暇空茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
暇空 茜
人物
生誕 水原 清晃(みずはら きよてる)
1982年[要出典]
大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
登録者数 17.3万人
総再生回数 1887万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年2月3日時点。
テンプレートを表示

暇空 茜(ひまそら あかね、1982[要出典] - )は、日本の男性ゲーマー[1]ゲームクリエイターYouTuberブロガー[2]。株式会社グラニ元取締役[3]。 本名は水原 清晃(みずはら きよてる)[4][5][6]。「無職一般富裕オタク」を自称している[7]

経歴[編集]

大阪府出身[8]。本人によれば東大寺学園中学校・高等学校に入学するが学業に身が入らず高校で中退し、大学入学資格検定合格後、近畿大学入学[9]

若年期はコンピュータゲームに熱中し、「Apos」という名前で『ファイナルファンタジーXI』で難関とされる「闇の王」を最初に倒し、特別ゲストとして公式の企画にも呼ばれたり[10]、「ヴァナ・ディール トリビューン」に掲載されたりしていた[11]。FF11をやる前は『ウルティマオンライン』をやっており「ウルティマオンライン ビギナーズガイド」(ローカス、2001年9月28日)他6冊の編集に関わっている[12][13][14]

2007年に近畿大学を卒業後、セガに入社する。その5年後、gloopsに転職、2012年にはgloopsにいたメンバーと共に「グラニ」を創業し、『神獄のヴァルハラゲート』を開発した。このゲームは「大ヒット」(暇空茜による表現)を記録し、グラニ社は売り上げが伸びて急成長し、グラニ社の時価総額は100億円近くにまでなった[15]

2013年1月1日に暇空はグラニの取締役に就任するが[3]、その後、グラニの社長との間で金銭問題のトラブルが発生した。それは、暇空茜がグラニの開発の主要メンバーとして引き抜かれた当初の条件が履行されなかったことである[16]。このことで、グラニの社長と暇空との間で人間関係が悪くなった。

同年、暇空はグラニの社長を相手取って9億円の損害賠償を求めて民事訴訟を起こした[17][18][19][20]。この裁判は7年ほど長くかかり、最高裁まで争った結果、相手方に6億円の賠償を命じる判決が確定した[20][21][22][7][23]

この裁判の結果について、暇空は

「これだけ高額な損害賠償請求を起こすには莫大な弁護士費用がかかります。僕は勝訴するまでは、約2000万円の借金を抱えているピンチにありましたが、途中、相手方が提案してきた3億円の和解案も蹴ったうえで、勝利を収めたのです。弁護士は『100人中100人が和解します』と青ざめていましたが、僕は納得できない理由で妥協ができない性格です。この姿勢はColabo問題でも貫いています」

と新潮社のインタビューで述べた[24]

暇空は、Cygamesにも技術者として所属していた[25]

コンピュータゲーム制作[編集]

コンピュータゲーム制作のキャリアの中で、暇空はソーシャルゲームにおけるイベント、データテーブル、ゲームシステムを設計するプランナー職といえるものを務めていた[26]

フェミニストに対する活動[編集]

暇空は、「これまでツイフェミと呼ばれる人たちが、漫画やアニメなど色々なコンテンツを燃やしてきたことをご存知の方は多いかと思います[27]」と述べ、フェミニストと対決姿勢を強めている。

暇空は、そのきっかけになった出来事として、漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』の表紙イラストを使用した献血キャンペーンポスターが「過度に性的」「環境型セクハラ」などと批判され[28][29]、一部の献血ルームでポスターが撤去される事態になった[7]ことを挙げている。このことについて、暇空は「作品を燃やすな。クリエイターが一生懸命作り出した作品に泥をかぶせ、排除しようとするのは行き過ぎだ。漫画文化の未来を閉ざそうとする攻撃を許すわけにはいかない」と主張した。そして、暇空は、ツイフェミが漫画の作品を燃やし、社会的に排除していると考え、2022年5月からYouTubeのチャンネルでこの問題を取り上げるなど、「作品潰しに動いていた人物のウソを暴くなどの調査」を始めた[7]

