タッチの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タッチ (漫画) > タッチの登場人物

タッチの登場人物(タッチのとうじょうじんぶつ)では、あだち充原作の漫画アニメ作品『タッチ』に登場する架空の人物について扱う。

担当声優は、特別記載がない限りはテレビアニメ版の声優。

主な登場人物[編集]

上杉 達也(うえすぎ たつや)
声 - 三ツ矢雄二(幼少時代 - 小宮和枝) / 演 - 岡本健一(ドラマ)、斉藤祥太(映画)、渋谷龍生(映画・少年時)
本作の主人公。和也の双子の兄。
上杉 和也(うえすぎ かずや)
声 - 難波圭一(幼少時代 - 深見理佳) / 演 - 岡本健一(ドラマ)、斉藤慶太(映画)、渋谷樹生(映画・少年時)
達也の双子の弟。1968年6月16日生まれで双子座のAB型。
世評では「天才」とされ、また、才能・実力にも恵まれたが、本物の天才である兄・達也とは対照的で、ひたむきな努力家で負けず嫌い。性格は何事にも慎重で気を使い過ぎるほど使う。優しい性格だが、内に秘めた情熱や意志は強く、こと野球に関してはストイックで妥協を許さず、自分にも他人にも厳しい。いい加減でだらしのない両親からは「孝行息子」ともてはやされる反面、まったく手がかからず甘えないせいで戸惑われる。達也曰く、寂しがり屋。髪型以外は達也と全く見分けがつかないが、常に表情が引き締まっており二枚目とされる。成績優秀、スポーツ万能で野球部のエースでもあるため非常にモテる。原作では「僕」「俺」の一人称を場面によって使い分けており、やや「俺」の使用頻度が高いが、アニメ版では「僕」の使用頻度が高い。クラシック音楽が好き。
小学生時代に南が抱いた「母校が甲子園に行く」という夢を叶えるために野球部に入り、日夜練習に励み優れたピッチャーとなる[1]。明青学園中等部1年生時点から、野球部のエースとして幾度も野球部を勝利に導いており、高等部進学前から当時野球部の中心的存在だった黒木から注目されていた。また、中等部1年当時は、野球部員全員が和也の投げる球にかすりもしない状態であったが、和也の球に初めてバットを当てたのは兄の達也だった。また中学3年時の草野球の試合ではまぐれとはいえホームランを打たれている。
高校進学後も、1年生ながら明青学園野球部のエースとして活躍。夏期甲子園予選準決勝では、好投手・寺島を擁する西条高校に対し、寺島が完全試合目前と、息詰まる投手戦の末、自ら決勝サヨナラタイムリーを打ち、チームを決勝へ導く。和也は、この試合、チーム打率で1割以上も上回る西条打線から18三振を奪っており、新田明男は2年後の達也との決勝を前に和也の最高のピッチングだったと南に語っている。寺島はこの試合の後「甲子園でも優勝できる」と和也を評したが、予選決勝の朝、球場へ行く途中、子供を庇ってトラックにはねられ、病院へ搬送されるもそのまま死亡した[2]
兄の達也が自分のために三枚目を装ったり、子供っぽく振る舞ったり、わざと南を怒らせる真似を続けていたことを理解していた。そうした達也の優しさを理解する一方で、小さい頃から南が達也のことをひそかに想い続けていることにも気づいている。達也が南と和也をくっつけようと躍起になるほど、南の気持ちが達也に傾くことに対してジェラシーを感じるようになり、次第に南に対する愛情表現がエスカレートし、甲子園予選決勝に勝ったら南の父に婚約を申し込むとまで言っていた。他のことは人に譲る和也だが南のことだけは譲るつもりがなく、「アニキにも負けないよ」と宣言していた。
その死がそれぞれに与えた影響は大きく、特に南と達也の間には暗い影として横たわることになった。また、孝太郎と達也にとってもタブーとなっている。
浅倉 南(あさくら みなみ)
声 - 日高のり子(幼少時代 - 星野桜子) / 映画 - 浅倉亜季(ドラマ)、長澤まさみ(映画)、奈良瞳(映画・少女時)
本作のヒロイン。達也、和也と同じ年に生まれた幼なじみ(お隣さん)。

明青学園野球部[編集]

松平 孝太郎(まつだいら こうたろう)
