暇空茜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひまそら あかね
暇空 茜
生誕 水原 清晃みずはら きよてる
1982年または1983年[1]
日本の旗 日本大阪府
住居 日本の旗 日本
別名 暇な空白
教育 学士
出身校 東大寺学園中学校卒業
東大寺学園高等学校中退
近畿大学文芸学部卒業
職業 ゲーマー
ゲームクリエイター
YouTuber
ブロガー
作家
団体 セガ2007年 - 2012年
gloops2012年頃入社、退社年不明)
グラニ(2012年入社、退社年不明)
Cygames2018年時点)
テンプレートを表示
暇空 茜
人物
職業
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年 -
登録者数 20.4万人
総再生回数 5411万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年2月20日時点。
テンプレートを表示

暇空 茜(ひまそら あかね[2]1982年または1983年[1] - )は、日本の男性ゲーマー[3]ゲームクリエイターYouTuberブロガー[4]作家。株式会社グラニ元取締役[5]。本名は水原 清晃(みずはら きよてる)[6][7][8]、配信サイトnoteでの表示名は暇な空白。「無職一般富裕オタク」を自称している[1]

暇空茜と名義を改めてからXやYoutubeで使っているアバターは、ピンクのロングヘアの少女の姿をしている。探偵のような服装で、頭部に紐状の赤いリボンと、緑色の市松模様の布リボンをつけている。Youtubeでは、水原の友人である「なる」も少女姿のアバターを使い、二人の少女の会話形式で動画が進む。なお、動画はなるが制作し、Youtubeとnoteの売上は水原となるが折半している[9]。動画上での声は、VOICEROID琴葉茜を使用。「暇空茜」と琴葉茜は、髪色や特徴的な2つのリボンの配置などキャラデザインが似ており名前も一致するが、水原は「暇空茜」をオリジナルキャラクターであるとしている[10]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪府出身[11]。祖父をシベリア抑留で失ったという[12]

小学生の頃に知能検査で高い数値を出したため、両親が狂喜して教育熱心となり、小学生から猛勉強を強いられ中学受験で東大寺学園中学校・高等学校に入学したが[13]、学業に身が入らず不登校になったという[14]。そうした環境下で父親から家庭内暴力を受けていたが、中学生のある日、父から殴られた際に肩を包丁で刺したことで警察沙汰になり、高校を中退したとしている[14]

その後、大学入学資格検定合格後、近畿大学へ入学した[14]

コンピュータゲームへ熱中[編集]

中学生時にパソコンを買い与えられ、インターネットやオンラインゲームウルティマオンライン』へ熱中したという。水原は『ウルティマオンライン ビギナーズガイド』(ローカス、2001年9月28日)他6冊の編集に関わった、と述べている[15][16]。上述の父親を刺傷した直後も、警察官が自宅を訪ねるまでウルティマオンラインを遊んでおり、親を恐怖させたと告白している[14]

水原の主張によれば、人気オンラインゲーム『ファイナルファンタジーXI (FF11)』で難関であった「闇の王」を世界で最初に倒した匿名プレイヤーの「Apos」は水原であるという[17][18]。Aposは2002年にFF11の公式ファンブック『ヴァナ・ディール トリビューン』に掲載されたことがある[19]ほか、声優の加藤英美里によるFF11攻略企画に、声優の今井麻美サイゲームス取締役の木村唯人らとともに、特別ゲストとして招待された[20]

また、Aposこと水原は『ソードアート・オンライン』の主人公「キリト」のモデルを自称しており、キリトの使用する「スイッチ」という戦術は「Apos戦法」を元にしていると主張している[17][注釈 1]

就職後[編集]

大学卒業後、2007年にセガに入社し[1]、その5年後gloopsに転職。2012年にgloopsにいたメンバーと共に「グラニ」を創業し[1]、『神獄のヴァルハラゲート』の製作に携わったとしている[1]。2018年までにはグラニを退社し、Cygamesに転職していた[23]

作家の山本一郎によれば、gloopsおよびグラニ在籍当時の水原はイベント、データテーブル、ゲームシステム周りを設計するプランナー職に就いており、「一点突破の仕組みづくりのプロフェッショナル」だったと評価している[24]

2020年頃から[要出典]、インターネット上の著名人に対する「認知プロファイリング活動[注釈 2]」を開始。2022年から開始した、仁藤夢乃に対する認知プロファイリング活動、付随して行われた住民訴訟などが報道され、注目を集める。

グラニ社とのトラブル・訴訟[編集]

2013年1月1日に水原はグラニ社の取締役に就任したとされるが[5]、のちにグラニ社長と金銭トラブルが発生した。内容は水原がグラニ社と雇用契約を結んだ当初の条件が履行されなかったこととされる[24]。このためグラニ社長と水原との関係が悪化した。

2013年に水原は、グラニ社長を相手取って1億1294万1261円の収益金配分とそれに対する遅延損害金の支払い求めて民事訴訟を起こした[26][27]。この裁判は一審で420万円の支払いを認め、残りを棄却する一部認容・一部棄却がなされ[28]、原告・被告ともに控訴。控訴審では開発過程を明らかにするためにチャットログの開示を求める文書提出命令の申し立てが追加され、文書提出命令に関しては2016年に請求が認容された[29]。また、2015年には、保有株式の持分比率の低下によって損害を被ったとして損害賠償請求を提起[30]。第一審では5億7469万3828円の限度で請求が認容されたものの、控訴審では3億9998万5814円に減額[31]。水原の上告によって最高裁まで争ったものの、2022年に上告が棄却されて判決が確定した[30][32][31]。一連の裁判により、水原は6億円を得たとされている[1][24]