暇空は次に、各地の温泉地をキャラクター化した『温泉むすめ』で、一部キャラクターが「今日こそは夜這いがあるかも」などのセリフだったり「スカートめくりをしちゃう」「肉感もありセクシー」という設定だったりしたことをめぐり批判が殺到した件[30][31]で、批判のきっかけとなるツイートをした一般社団法人「Colabo」代表の仁藤夢乃をターゲットにした[7]

暇空は、「仁藤さんは、作品に対して一方的に、自分たちの倫理観によって悪と決めつけ断罪して攻撃してきた」「仁藤さんの批判によって、温泉むすめの運営会社は『スポーツ文化ツーリズムアワード2021』の表彰を辞退までさせられた。このやり方は魔女狩りのレベルだ[7]」「色んな人と関わって作品を作っている以上、作者は自分の思いだけで言い返すのは難しい。クリエイターはクライアントとの関係や世間的なイメージなどを人質に取られている。フェミニストはそういう反論できない人に向かって石を投げるので、これは許せない[27]」と主張し、「じゃあ、僕が代わりに戦おう[27]。あなた方がやっている事業は、後ろ暗いところはないんだろうな?徹底的に調べ上げてやると覚悟を決めた」として、Colaboに関連する内容について行政への情報開示請求や住民監査請求を行っている[7](住民監査請求の詳細は後述)。

調査結果はnoteYouTube、約17万人のフォロワーを有するTwitterで随時ネット投稿・公開している[32][33][34]

暇空によるこれらの投稿に対して、Colabo側は2022年11月、「生活保護不正受給」などの主張は事実無根であり「団体と代表理事の仁藤夢乃に対する誹謗中傷が過激化している」として、その原因である暇空に対して損害賠償と記事削除を求める訴訟を東京地裁に起こした[35][36][37]

この訴訟について衆議院第二議員会館で行われた会見で、弁護団の神原元は「デマを積み上げて信用を傷つけるサイバーハラスメントで、本質は『女性の権利のために立ち上がった人が気に入らない』という女性差別だ[35][37]」「リーガルハラスメントという言葉があり、合法的な嫌がらせだ。行政の透明性を高めたいなどの目的でやっているのかということだ。制度の濫用だ」[38]などと暇空を批判した。

これに対してネット上で、あるいは別の弁護士らが「弁護士が住民監査請求という市民の権利行使に対して使う言葉ではない」と反論した[7]

この会見によって「リーガルハラスメント」という言葉はTwitterのトレンドに入り、暇空のTwitterフォロワー数がその後1ヶ月で10万人以上増えるなど、この問題への注目度はますます高まった[7]。暇空は、「この会見での弁護士の言動は敵失だった」と振り返っている[7]

このColabo側の訴訟に対して、暇空茜は争う構えを見せている[27]。また、各種訴訟を行う・受けるための費用としてカンパを募っており、開始から24時間で2200万円、1月6日時点で7000万円近い支援が集まった[7]。自身へも殺害予告等が送られてきているとして、被害届を出すと述べた[27]

暇空のこれまでの行動は基本的に単独行動であり、情報開示請求も住民監査請求も初めてというノウハウのない状態で行っている[7]。また下記の住民監査請求でもほとんどの請求内容が退けられてはいるが、著名人も含めて暇空を支持するなど、注目を集めている[39][40]

こうした現象について文芸評論家の藤田直哉は暇空が「ラスボス」という表現を使うなど、不正を探すオンラインゲームを集団でプレイしているかのような「ゲーム的な運動方法」だと分析。米国で実行者がQアノンなどの前身になったとされるゲーマーゲート集団嫌がらせ事件と似ており、心配だと指摘した[1]。実際にも暇空の支持者についてQアノンをもじった「暇アノン」という蔑称が生まれている[7][41]

2023年1月、一連の動きの中で名誉を傷つけられたとして、暇空茜は神原元太田啓子伊藤和子の3弁護士を提訴したと公表した[42]

住民監査請求[編集]