声 - 林家こぶ平 / 演 - 平塚真介(映画)
明青野球部の正捕手。身長178cm。体重92kg。獅子座のA型。アンコ型の体格・強肩・鈍足の4番バッター(1年次には6番、2年次には3番打者)。先輩の黒木たちの代が引退してからはキャプテンを務める。中学時代から和也とバッテリーを組んでいたが、高校1年の夏に和也が他界してからは、その後野球部に入部した達也とバッテリーを組む。
和也に対しては、単なる野球のチームメイトを超えた親友として全幅の信頼を置いていた。和也が不慮の事故で亡くなった際には悲嘆に暮れる。一方達也に対しては中等部時代から馬が合わず、互いに『バカ兄貴』、『ブタまん』などと罵り合っていた。一方で野球の実力に関しては認めており、草野球の助っ人をした際は和也に変化球で勝負した方が良いと助言した。また名前もよく間違われ、達也から「エータロー」、南からも「コタロー」と言われている。
和也の死後、達也が黒木の意向で野球部に入部したことに真っ向から反発。和也の思い出にすがるあまりに達也に対し冷たい態度を取り続ける。しかし、達也の実力は認めており、野球部入部がきまぐれではなく、本気とわかってからは徐々に心を開く。元々お人好しでお調子者な性格で、達也のぶっきらぼうな態度に隠された優しさや、努力に裏打ちされた成長に気付き文字通りの「相棒」となる。達也を呼ぶときも当初は「上杉」であったが親交を深めるにつれ「達也」と和也と同じように名前で呼ぶようになった。[3]須見工戦での勝利時、感極まってマウンドに駆け寄った際にはたき込みされるなど素直ではない達也からはなにかとぞんざいな扱いを受ける。
経験不足な達也を引っ張っていかなければならなかったことがキャッチャーとしての孝太郎を一回り成長させた。サイン通り構えたミットに寸分違わず投げ込む和也とは異なり、荒れ球で重い球質であるため捕球にも苦労。明青ナインでは他に達也の球を捕れるキャッチャーはおらず、吉田剛の転校後は控えピッチャーもいないため、達也か孝太郎のいずれかが負傷すれば敗退が決定するという一蓮托生の状況となる。柏葉英二郎が監督代行となり南が野球部マネージャーを下ろされてからは、文字通り女房役として達也を支えていくと同時にキャプテンとして様々な問題を抱えた明青野球部を牽引。柏葉の策略でキャッチャーフライの練習中に肩を負傷した際も、達也は情けをかけることなく本気で投げ込みコールドゲームで試合を終わらせる。打撃面でも佐田商に編入した吉田からは格の違いを見せつけるように場外ホームランを放ち、決勝戦・須見工業高校との一戦で本塁打を含む2安打2打点を記録する等の活躍を見せた。達也の底知れぬ実力は計りかねているところがあった。
甲子園出場を決め、目標を見失った達也から禁句である「俺と和也とどっちが好きか?」と問われたときには激怒。だが、このことが踏ん切りとなって達也は南に告白した。亡くなった和也に対する思い入れは別格で、達也がどれほどの実力をつけても決して比べなかった。また、原田と同様に南に失恋している。
『Miss Lonely Yesterday』では家業の関係(酒屋)で大学に進学しなかったらしいが、家業を手伝う傍ら、恩師・西尾監督の下、母校・明青野球部のコーチも務めている。原田の前で語った肩書きは『松平酒店取締役兼明青野球部コーチ』 小説版(甲子園出場から20年後の世界)では、とある高校の弱小野球部の監督に就任している。原作では、達也が放り投げた学生服からマンホールに落ちた500円硬貨を雨の中拾おうとした翌日、風邪で寝込んだ回に息子同様、恰幅の良い体格の母親のみ登場するが、原作に登場する自宅は酒屋ではなく一軒家。
『Cross Road』で達也が所属していたチームには松平と同じ捕手で同じ体格の『ニックキャンディ』という選手がいて、共にオーナー宅の離れに下宿している(下記のパンチ同様、アフレコ担当は当時の林家こぶ平)。
柏葉 英二郎(かしわば えいじろう)
声 - 田中秀幸(中二時代 - 鳥海勝美
