselves for easy money. (何千人もの東京の女子高生が、自分を売ることで安易に金銭を得る誘惑にさらされている)」と述べている[28]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b あの人に迫る 仁藤夢乃「難民高校生」著者”. 中日新聞 (2017年3月31日). 2018年3月24日閲覧。
  2. ^ JKビジネスに潜む闇 普通の少女が食い物に 警鐘鳴らす仁藤夢乃さん|カナロコ|神奈川新聞ニュース
  3. ^ つながる/ひろがる/フェミ・ジャーナル -ふぇみん-|インタビュー
  4. ^ 【恩師阿蘇さんの記事】『宗教語らず農業教える牧師 模索する予備校生を支援』2007年11月13日
  5. ^ 仁藤夢乃 女子高校生サポートセンターColabo代表(3)渋谷の少女たちのために大学へ(2/3)”. 産経ニュース (2015年3月25日). 2018年3月24日閲覧。
  6. ^ 「出会いを創造にし、社会を活性化させる」――『Colabo』代表・仁藤夢乃さんの挑戦”. ガジェット通信 (2011年7月23日). 2018年4月17日閲覧。
  7. ^ 「出会いを創造にし、社会を活性化させる」――『Colabo』代表・仁藤夢乃さんの挑戦2page”. ガジェット通信 (2011年7月23日). 2018年4月17日閲覧。
  8. ^ 東京都青少年問題協議会”. 東京都. 2018年4月8日閲覧。
  9. ^ 第30期東京都青少年問題協議会委員名簿 (PDF)”. 東京都. 2018年4月8日閲覧。
  10. ^ 文藝春秋2015年3月特別号 | バックナンバー - 文藝春秋WEB共同、時事、読売、毎日、産経、東京 大手メディアと識者が選んだ日本を代表する女性120人 本誌編集部 期待される女性人材がこの国のかたちを変える リスト掲載、245ページ 概要、257ページ
  11. ^ 2015年12月28日・2016年1月4日号目次:日経ビジネスDigital
  12. ^ 2015
  13. ^ 子どもの貧困対策センター設立準備会: 賛同人一覧
  14. ^ 2017年度ソーシャルイノベーター決定!社会課題解決に立ち向かう革新的人材7人が選出。 – 日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017
  15. ^ 社会課題の解決に向けた最大3億円の支援制度 ソーシャルイノベーター7人が決定|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】
  16. ^ 【応援願】日本財団が支援するソーシャルイノベーター2017の7人に選ばれました!!|Colabo代表「難民高校生」著者・仁藤夢乃の『コラボトーク』
  17. ^ [여성의 몸, 거래STOP④]또 하나의 폭력 일본 AV산업…“위안부 책임 외면 부추겨” - 경향신문
  18. ^ 디지털 성범죄 심포지엄 <매개되는 욕망, 거래되는 몸> 한국과 일본의... - D.S.O 디지털 성범죄 아웃
  19. ^ 『思想運動』1007号 2017年9月1日号)世界に広がる「慰安婦」メモリアルデーのとりくみ「ハルモニたちが与えた励まし」[1]
  20. ^ AERA 2018.2.6「誹謗中傷から殺人予告まで…差別と闘う苦しさ 被害者が声をあげなくてもいい社会に」 担当記者 竹下郁子 [2]
  21. ^ 仁藤夢乃“ここがおかしい”第19回 援助交際を「性犯罪の抑止力」と考える若者 [3]
  22. ^ 語り始めた被害者たち 日本軍「慰安婦」、AV出演強要、JKビジネス [4]
  23. ^ 仁藤夢乃 Yumeno Nitoさんのツイート: "先週の水曜日、ソウル日本大使館の前で行われている水曜デモに参加しました。 https://t.co/izkYwlZF5h"
  24. ^ Meehyang Yoon - Meehyang Yoonさんがライブ動画を作成しました — 梁 澄子さんと一緒です。
  25. ^ Yumeno Nito: "Helping high school girls escape Tokyo's sex industry" [5]
  26. ^ https://twitter.com/colabo_yumeno/status/696226794005880832 仁藤夢乃 Yumeno Nitoさんのツイート]
  27. ^ Activist slams indifference to sexual exploitation of girls in ‘JK’ industry [6]
  28. ^ Deutsche Welle 20.07.2015 Japan's 'maid cafes' - A cover for the child sex industry [7]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]