この裁判の結果について、水原は「これだけ高額な損害賠償請求を起こすには莫大な弁護士費用がかかります。僕は勝訴するまでは、約2000万円の借金を抱えているピンチにありましたが、途中、相手方が提案してきた3億円の和解案も蹴ったうえで、勝利を収めたのです。弁護士は『100人中100人が和解します』と青ざめていましたが、僕は納得できない理由で妥協ができない性格です。この姿勢はColabo問題でも貫いています」と新潮社のインタビューで述べた[1]

若年被害女性支援団体との対立・訴訟[編集]

Colaboへの追及・対立[編集]

水原は『宇崎ちゃん騒動』を機にフェミニスト界隈への対抗姿勢を強め、その後仁藤夢乃『温泉むすめ』に対し「性差別で性搾取」などと批判したことを受け、仁藤が代表理事を務める若年被害女性支援団体「Colabo」に対する追及を開始した[1][注釈 3]

水原は「調査結果」や「認知プロファイリング」の結果をnoteYouTubeTwitterなどに随時投稿・公開[33][34][35]しながら、Colaboに事業を委託していた東京都への情報開示請求や住民監査請求、裁判所への住民訴訟を行っている[1][36](住民監査請求や住民訴訟の詳細は後述)。

Colaboに類する団体である若草プロジェクトBONDプロジェクトぱっぷすへの追及も行っており、それらを総称して「WBPC」と呼んでいる[37]。また、赤い羽根共同募金に対しても疑惑があると主張している[38]水原は「公金チューチュー」といった表現も用いており[39]、「ナニカグループ」という言葉を使ってそれらの法人が持つとする利権や思想に関する主張をしている[40][注釈 4]小川たまかがTwitter上でナニカグループの定義や意味について質問した際は、「個人からの質問に回答する義務は無い」と回答を拒絶した[43]が、一方で同じくTwitter上で「ナニカグループはアメーバのような集合体である[44]。黒幕とかはいない[45]。誰がトップとかもない。反日と左翼と北朝鮮とツイフェミの集合体[46]」「1つの思想で動いてるチームじゃなくて、利益でつながっている[47]。統率はとれてない。だからアメーバみたいな群体である[48]」「北朝鮮正義連)、共産党立憲民主党社民党れいわ新選組矯風会(在日キリスト)、抱樸奥田知志SEALDSとか)、日本赤軍がバックにいる。厚生労働省村木厚子)もついてる[49][50]日本財団警察官僚東京新聞朝日新聞毎日新聞あたりにも根を張ってる。ナニカグループに逆らうと、総出で社会的に殺される[51]草津冤罪事件もそんな感じだった。連携して文化を燃やしにくる[52]。ナニカグループと戦わないと、文化は全て焼き尽くされる[53]」と主張している。

Colabo側はこれらに対して「荒唐無稽なデマ」であると反論しており、2023年1月18日に行われたバスカフェ妨害行為を取り上げて「Colaboの会計に不正がある」とする「インターネット上にまん延する荒唐無稽なデマや過激な誹謗中傷に扇動された」「インターネット上のデマ言説をそのままなぞったもの」であると非難し、「デマや誹謗中傷を信じた人々は誹謗中傷に加勢するだけではなく、シェルターを晒すとか、Colaboのバスを切り付けるといった物理的暴力も始めた」として水原とその賛同者を批判している[54][55]。一方で、水原は2022年12月14日の時点で、「僕は正式に権利として認められた知る権利や手続きを使って戦います。バスカフェやコラボ事務所へのリアルでの突撃、秘匿されてる10代女子シェルターの情報暴露、このような行為を一切否定します。僕の賛同者はこのようなことをしないでください」「そのような迷惑行為を確認した時点でブロックします」と注意喚起をしており[56]、上記のような行為や誹謗中傷等を行う人物に対しては繰り返し注意・批判をしている[57][58][59][60][61][62][63]。また、「俺はなるくんと弁護団としか組んでない[64]」「俺の味方(仲間)はなるくんと弁護団だけ[65]」であるとしており、Colaboに行われた不法な攻撃に関して自身の関与・責任は存在しない旨を主張している。またバスの被害とされる傷は2022年4月以前から存在したものだと主張している[66][67]

また水原は2023年1月10日のYouTubeの番組『ニュースあさ8!』に出演し、百田尚樹有本香と共にColabo表現の自由困難な問題を抱える女性への支援に関する法律に関連する問題について対談した。そのなかでColaboを機動戦士ガンダムシリーズのネオジオン軍に例えて、ジオン軍よりネオジオン軍の方が狡猾であったことを理由にColaboを侮ってはならないなどと主張し、HUNTER×HUNTERの内容を引用した発言を行った[68][69]

Colaboとの民事訴訟[編集]

Colaboによる水原への提訴[編集]

水原によるこれらの投稿に対して、Colabo側は2022年11月に、水原による「生活保護不正受給」などの主張は事実無根であり「団体と代表理事の仁藤夢乃に対する誹謗中傷が過激化している」として、水原に対して損害賠償と記事削除を求めて東京地裁に提訴した[70][71]

Colabo側弁護団の神原元は、衆議院第二議員会館で行われた会見で「デマを積み上げて信用を傷つけるサイバーハラスメントで、本質は『女性の権利のために立ち上がった人が気に入らない』という女性差別だ」[70][71](後述の住民監査請求に関して)、「リーガルハラスメントという言葉があり、合法的な嫌がらせだ。行政の透明性を高めたいなどの目的でやっているのかということだ。制度の濫用だ」[72]などと水原を批判した。ネット上では「弁護士が住民監査請求という市民の権利行使に対して使う言葉ではない」との反論があった[1]。また、この会見によって「リーガルハラスメント」がTwitterのトレンドに入り、水原のTwitterフォロワー数がその後1ヶ月で10万人以上増えるなど、この問題への注目度はさらに高まった[1]。水原は、「この会見での弁護士の言動は敵失だった」としている[1]

水原によるColabo側弁護士への提訴[編集]