明青野球部OBにして西尾監督が病気療養中の明青野球部代理監督。五分刈りの頭髪に口ヒゲ、サングラス、練習中は常に竹刀ビールを手放さず、指導者というよりはヤクザチンピラといった風体。過去のいきさつから明青野球部に恨みを持っており、「自分が果たせなかった夢」を「復讐」と位置づけ、達也ら現野球部員に過酷な練習を課す。眼に病を抱えている。明青野球部員からは「鬼監督」と呼ばれ、新体操部員からは「ヤクザ監督」と呼ばれている。原田正平の叔父と同級生だった。
達也らが高等部3年時の春、過労で倒れた西尾監督の推挙により代理監督に就任。しかし実際に西尾監督が推挙したのは英二郎の兄・英一郎の方であり、手違いでの就任であった。3歳年上の兄・英一郎があまりにも才能に優れ親の愛情を受けているせいで嫉妬からグレて中学時代は不良として素行が悪かった。しかし、中学3年生のときにはワル仲間と手を切り、心を入れ替えて練習に打ち込むようになっていた。英一郎が高3・英二郎が中3の時に起こった「英一郎のバイク事故」を英二郎が身代わりをしたことが発端となり、英二郎が高校に入学したあとに野球部部員からイジメを受け、退部に追い込まれる。また、現在は兄嫁となっているガールフレンドも兄に盗られた。そうした経緯から自暴自棄な性格となり、明青野球部に恨みを持つようになる。
就任後は、西尾監督が入院中で不在であり、就任の条件として学校側に一切の口出しをしないことを約束させていたため、「他校のエース(西村)を竹刀で殴り負傷させる」、「拷問に近いシゴキを加える」、「昼間のグランドでも平然と飲酒をする」、「西尾監督の承認を得て新体操部と掛け持ちしていたマネージャーの南を独断で退部させる」、「卒業生から寄贈されたピッチングマシンや道具を自らの手で焼却する」、「甲子園予選で体力・野球技能共に部内で最も劣っている佐々木を先発投手に起用し、コールド負け寸前まで追い込む」など、明青野球部に対する復讐のため次第にその横暴さをエスカレートさせていく。
しかし、西村勇のカーブを見切ったり、達也と対戦した際には見事なバッティングやピッチングを見せるなど、野球に関しては確かな技術と才能を誇る。また部員に課した過酷な練習は、かつて自分を冷遇した野球部への復讐という目的があったものの、野球に対する情熱の屈折した表れでもあり、結果的には部員たちの飛躍的な成長を促すこととなった。
準決勝で明青の快進撃に駆け付けた島の口からイジメは弟の才能を妬み、万に一つも甲子園出場などということが起きないようにするため、英一郎の指示で行われたことだと発覚。予選決勝戦前日に復帰した西尾から遠回しな謝罪の言葉と共に正式に決勝戦の指揮を任される。[4]
病による視力の低下の進行で本人の意識が変化したことに加え、数々のしごきにも負けない部員たちの成長と確かな手応え、孝太郎ら部員たちの全幅の信頼と事情を知ってなお柏葉に期する達也。なにより土の匂いと白球の快音により少しずつわだかまりを解き、徐々に指導者としての意識が芽生える。前述の事情も手伝い、須見工戦では失明状態にもかかわらず、選手の特徴を把握し相手の隙をつく見事な采配を終盤で見せ、勝利に導いた。
また「出来の良い弟(兄)」と「出来の悪い兄(弟)」の相克というテーマにおいては、達也のアンチテーゼともいうべき人物であり、和也に対して少々複雑な感情を抱きながらも一貫して親愛の情を持つ達也を敵視し、和也に対する達也の想いに度々負の面から問題を投げかけた。そんなやりとりもあって、皮肉なことではあるが、柏葉の内面を最もよく理解していたのは一番敵視していた達也であった。
決勝戦後は、病院に担ぎ込まれる。「和也」という目に見えない呪縛に囚われていた達也と明青学園ナインにとって余計なことを考える暇も与えない柏葉のシゴキは揺るぎない自信へと繋がっていった。そのことへの感謝を込めて、「リンゴ」と称して須見工戦のウィニングボールを手渡される。また、手術直前には達也のはからいで明青ナインからエールが送られる。その後は視力を取り戻し、無事退院した。
劇場版では復讐の内容が明青野球部を甲子園に連れていくという夢をかなえるためのようなシーンがいくつかある。