暇空はColaboが行った若年被害女性等支援事業の委託契約をめぐる会計に不審な点があるとして2022年9月と11月に東京都監査委員住民監査請求を行った[43][44][45]。9月分は棄却。11月分は2023年1月4日に結果が公表され、ほとんどの請求事項は「妥当でない」と退けられたが[46]、領収書がない経費が計上され、領収書があっても疑義があるケースが確認されるなどとして、「精算には不当な点が認められ、その限りでは本件請求には理由がある」と認定。東京都福祉保健局が2月28日までの再調査を勧告された[47][48]。東京都の住民監査請求で勧告が出たのは2016年8月以来、約6年ぶりである[49]

2023年1月21日、暇空は監査の結果について「監査の段階でColaboが新たに出してきた帳簿をもとに、僕の主張の大半を退けている」「その新たな帳簿は、これまでcolaboが公開していた会計書類と矛盾する。現時点で信頼性は皆無」「まったく納得していません」として、住民訴訟を提起した[7][50]

出演[編集]

2023年1月10日にYouTubeの番組「ニュースあさ8!」に出演し、百田尚樹有本香と共にColabo表現の自由困難な問題を抱える女性への支援に関する法律に関連する問題について対談し、機動戦士ガンダムシリーズのネオジオン軍に例えて、ジオン軍よりネオジオン軍の方が狡猾であったことを理由にColaboを侮ってはならないという旨主張し、HUNTER×HUNTERの内容を引用した発言を行った[51][52]

出典[編集]