このColabo側の訴訟に対して、水原は争う構えを見せている[73]。また、各種訴訟を行う・受けるための費用としてカンパを募っており、開始から24時間で2200万円[1]、7月31日時点で1億1104万7149円の支援が集まった[74]。自身へも殺害予告等が送られてきているとして、被害届を出すと述べた[73]。2023年1月、一連の動きの中で名誉を傷つけられたとして、水原はColabo側の弁護士である神原元太田啓子、後述の弁護士の伊藤和子と対する提訴をしたと公表した[75]

住民監査請求・住民訴訟[編集]

Colabo[編集]

水原はColaboが行った若年被害女性等支援事業の東京都との委託契約をめぐる会計に不審な点があるとして2022年9月と11月に東京都監査委員に住民監査請求を行った[76][77][78][79]。9月分は棄却。11月分は2023年1月4日に結果が公表され、ほとんどの請求事項は「妥当でない」と退けられたが[80]、領収書がない経費が計上され、領収書があっても疑義があるケースが確認されるなどとして、「精算には不当な点が認められ、その限りでは本件請求には理由がある」と認定。東京都福祉保健局に2月28日までの再調査を勧告した[81][82]。東京都の住民監査請求で勧告が出たのは2016年8月以来、約6年ぶりであった[83]

水原は2023年1月公表の監査結果について「監査の段階でColaboが新たに出してきた帳簿をもとに、僕の主張の大半を退けている」「その新たな帳簿は、これまでcolaboが公開していた会計書類と矛盾する。現時点で信頼性は皆無」「まったく納得していません」として、住民訴訟を提起した[1][84]。3月13日、住民訴訟の初回口頭弁論が行われた。この口頭弁論では、水原側代理人を務める弁護士の渥美陽子によって、水原による声明文が読み上げられた[85]

2023年3月3日に再調査結果が公表され、複数の事業を担当している税理士などの報酬を案分せず計上した経費など約192万円を経費と認めなかったが、これら以外の事業費2713万円は経費として認定された。Colaboが委託費の上限2600万円を上回る経費をかけて事業を行ったことが確認されたため、都に返還される委託費はゼロという結果になった[86][87][88]

BONDプロジェクト・若草プロジェクト・ぱっぷす[編集]

水原はColaboに続いて東京都の若年被害女性等支援事業の委託を受けたBONDプロジェクト若草プロジェクトぱっぷすの3団体に対しても「様々な点において不当がある」などと主張し、2023年2月から3月にかけてに8件の住民監査請求を行った。東京都監査委員は同年4月から5月にかけて、「主張には理由がない」としてColaboと同様に8件の住民監査請求を棄却した[89][90]

それを受け、水原は2023年5月にこれら3団体に対しても住民訴訟を行った[91]

Colaboによる刑事告訴[編集]

2023年11月、Colaboは水原のSNS上での書き込みにより自団体への風評被害が出たとして水原を刑事告訴した。2024年2月16日、警視庁新宿警察署は水原が2022年9月に書いた「Colaboは10代の女の子をタコ部屋に住まわせて生活保護を受給させ、毎月一人6万5千円ずつ徴収している」という内容のnote記事がColaboに対する名誉毀損であるとして水原を書類送検した。この際、警察は起訴判断を検察に委ねる「相当処分」の処分意見を付記して送検した。水原は容疑について「ホームページを見て論評を書いただけ」であると話している[92][93][94][95][96]

その他の民事訴訟[編集]

のりこえねっとに対する提訴と敗訴[編集]

2022年12月、水原がYoutubeに投稿した仁藤夢乃を批判する2件の動画がDMCAに基づく申し立てにより削除された[74][97]。申立人であるのりこえねっとが運営する「のりこえねっとTube」は、水原の動画中で使用された仁藤の顔写真の著作権者であると主張した[74]。水原は即座にYoutube運営に対して異議申し立てを行い、Youtube運営はのりこえねっとに対して水原が行った「著作権侵害」への法的措置を取った証拠を提出するよう求めた[98]が、法的措置が取られなかったため、水原の異議申し立てが認められ、動画は復活した[99]

水原はこの件について「不当な著作権侵害申し立て」[97]であると主張し、のりこえねっとに対して不法行為に基づく165万円の損害賠償を求めて提訴した(代理人:垣鍔晶)[100] [101]。この提訴について水原は「俺は不当な攻撃されると燃えるんだよ 思い知らせてやる」と述べた[74]

仁藤によれば、同訴訟での当事者尋問について水原は「身の危険があるため衝立がなければ出ない」として拒絶した[102]。この対応ひついて仁藤は「彼らの嫌がらせでデマ、殺害予告レイプ予告、自宅近くに変な男が来るとか被害受けてるのは私たちなのに。私達は正々堂々闘うつもり。彼らはネットではイキってるけど、ネットではイキったこと言うけど現実の法廷での裁判ではすごく逃げてる感じ。そういう人達を応援してる人達も早く、おかしいと気づいてほしい」と述べた[102][103]。一方で、この仁藤の主張ついて水原は「裁判長が衝立かビデオでやるとか?って提案したら、神原弁護士が衝立もビデオも認めない!って吠えただけなのに、それを俺が衝立求めたとか嘘を広めた」と主張している[104]

2023年8月24日、中島基至裁判長は水原の訴えを棄却し、訴訟費用を水原の負担とした[74]。のりこえねっとが権利を主張した写真は、新聞記事に仁藤の写真を載せるためにのりこえねっとがカメラマンに撮影を依頼して作成したものであり、のりこえねっとが権利を持っていると認定され、判決文には「したがって、原告の主張は理由がない」「原告の主張は採用することができない」と記された[101]。判決言い渡し日には、水原も代理人の垣鍔も出廷しなかった。

反応[編集]