強面の風貌だが、グラウンド内に棲みついていたノラ犬を西村が箒で追い払おうとした際、竹刀で顔面を殴りつける場面があり、懐かれているような節があるが、対照的に本人の話では兄の英一郎はイヌとの相性が悪いらしく、逆に敵対心を燃やすような描写がある。柏葉曰く、「盲導犬の代わりにはならない」と話しており、その後の描写はないが、柏葉の入院中は部員が代わる代わる世話をしていたらしい。
新田 由加(にった ゆか)
声 - 冨永み〜な
須見工の新田明男の妹。達也・南らが高等部3年生時の明青学園野球部1年生マネージャー。初登場時は中学3年生。ポニーテールが似合う美少女ではあるが、かなり気が強く、合気道の心得がある(二段)ためケンカも強い。上級生のヤンキー女もKOしている。達也に惚れており、南を恋敵として強烈なライバル心を燃やす。男子には人気があるが、南と違い、女子からの評判は頗る悪い。
当初は、『天才打者』と評され外見も端整な兄・明男にブラコンを抱き他の男たちは遊び仲間と割り切っていたが、明男がライバルと認める達也に興味を持って近づくうち、川で溺れかけていたところをランニングで通りかかった達也に助けられたことがきっかけで恋心を抱くようになる。明男には「(須見工野球部の)スパイとして明青に入る」と言い訳をしながら、その実、達也を慕って明青学園高等部に入学。野球部マネージャーとなる(この言い訳に対して明男は「ウチの監督と同じだ。嘘が下手だ」とあしらっている)。
柏葉英二郎が明青野球部の監督代行となり南がマネージャーを下ろされてからは、唯一のマネージャーとして機敏に取り計らい、猛烈な柏葉のシゴキを緩和させる要領の良さも見せた。お嬢様育ちのせいか料理をしたことがなく下手。野球部合宿中に作った食事にはほとんどの部員が少し口にしただけで残し、集団脱走して「南風」で空腹を満たすという屈辱を味わう。ただ、不器用なだけでひたむきな努力家であるという一面を見せることになり、達也の言葉にほだされて手にした恋敵である南のレシピで料理を作り、「南風」が定休日だという達也の嘘でイヤイヤ食膳についた孝太郎たちを納得させる。
気が強く、中学時は兄・明男以外の人物には不遜な態度で接していた。当初は達也も例外ではなかったが、明青学園に入学してからは一変して甘えた態度で積極的なアプローチを計っている。南に対しては達也をめぐる恋敵としてことあるごとに挑発的な態度を取っている。達也に対する想いは一途であり、打球が当たって負傷した脚の痛みを我慢して達也とのデートに赴いたこともあった。また達也が高校3年時の夏の全国高校野球選手権東京予選の決勝、兄・明男と達也の最後の勝負の際には、あまりの緊張感のため途中から勝負を直視できなくなるといった繊細な面も見せた。このような健気な一面に加えて茶目っ気もあるため、達也は少々疎ましく思いながらも憎からず思っていたようである。南にしても彼女に対しては子供っぽく意地を張ったり感情を露にすることが多く、良きケンカ友達といった様相である。
反面、男の純情を茶化すような放言があり、通り魔から由加を庇おうとして身を挺し負傷した佐々木に対し「厄介払いが出来てバンバンザイ」などと心にもないことを言って達也から叩かれそうになったり、準々決勝で無念の敗退をした西村がマウンドで大声で泣いたと嘲笑し、達也からプールに突き飛ばされている。
達也からは恋愛対象として相手にされていなかったが他の男子生徒たちからはモテていたようで、クラスメイトで野球部の佐々木から想いを寄せられているが、達也一筋のため全く相手にはしていない。また、吉田剛が明青学園在籍時に当時中学生であった彼女に気があったような節も見受けられ、敗退して落ち込んでいる姿を見たときには偶然を装って「ファイト」と声をかけるなど根は優しい。
佐々木(ささき)
声 - 難波克弘石田彰(Miss Lonely Yesterday)
達也が3年のときに、1年生として野球部に入部。進学校の他校を受ける予定だったが由加に惹かれて明青に入学した。
学級委員長で成績も優秀。運動神経はほとんどないが、佐々木以外の1年生部員は柏葉英二郎の猛練習に耐えられずに退部したのに対し、佐々木は唯一残った部員である(達也や孝太郎は佐々木が最初に退部すると予想)。