  1. ^ a b 藤田直哉 (2023年1月21日). “ネット上の「ゲーム的政治運動」 女性支援団体への攻撃にみる危うさ”. 朝日新聞. 2023年1月21日閲覧。
  2. ^ Cristian Martini Grimaldi (2023年1月4日). “When media is in cahoots with Japan's powers that be”. ユニオン・オブ・カトリック・アジアン・ニュース. 2023年1月7日閲覧。
  3. ^ a b 下田一弘「知っておきたい最新著作権判決例(3)収益金配分請求事件 : 著作権等に基づく収益金配分請求に関する事案,職務著作・映画の著作物の該当性,映画の著作物の著作権の帰属等について判示した事例[東京地裁平成28.2.25]」『パテント』第70巻第12号、日本弁理士会、2017年11月、 51頁。
  4. ^ R5.01/10 百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第33回. 百田尚樹. (2023年1月10日). 該当時間: 1:00:05. https://www.youtube.com/watch?t=3605&v=86CT7bfexzc 2023年1月10日閲覧。 
  5. ^ マイネット、連結子会社GMGがグラニとの会社分割の無効請求訴訟を提起されたことを明らかに…分割手続きの適法性を主張し争う方針”. gamebiz (2018年5月2日). 2023年1月11日閲覧。
  6. ^ 古谷経衡『Colabo騒動』に熱狂するネトウヨ界隈」 『ZAITEN 2023年3月号』財界展望新社、2023年2月1日、76頁。ASIN B0BSNXRVFLhttps://www.zaiten.co.jp/article/2023/01/colabo.html 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n デイリー新潮編集部 (2023年1月6日). “「Colabo問題」追及で7000万円の支援金を集めた男性が独占告白「これはネット界におけるウクライナVSロシアの戦争です」”. デイリー新潮. 新潮社. 2023年1月10日閲覧。
  8. ^ 百田尚樹、有本香 (2023年1月10日). R5.01/10 【ゲスト:暇空 茜】百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第33回. 該当時間: 2:03:53. https://www.youtube.com/watch?v=86CT7bfexzc&t=7433s 2023年1月22日閲覧。 
  9. ^
  10. ^ 『グランブルーファンタジー』×『ファイナルファンタジーXI』コラボ記念 サイゲームス 木村唯人プロデューサーインタビュー 後編”. スクウェア・エニックス. 2023年1月7日閲覧。
  11. ^ ヴァナ・ディール トリビューン Vol.06”. PlayOnline (2002年11月1日). 2023年1月14日閲覧。
  12. ^ シン・ネトゲ戦記第六話「ビギナーズガイド」”. note株式会社. 2023年1月11日閲覧。
  13. ^ シン・ネトゲ戦記第四話「Ultima Online」”. note株式会社. 2023年1月11日閲覧。
  14. ^ 吉田直樹対談のUO嘘松へのツッコミ”. note株式会社. 2023年1月11日閲覧。
  15. ^ 「Colabo問題」追及で7000万円の支援金を集めた男性が独占告白「これはネット界におけるウクライナVSロシアの戦争です」(デイリー新潮)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2023年1月27日閲覧。
  16. ^ 一郎, 山本. “仁藤夢乃さんとColaboをめぐる騒動、「本当の問題」は何だったのか”. 文春オンライン. 2023年1月27日閲覧。
  17. ^
    • 安藤和宏「判例評釈「神獄のヴァルハラゲート事件」」『判例時報』第2336号、2017年9月、 167-172頁。
    • 谷川和幸「判例研究 神獄(しんごく)のヴァルハラゲート事件[東京地方裁判所平成28.2.25判決]」『著作権研究』第43号、有斐閣、2017年4月14日、 183-198頁、 ISBN 978-4641499133
  18. ^ 平成28年8月8日 知財高裁 平成28年(ウ)第10038号 文書提出命令申立事件
  19. ^ 平成28年2月25日 東京地裁 平成25年(ワ)第21900号 収益金配分請求事件
  20. ^ a b 「第1審:平成27年(ワ)第8708号 東京地裁平成30年3月22日判決」 『判例タイムズ1472号』判例タイムズ編集委員会、2020年6月25日、234頁。ASIN B089M1DBXX 
  21. ^ 令和2年(受)第1518号 最高裁令和3年11月2日第三小法廷判決 損害賠償請求事件 棄却(民集登載予定) 判決文
  22. ^ 令和2年(受)第1518号 損害賠償請求事件 令和4年1月18日 最高裁判所第三小法廷判決 岩田合同法律事務所
  23. ^ 一郎, 山本. “仁藤夢乃さんとColaboをめぐる騒動、「本当の問題」は何だったのか”. 文春オンライン. 2023年1月27日閲覧。
  24. ^ 「Colabo問題」追及で7000万円の支援金を集めた男性が独占告白「これはネット界におけるウクライナVSロシアの戦争です」(抜粋)” (日本語). デイリー新潮. 2023年1月27日閲覧。
  25. ^ 特許6446149”. 特許情報プラットフォーム. 2023年1月14日閲覧。