判決について水原は、「過去にこういうことがありましたという証言だけで物証もなく、そのときに著作権が譲渡されていたと認めるのはいかがなものかと思う」と疑いを再提起したが、DMCAでの攻撃をこれ以上させないという目的は達成したため控訴せず、のりこえねっとから訴訟が提起されたためそちらの防御訴訟で改めて戦うとした[105]

のりこえねっとの代理人の神原元は判決後の記者会見で「弁護士を20年やっている中で体験したことのない裁判だった。原告は訴状1本出して、それ以上の反論がなかった」「著作権があるという証拠を見たら、参りましたと。常識ではちょっと考えられない裁判」[74]「裁判そのものが遊びになっている。こちらを嘲笑する道具になっちゃってる」と述べた[106]。また、動画の削除からわずか4日で水原が提訴したことについて、「普通の弁護士だったら(依頼者が言う通りなのかどうか)調べますよね。4日ということは何も調査せずに裁判を起こした」「こんなことで社会に迷惑をかけることが許されるのか」と、垣鍔晶を批判した[74]週刊金曜日は垣鍔への電話インタビューを試みたが、保留の後に一方的に電話を切られたという[74]。のりこえねっと所属の辛淑玉は「確かなのは、Colabo叩きの一環としてのりこえねっとを使ったということ」「のりこえねっとにとっては、申し訳ないけれど軽い裁判でした。でもそれにつきあわなければならないしんどさがある」と述べた[74]

誹謗中傷者に対する提訴と勝訴[編集]

2023年10月30日、水原が行ったカンパ金の募集について中傷していた人物に対して、水原が165万円の損害賠償を求めて起こした訴訟において[37]、東京地方裁判所は発言の違法性を認定し、被告に対し33万円の支払いを命じた。被告は控訴期限までに控訴しなかったため、判決が確定した[107]

伊藤和子への民事訴訟[編集]

水原による伊藤への提訴と第1審敗訴[編集]

水原は、自身の活動について弁護士の伊藤和子がColaboの事業に対する妨害活動だとツイッターに投稿したことは水原への名誉毀損であるとして、伊藤に165万円の支払いを求めて提訴した。2024年2月5日、東京地方裁判所は、伊藤の当該投稿は、訴外弁護士に対する批判を行うために、対立していた水原の言動に対する評価を援用したに過ぎないため、不法行為を構成するだけの水原の社会的評価の低下がないと判示した[41][42]。さらに、東京地方裁判所は、「念のため」と示しつつ、仮に社会的評価の低下があったとしても、水原がツイッターに労働・知能の面において生物学的に女性が男性に劣ることを旨とする書き込みを行いながらColabo代表の仁藤夢乃を「自称フェミニスト」と否定的に論評したこと、また具体的な根拠を挙げることなく「公金チューチュースキーム」と書き込んだ水原が前述の公金不正受給を理由とする住民監査請求を行っていたことから、伊藤が水原の活動についてColaboに対する妨害活動だと信じるに相当な理由があったと認定し、伊藤の故意又は過失は認められないとした[41][42]。一方で、社会的評価の低下がない名誉感情侵害についても、伊藤の投稿が訴外弁護士に対する論評であり、水原による「妨害」・「差別」・「脅迫」の具体的内容を示していないことや前述の水原の言動を理由に、社会通念上許容される限度を超えた侮辱行為はなく、人格的利益を侵害する不法行為とは認められないとして、水原の訴えを棄却した[42]。伊藤は、この判示によって水原の言動によって真実相当性が認定されたことが重要であると指摘する[42]

水原は、控訴することを明らかにし[108]、伊藤も控訴審に向けた支援を呼びかけた[42]

伊藤による水原への提訴[編集]

伊藤は、水原による自身に対する「ナニカグループ」あるいは「公金チューチュースキーム」といった表現を名誉毀損として訴え、加えて水原による自身の写真の無断使用についての肖像権侵害を理由とする別訴を提起し[109]、東京地方裁判所における上記判決の際には、情報提供者への感謝を示した[42]。水原は、2024年1月27日に伊藤のこの反訴が「却下された」うえで、本件について「別訴で訴えられました」と報告し、伊藤の請求について、金550万円の支払いとツイート及び動画の削除、「暇な空白」のnoteに謝罪文の掲載を求めるものであったことを明かした[110]

男子大学生に対する提訴と敗訴[編集]

水原は、男子大学生が水原が書いたnote記事に対してTwitter上で「書き手の頭の悪さがよくわかる記事」「書く力・聞く力・話す力・論理的思考力・判断力が足りていない」などと書き込んだことで自身の名誉感情が侵害されたとして、大学生に対して150万円の慰謝料と15万円の弁護士費用の計165万円の支払いを求めて提訴した。2024年2月28日、東京地方裁判所は水原の請求を棄却した。東京地裁は大学生の書き込みが水原の能力を否定するものであったことから侮辱的表現であると認定した一方で、大学生の書き込みは水原のnote記事に対する批判や意見であること、そもそも事の発端が水原が東野篤子に対して「メス」などと呼称したことにあり、その後も「バーカ」「アホ」等の侮辱的な表現を行っており、SNS上で多数のフォロワーを持つ水原が東野に対する侮辱的な投稿を行えば閲覧者などの第三者から相当程度の厳しい批判や否定的意見を受けることが予想できたこと、大学生の侮辱的書き込みは2回なのに対し水原は大学生に対してはるかに多い回数の「IQ3」「キッショイ」等の侮辱的書き込みを繰り返したことを上げて、水原の名誉感情が害されたとしても大学生の書き込みは社会通念上許容される限度を超える侮辱行為とまでは言えず不法行為を構成しないとして、水原の請求を棄却した[111]

NHK取材メモ漏洩騒動[編集]

NHKは情報番組『首都圏ネットワーク』でネットでの誹謗中傷をテーマとした5分ほどの特集を放送するために、2023年6月頃までに水原のシンパとしてColaboおよび代表の仁藤へ誹謗中傷を行っていた(後にColaboに謝罪し、和解した)人物[112]に対してインタビュー取材を行っていた[113]。11月28日、水原は「タレコミ」があったとして、部外秘である放送前の番組企画書とインタビュー全文をインターネット上に公開・拡散した[114][115][116]。NHKは取材源秘匿の原則が守られず情報漏洩が起こったことを受けて、12月1日に記者会見を開いて事実関係を認めて謝罪。また水原に対して情報を流出させた人物はNHK子会社が契約している派遣職員でテロップを制作するスタッフであると説明した。当該スタッフはNHKの聞き取りに対し「水原の投稿を見ていた」「(水原と)個人的関係は全くない」旨を説明し、「興味本位でやった。大変なことをしてしまい、申し訳ない」と反省の意を表明した説明された[113][117]。12月20日、水原はジャーナリストの安田浩一からこの情報流出の件についてどのように考えているかを質問されたことを明かし、「NHKが偏向報道を企てていたことが明らかになったように思う」と回答した[118]

著名人の見解[編集]

水原の活動について、著名人からも言及された[119][43]。評論家の白川司は、水原を「萌え系が新しい保守のあり方として成立する過程で誕生したニュータイプのヒーロー」と評した[38]。塩野谷恭輔は、水原の主張は「右派」的であると述べている[120]。随筆家の銀色夏生は、百田との対談の中で水原が語ったことについて、「印象深い」と評している[121]

文芸評論家の藤田直哉は、水原が「ラスボス」という表現を使うなど不正を探すオンラインゲームを集団でプレイしているかのような「ゲーム的な運動方法」だと分析した上で、米国でQアノンなどの前身になったとされるゲーマーゲート集団嫌がらせ事件と似ており、心配だと述べた[3]。水原の支持者についてQアノンをもじった「暇アノン」という蔑称も生まれている[1][122]

弁護士の伊藤和子、ジャーナリストの望月衣塑子菅野完は水原の主張と行動を批判した。これに対して水原は伊藤に関しては上述の神原と太田と同時に[75]、望月衣塑子と菅野に対してもそれぞれ訴訟を提起した[37]。(上記節参照)