  26. ^ 仁藤夢乃さんとColaboをめぐる騒動、「本当の問題」は何だったのか”. 文春オンライン (2022年12月15日). 2023年1月8日閲覧。
  27. ^ a b c d e フェミニスト仁藤夢乃氏による女性支援団体Colaboの会計に物申した富裕オタク=暇空茜の主張”. 実話BUNKAタブー (2022年12月22日). 2023年1月10日閲覧。
  28. ^ 「宇崎ちゃん」献血ポスター、なぜ議論がこじれるのか”. ハーバー・ビジネス・オンライン (2019年10月26日). 2023年1月10日閲覧。
  29. ^ “献血ポスターがセクハラ”騒動に「女性は献血が少ないから」の声。日赤に現状を聞いた”. 女子SPA! (2019年11月12日). 2023年1月10日閲覧。
  30. ^ 観光庁「温泉むすめ」、性搾取的な内容に批判殺到…温泉事業者に損害の懸念”. Business Journal (2021年11月17日). 2023年1月10日閲覧。
  31. ^ 性差別?「温泉むすめ」キャラ設定が物議 運営がサイト修正、後援の観光庁は「対応を検討中」”. J-CASTニュース. 株式会社ジェイ・キャスト (2021年11月17日). 2023年1月10日閲覧。
  32. ^ 中山美里実話BUNKAタブー 2023年2月号』コアマガジン、2022年12月16日、130-133頁。 
  33. ^ 大杉春子 (2023年1月13日). “「Colabo問題」にみるコミュニケーション戦略におけるリスク”. 新建新聞社. 2023年1月13日閲覧。
  34. ^ SALLiA (2023年1月16日). “Colabo問題で強まるフェミニストへの風当たり ひろゆきのツイートで擁護派との対立先鋭化”. 日刊ゲンダイ. 2023年1月16日閲覧。
  35. ^ a b 「私の体を切り付けられる思い」少女支援団体の仁藤夢乃さん、「生活保護ビジネス」と投稿の男性を提訴”. 弁護士ドットコムニュース. 弁護士ドットコム株式会社 (2022年11月29日). 2023年1月10日閲覧。
  36. ^ ネット上のデマ提訴/Colabo代表・仁藤さん/「女性全員への攻撃」”. しんぶん赤旗 (2022年11月30日). 2023年1月21日閲覧。
  37. ^ a b 【ご報告】Colaboとその代表仁藤夢乃に対する深刻な妨害に関する提訴記者会見を行いました。”. Colabo (2022年11月29日). 2023年1月10日閲覧。
  38. ^ 虐待・性搾取被害少女を支援する仁藤夢乃氏らが大量の悪意のデマ記事で「サイバーハラスメント」を繰り返す男性を提訴!~11.29 Colabo(若年女性支援団体)とその代表仁藤夢乃に対する深刻な妨害に関する提訴記者会見 2022.11.29”. IWJ (2022年11月29日). 2023年1月15日閲覧。
  39. ^ 但馬オサム (2023年1月14日). “アンチ「フェミニズム」ですが、何か? 目からビーム!”. 八重山日報. 2023年1月20日閲覧。
  40. ^ 小川たまか (2023年1月22日). “女性支援団体「Colabo」への批判・中傷 監査結果でさらに激化”. 週刊金曜日. 2023年1月22日閲覧。
  41. ^ 鳥海不二夫 (2023年1月4日). “女性支援団体Colaboの炎上分析”. Yahoo!ニュース. 2023年1月13日閲覧。
  42. ^ 弁護士を3人提訴しました
  43. ^ 「Colabo問題」がトレンド入り 東京の発表に注目集まる”. 産業経済新聞社 (2023年1月4日). 2023年1月7日閲覧。
  44. ^ 新田哲史 (2022年12月24日). “小池都知事の記者会見でColabo問題スルーの事情……ついでに国政復帰はあるのか?”. SAKISIRU. 2023年1月7日閲覧。
  45. ^ “コラボ騒動”がもたらす影響に大空幸星氏「このままでは社会にとって損失だ」「上の世代には本当に変わって欲しい」”. ABEMA TIMES (2023年1月11日). 2023年1月11日閲覧。
  46. ^ 「Colabo」めぐる住民監査請求 経費精算が一部不当 東京都に再調査指示 監査委員 請求の大半は退ける”. 東京新聞. 東京新聞 (2023年1月4日). 2023年1月4日閲覧。
  47. ^ 東京都監査委員 (2022年12月28日). “東京都若年被害女性等支援事業について当該事業の受託者の会計報告に不正があるとして、当該報告について監査を求める住民監査請求監査結果 (PDF)”. 東京都. 2023年1月13日閲覧。
  48. ^ 有本香 (2023年1月6日). “ネットで大騒ぎ「Colabo問題」めぐる税金の不適切な使われ方 国は〝弱者ビジネス〟助長させる「困難女性支援法」を見直せ”. 産経デジタル. 2023年1月7日閲覧。
  49. ^ 都監査委員、再調査を勧告 都事業受託した女性支援団体の会計”. 朝日新聞 (2023年1月4日). 2023年1月7日閲覧。
  50. ^ Colabo巡る住民監査、請求人の男性「結果に不服、住民訴訟を提起」”. 産経新聞 (2023年1月21日). 2023年1月21日閲覧。
  51. ^ Taka (2023年1月12日). “仁藤夢乃さんが代表のColabo問題で…… 渦中の暇空茜さんが有本香さん・百田尚樹さんのYouTube番組「あさ8」に電話で生出演”. ガジェット通信. 2023年1月21日閲覧。
  52. ^ Colaboはネオジオン? 百田尚樹の番組で暇空茜が壮絶な『ガンダム』トーク”. 日本ジャーナル出版 (2023年1月19日). 2023年1月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]