弁護士の杉山大介は水原に対して「正当性を辛うじて認められたのは「監査請求をした」という点のみで、後は本来、ネットの与太話のひとつにすぎない」という見解を述べ、それを社会問題として捉える環境が揃ってしまったことで名誉毀損訴訟が深刻な機能不全を起こしていると指摘している[123]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただしSAO作中の描写および原作者による「スイッチ」の解説と、水原による「スイッチ」の解説とでは内容が大きく異なる[21][22]
  2. ^ 水原による造語で、「相手の文章から読み取れる相手の認知から、相手の背景や情報を読み取る」技能であるとしている[25]
  3. ^ 水原は、「仁藤さんは、作品に対して一方的に、自分たちの倫理観によって悪と決めつけ断罪して攻撃してきた」「仁藤さんの批判によって、温泉むすめの運営会社は『スポーツ文化ツーリズムアワード2021』の表彰を辞退までさせられた。このやり方は魔女狩りのレベルだ」「色んな人と関わって作品を作っている以上、作者は自分の思いだけで言い返すのは難しい。クリエイターはクライアントとの関係や世間的なイメージなどを人質に取られている。フェミニストはそういう反論できない人に向かって石を投げるので、これは許せない」などと主張し、「僕が代わりに戦おう」「じゃあ、あなた方がやっている事業は後ろ暗いところはないんだろうな、徹底的に調べあげてやると覚悟を決めた」としている。
  4. ^ ただしこれらの主張について、水原は具体的な根拠を提示できていない[41][42]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p デイリー新潮編集部 (2023年1月6日). “「Colabo問題」追及で7000万円の支援金を集めた男性が独占告白「これはネット界におけるウクライナVSロシアの戦争です」”. デイリー新潮. 新潮社. 2023年2月4日閲覧。
  2. ^ 新田哲史『月刊Hanada 2023年3月号』飛鳥新社、2023年1月26日、156頁。ASIN B0BJZJV1J6 
  3. ^ a b 藤田直哉 (2023年1月21日). “ネット上の「ゲーム的政治運動」 女性支援団体への攻撃にみる危うさ”. 朝日新聞. 2023年1月21日閲覧。
  4. ^ Cristian Martini Grimaldi (2023年1月4日). “When media is in cahoots with Japan's powers that be”. ユニオン・オブ・カトリック・アジアン・ニュース. 2023年1月7日閲覧。
  5. ^ a b 下田一弘「知っておきたい最新著作権判決例(3)収益金配分請求事件 : 著作権等に基づく収益金配分請求に関する事案,職務著作・映画の著作物の該当性,映画の著作物の著作権の帰属等について判示した事例[東京地裁平成28.2.25]」『パテント』第70巻第12号、日本弁理士会、2017年11月、51頁。 
  6. ^ R5.01/10 百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第33回. 百田尚樹. 10 January 2023. 該当時間: 1:00:05. 2023年1月10日閲覧
  7. ^ マイネット、連結子会社GMGがグラニとの会社分割の無効請求訴訟を提起されたことを明らかに…分割手続きの適法性を主張し争う方針”. gamebiz (2018年5月2日). 2023年1月11日閲覧。
  8. ^ 古谷経衡『Colabo騒動』に熱狂するネトウヨ界隈」『ZAITEN 2023年3月号』財界展望新社、2023年2月1日、76頁。ASIN B0BSNXRVFLhttps://www.zaiten.co.jp/article/2023/01/colabo.html 
  9. ^ 望月衣塑子さんを提訴しました” (2023年3月5日). 2023年9月25日閲覧。
  10. ^ himasoraakaneのツイート(1589109140101554177)
  11. ^ 百田尚樹有本香 (10 January 2023). R5.01/10 【ゲスト:暇空 茜】百田尚樹・有本香のニュース生放送 あさ8時! 第33回. 該当時間: 2:03:53. 2023年1月22日閲覧
  12. ^ himasoraakaneのツイート(1614657194435411970)
  13. ^ 暇空 2024, p. 10.
  14. ^ a b c d 暇空 2024, p. 11.
  15. ^ 暇空 2024, p. 26.
  16. ^ 暇な空白 (2020年8月9日). “吉田直樹対談のUO嘘松へのツッコミ”. note. 2023年2月4日閲覧。
  17. ^ a b https://twitter.com/himasoraakane/status/1601285978500784128”. Twitter. 2023年8月13日閲覧。
  18. ^ 暇空 2024, p. 4.
  19. ^ ヴァナ・ディール トリビューン Vol.06”. PlayOnline (2002年11月1日). 2023年1月14日閲覧。
  20. ^ 『グランブルーファンタジー』×『ファイナルファンタジーXI』コラボ記念 サイゲームス 木村唯人プロデューサーインタビュー 後編”. スクウェア・エニックス. 2023年1月7日閲覧。
  21. ^ himasoraakaneのツイート(1601294883574394880)
  22. ^ kunoriのツイート(1457593210000195588)
  23. ^ 特許6446149”. 特許情報プラットフォーム. 2023年1月14日閲覧。
  24. ^ a b c 山本一郎 (2022年12月15日). “仁藤夢乃さんとColaboをめぐる騒動、「本当の問題」は何だったのか”. 文春オンライン. 2023年2月4日閲覧。
  25. ^ インターネットについて⑤認知プロファイリングという技能|暇な空白”. 2023年12月16日閲覧。
  26. ^
    • 安藤和宏「判例評釈「神獄のヴァルハラゲート事件」」『判例時報』第2336号、2017年9月、167-172頁。 
    • 谷川和幸「判例研究 神獄(しんごく)のヴァルハラゲート事件[東京地方裁判所平成28.2.25判決]」『著作権研究』第43号、有斐閣、2017年4月14日、183-198頁、ISBN 978-4641499133 
  27. ^ 平成28年2月25日 東京地裁 平成25年(ワ)第21900号 収益金配分請求事件
  28. ^ 平成25年(ワ)第21900号 収益金配分請求”. 2023年2月20日閲覧。
  29. ^ 平成28年8月8日 知財高裁 平成28年(ウ)第10038号 文書提出命令申立事件
  30. ^ a b 「第1審:平成27年(ワ)第8708号 東京地裁平成30年3月22日判決」『判例タイムズ1472号』判例タイムズ編集委員会、2020年6月25日、234頁。ASIN B089M1DBXX 
  31. ^ a b 令和2年(受)第1518号 損害賠償請求事件 令和4年1月18日 最高裁判所第三小法廷判決 岩田合同法律事務所
  32. ^ 令和2年(受)第1518号 最高裁令和3年11月2日第三小法廷判決 損害賠償請求事件 棄却(民集登載予定) 判決文
  33. ^ 中山美里実話BUNKAタブー 2023年2月号』コアマガジン、2022年12月16日、130-133頁。 
  34. ^ 大杉春子 (2023年1月13日). “「Colabo問題」にみるコミュニケーション戦略におけるリスク”. 新建新聞社. 2023年1月13日閲覧。
  35. ^ SALLiA (2023年1月16日). “Colabo問題で強まるフェミニストへの風当たり ひろゆきのツイートで擁護派との対立先鋭化”. 日刊ゲンダイ. 2023年1月16日閲覧。
  36. ^ Colabo「バスカフェ」に相次ぐ妨害 活動再開も先行き不透明”. 毎日新聞 (2023年5月1日). 2023年5月16日閲覧。
  37. ^ a b c 中山美里『実話BUNKAタブー 2023年7月号』コアマガジン、2023年5月16日、130-133頁。 
  38. ^ a b 白川司 (2023年2月9日). “「フェミニズムは大嫌いで、巨乳キャラは大好き」日本社会でジワジワと存在感を増す"萌え系保守"の正体”. プレジデント社. 2023年2月11日閲覧。
  39. ^ 山本一郎 (2023年2月17日). “「公金チューチュー」と弱者保護の皮をかぶった活動家を巡る予算分捕り合戦”. 日本ビジネスプレス. 2023年2月17日閲覧。
  40. ^ 世界 2023年6月号』岩波書店、2023年5月8日、77頁。 
  41. ^ a b c 仁藤夢乃 Yumeno Nito”. ツイッター (2024年2月6日). 2024年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月6日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g 暇空茜氏から提訴された名誉毀損訴訟、当方勝訴。地裁判決を公開します。(該当ページpdf参照)”. note (2024年2月6日). 2024年2月6日閲覧。
  43. ^ a b 小川たまか (2023年1月22日). “女性支援団体「Colabo」への批判・中傷 監査結果でさらに激化”. 週刊金曜日. 2023年1月22日閲覧。
  44. ^ himasoraakaneのツイート(1617011036107988994)
  45. ^ himasoraakaneのツイート(1651462268444643329)
  46. ^ himasoraakaneのツイート(1651462085027700737)
  47. ^ himasoraakaneのツイート(1609724678515601409)
  48. ^ himasoraakaneのツイート(1616294972940251136)
  49. ^ himasoraakaneのツイート(1651462268444643329)
  50. ^ 森奈津子『人権と利権 「多様性」と排他性』鹿砦社、2023年5月23日、35頁。 
  51. ^ himasoraakaneのツイート(1603256023124701184)
  52. ^ himasoraakaneのツイート(1667027216834895873)
  53. ^ himasoraakaneのツイート(1667074285826084864)
  54. ^ 【弁護団声明】Colaboによる若年女性の居場所事業への、深刻な憎悪犯罪(ヘイトクライム)に対する抗議声明”. Colabo. 2023年12月16日閲覧。
  55. ^ 【弁護団声明】Colabo関係者及びColabo弁護団に対する攻撃についての弁護団声明”. Colabo. 2023年12月16日閲覧。
  56. ^ 暇な空白 (2022年12月14日). “Colaboの件について意見表明”. note. 2023年12月22日閲覧。
  57. ^ himasoraakaneのツイート(1602969085117370370)
  58. ^ himasoraakaneのツイート(1602974423933681665)
  59. ^ himasoraakaneのツイート(1602979516892479488)
  60. ^ himasoraakaneのツイート(1669292321593262080)
  61. ^ himasoraakaneのツイート(1669294237530337281)
  62. ^ himasoraakaneのツイート(1669561603577233408)
  63. ^ himasoraakaneのツイート(1681064607941804032)
  64. ^ himasoraakaneのツイート(1600883381088067585)
  65. ^ himasoraakaneのツイート(1603272301688279040)
  66. ^ 暇な空白 (2022年10月19日). “バスカフェ切り裂き被害を検証してみる”. note. 2023年12月17日閲覧。
  67. ^ 暇な空白 (2022年10月29日). “謝罪します。Colaboバス傷仁藤夢乃さんの真相が判明しました”. note. 2023年12月17日閲覧。
  68. ^ Taka (2023年1月12日). “仁藤夢乃さんが代表のColabo問題で…… 渦中の暇空茜さんが有本香さん・百田尚樹さんのYouTube番組「あさ8」に電話で生出演”. ガジェット通信. 2023年1月21日閲覧。
  69. ^ Colaboはネオジオン? 百田尚樹の番組で暇空茜が壮絶な『ガンダム』トーク”. 日本ジャーナル出版 (2023年1月19日). 2023年1月21日閲覧。
  70. ^ a b 「私の体を切り付けられる思い」少女支援団体の仁藤夢乃さん、「生活保護ビジネス」と投稿の男性を提訴”. 弁護士ドットコムニュース. 弁護士ドットコム株式会社 (2022年11月29日). 2023年1月10日閲覧。
  71. ^ a b 【ご報告】Colaboとその代表仁藤夢乃に対する深刻な妨害に関する提訴記者会見を行いました。”. Colabo (2022年11月29日). 2023年1月10日閲覧。
  72. ^ 虐待・性搾取被害少女を支援する仁藤夢乃氏らが大量の悪意のデマ記事で「サイバーハラスメント」を繰り返す男性を提訴!~11.29 Colabo(若年女性支援団体)とその代表仁藤夢乃に対する深刻な妨害に関する提訴記者会見 2022.11.29”. IWJ (2022年11月29日). 2023年1月15日閲覧。
  73. ^ a b フェミニスト仁藤夢乃氏による女性支援団体Colaboの会計に物申した富裕オタク=暇空茜の主張”. 実話BUNKAタブー (2022年12月22日). 2023年1月10日閲覧。[リンク切れ]
  74. ^ a b c d e f g h i 小川たまか (2023年9月5日). “暇空茜氏、のりこえねっとを訴えた裁判で敗訴 「不法行為」との主張認めず”. 週刊金曜日. 2023年9月6日閲覧。
  75. ^ a b 暇な空白 (2023年1月29日). “弁護士を3人提訴しました”. note. 2023年2月4日閲覧。
  76. ^ 「Colabo問題」がトレンド入り 東京の発表に注目集まる”. 産業経済新聞社 (2023年1月4日). 2023年1月7日閲覧。
  77. ^ 新田哲史 (2022年12月24日). “小池都知事の記者会見でColabo問題スルーの事情……ついでに国政復帰はあるのか?”. SAKISIRU. 2023年1月7日閲覧。
  78. ^ “コラボ騒動”がもたらす影響に大空幸星氏「このままでは社会にとって損失だ」「上の世代には本当に変わって欲しい」”. ABEMA TIMES (2023年1月11日). 2023年1月11日閲覧。
  79. ^ 女性支援団体Colaboの会計に不正はなし”. ニューズウィーク (2023年3月20日). 2023年3月26日閲覧。
  80. ^ 「Colabo」めぐる住民監査請求 経費精算が一部不当 東京都に再調査指示 監査委員 請求の大半は退ける”. 東京新聞. 東京新聞 (2023年1月4日). 2023年1月4日閲覧。
  81. ^ 東京都監査委員 (2022年12月28日). “東京都若年被害女性等支援事業について当該事業の受託者の会計報告に不正があるとして、当該報告について監査を求める住民監査請求監査結果” (PDF). 東京都. 2023年1月13日閲覧。
  82. ^ 有本香 (2023年1月6日). “ネットで大騒ぎ「Colabo問題」めぐる税金の不適切な使われ方 国は〝弱者ビジネス〟助長させる「困難女性支援法」を見直せ”. 産経デジタル. 2023年1月7日閲覧。
  83. ^ 都監査委員、再調査を勧告 都事業受託した女性支援団体の会計”. 朝日新聞 (2023年1月4日). 2023年1月7日閲覧。
  84. ^ Colabo巡る住民監査、請求人の男性「結果に不服、住民訴訟を提起」”. 産経新聞 (2023年1月21日). 2023年1月21日閲覧。
  85. ^ デイリー新潮編集部 (2023年3月15日). “「Colabo問題」“8000万円カンパ法廷闘争”がスタート 仁藤夢乃氏につきまとったYouTuberには接近禁止命令”. デイリー新潮. 新潮社. 2023年3月21日閲覧。
  86. ^ 「東京都若年被害女性等支援事業について当該事業の受託者の会計報告に不正があるとして、当該報告について監査を求める住民監査請求監査結果」における監査委員の勧告に基づき講じた措置について(別紙)” (PDF). 東京都監査委員 (2023年3月3日). 2024年1月27日閲覧。
  87. ^ 「Colabo」女性支援事業 東京都が経費の一部190万円認めず”. NHK (2023年3月3日). 2023年3月3日閲覧。[リンク切れ]
  88. ^ 「Colabo」192万円分の経費認めず 都の再調査結果 委託料の返還請求はなし”. 東京新聞(共同通信) (2023年3月3日). 2023年3月3日閲覧。
  89. ^ 3団体も委託料返還生じず 東京都の女性支援事業 | 共同通信”. 共同通信 (2023年4月21日). 2023年4月22日閲覧。
  90. ^ 住民監査請求結果(令和5年受付分)”. www.kansa.metro.tokyo.lg.jp. 2023年4月22日閲覧。
  91. ^ 住民訴訟を3件提訴しました”. 2023年7月4日閲覧。
  92. ^ 「暇空茜」名乗る自称ユーチューバーを書類送検 Colaboの名誉毀損容疑”. 産経ニュース. 2024年2月16日閲覧。
  93. ^ 【独自】一般社団法人「Colabo」の名誉を毀損か 自称ユーチューバーの41歳男性を書類送検”. TBS NEWS DIG. 2024年2月17日閲覧。
  94. ^ 「Colabo」への名誉毀損疑い 「暇空茜」名乗る男性を書類送検”. 毎日新聞. 2024年2月17日閲覧。
  95. ^ 「暇空茜」名乗る男性を書類送検 女性支援Colaboを中傷疑い”. 共同通信. 2024年2月19日閲覧。
  96. ^ Colaboをブログで中傷の疑い、「暇空茜」名乗る男性を書類送検”. 朝日新聞デジタル. 2024年2月19日閲覧。
  97. ^ a b のりこえねっとから不当な著作権侵害申し立てを受けました”. 2023年9月12日閲覧。
  98. ^ himasoraakaneのツイート(1604501526751645696)
  99. ^ himasoraakaneのツイート(1610546943339659264)
  100. ^ のりこえねっと(代表:上野千鶴子さん)を提訴しました”. 2023年9月12日閲覧。
  101. ^ a b 東京地方裁判所 令和4年(ワ)第70126号損害賠償請求事件
  102. ^ a b Colabomamorukaiのツイート(1694658127822798888)
  103. ^ Colabomamorukaiのツイート(1694658656061866380)
  104. ^ himasoraakaneのツイート(1703720739952799966)
  105. ^ のりこえねっと訴訟 判決”. 2023年9月12日閲覧。
  106. ^ Colabomamorukaiのツイート(1694635363963424885)
  107. ^ 令和5年(ワ)第831号
  108. ^ 暇空茜のツイート:伊藤和子弁護士を訴えた訴訟ですが、小倉先生を非難する目的で指摘したにすぎないから、社会的評価が低下するとまでは言えない、よって棄却とのことです。 弁護団と検討しましたが控訴します!引き続き対戦よろしくおねがいします”. X. 2024年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月11日閲覧。
  109. ^ 「暇空茜」氏を提訴しました。|伊藤和子(弁護士)KazukoIto 東京・神楽坂”. note(ノート) (2023年11月1日). 2024年2月10日閲覧。
  110. ^ 伊藤和子弁護士⑥別訴(原告伊藤和子)|暇空茜”. note(ノート) (2024年1月27日). 2024年2月10日閲覧。
  111. ^ 【完全勝訴】「暇空茜」こと水原清晃により提起された訴訟の判決に関するお知らせ”. note.com. 2024年2月28日閲覧。
  112. ^ 【暇アノン懺悔録】「暇アノンの姫」だった40代男性(1)(小川たまか) - エキスパート”. Yahoo!ニュース. 2023年11月7日閲覧。
  113. ^ a b Xに投稿の取材メモ 子会社派遣スタッフが提供 NHKが会見で謝罪”. 朝日新聞デジタル. 2024年2月4日閲覧。
  114. ^ himasoraakaneのツイート(1729381580907725254)
  115. ^ 【NHK情報漏洩問題】元職員が明かす!事件後の「NHK幹部の対応」と「根本的原因」『抜本的な対策を行わない限り、また何度でも繰り返すでしょう』”. 現代ビジネス. 2024年2月4日閲覧。
  116. ^ 元NHK職員が明かす…「暇空茜」氏への「情報漏洩問題」の報じられない「裏側」〈TBS「オウム真理教ビデオ問題」に匹敵する不祥事〉”. 現代ビジネス. 2024年2月4日閲覧。
  117. ^ 「暇空茜」にNHKの取材メモを流出させた犯人は子会社の30代派遣「テロップ係」だった 「年間100人くらい辞める、終わっている会社なので」(デイリー新潮)”. デイリー新潮. 2024年2月4日閲覧。
  118. ^ himasoraakaneのツイート(1737285062604034480)
  119. ^ 但馬オサム (2023年1月14日). “アンチ「フェミニズム」ですが、何か? 目からビーム!”. 八重山日報. 2023年1月20日閲覧。
  120. ^ 仲正昌樹、塩野谷恭輔『宗教を哲学する 国家は信仰心をどこまで支配できるのか』明月堂書店、2023年7月25日、15頁。ISBN 978-4903145785 
  121. ^ 銀色夏生『きれいな気分、軽い感情。 つれづれノート 44』KADOKAWA、2023年10月24日、25頁。ISBN 978-4041141106 
  122. ^ 鳥海不二夫 (2023年1月4日). “女性支援団体Colaboの炎上分析”. Yahoo!ニュース. 2023年1月13日閲覧。
  123. ^ 2023年「不祥事」ランキング1位は? 「法律的な話題多かった」弁護士が振り返る10大“ワースト”ニュース”. 弁護士JPニュース. 2024年2月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]