甲子園予選1回戦では先発投手として登板した結果、滅多打ちにあってしまう(7回17失点)。柏葉監督代行曰く「誰でも打てますよ」のレベル。ただし、甲子園出場決定後の練習で打撃投手を務めていたところ、復帰した西尾監督に「面白い球を投げる」と言われた。
上記の試合では背番号「18」を背負っていたがその後、食事の手伝いをしたり、後述のケガによってベンチ入りメンバーから外れ、大会途中からはスタンドで由加と観戦している。その一方で須見高や佐田商等の対戦校の詳細なデータを集めており、決勝戦ではそのデータをもとに柏葉代行が須見高のエース・佃を攻略する策を選手たちに授けることに繋がった。
由加を通り魔から庇い名誉の負傷を負う。それまで「委員長」と呼ばれ続けていたが心配した由加から「佐々木くん」と呼ばれる。この件は元はと言えば達也の家に由加が押しかけたのをたまたま目撃し二人の間になにかあるのではと見張っていて起きた。事情を聞いた達也からは根性を買われ、真剣に応援されるようになる。また、後に明男からも感謝を述べられている。
なお、マガジンVSサンデーのカードゲームにも採用されている。
西尾 茂則(にしお しげのり)
声 - 北村弘一
野球部監督で佐知子の父親。学校の好意で長く監督を続けており、10年以上前の卒業生である柏葉兄弟も教え子に当たる。達也らが卒業した後の『Miss Lonely Yesterday』でも引き続き、野球部監督を続けている模様だが、原作、前作に比べ、やや高齢に描かれている。
選手の才能を見る力を持っているが基本的には凡庸な人。柏葉兄弟の確執や英二郎への先輩部員による陰湿なイジメ(兄の英一郎も関わっている)を見抜けなかった。
入院後、監督代行を兄の英一郎ではなく間違えて英二郎に依頼していた。その後、監督をしているのが英二郎だと知った上で「ワシのせいで何人の部員を潰してしまったのだろうか…今必要なのは本物の監督だ」と彼に気持ちを伝え、自責の念や英二郎の才能を信じて決勝戦を見守った。その後、柏葉の退任に伴い監督に復職している。何故か、劇場版「3」では決勝戦観戦のため、球場に行こうと着替えている最中、入院していた病室にあったラジオ実況を聴いて、初めて、自身が監督を依頼したのが「名キャプテン」の誉れ高い、英一郎ではなく、英二郎である事に気づくような表情を見せている。
なお、須見工監督の上村とは同い年で、高校・大学と一緒だった同窓生でもある。その間、ライトのポジションを巡って熾烈な争いを繰り広げたものの、ほんのわずかな実力差でレギュラーにはなれなかったらしい。上村によると、学生当時は食事前に箸を舐め回す癖があったという。また、昔は金歯があったらしい。
黒木 武(くろき たけし)
声 - 塩沢兼人 / 演 - 上原風馬(映画)
野球部主将。和也が入部するまではエースで4番だったが、和也と対戦した時にサードへ転向する(打順は変更なし)。和也らが入学した当時から2年生ながらキャプテンの片桐を差し置いてチームを牽引していた(劇場版「背番号のないエース」では下記の片桐ではなく、黒木が主将)。達也については、中等部時代は「出がらし」の伝聞を信じ、達也の才能を見抜いた佐知子に疑問を呈していたが、和也の死後、達也が投じた驚異的な速球を目の当たりにしボクシング部から達也を引き抜く(実際は有名人のサイン色紙との交換トレード)。
原作では卒業後姿を見せないが、アニメ版では恋人の佐知子と共に決勝戦を見守っている。なお、明青学園へは高等部からの入学で、中等部からの進学者ではない。中学時代に西尾監督から必死に明青学園入学を口説かれてのものだが、その決断の陰には西尾の娘である佐知子の存在が噂されている。
西尾 佐知子(にしお さちこ)
声 - 鶴ひろみ
西尾監督の娘で野球部マネージャー。黒木とは恋人同士。達也の才能を見抜いており(とは言うものの当初は和也と間違えたのが発端)、達也の潜在能力を開花させるため野球部入りを熱心に口説いていた。原作では卒業後姿を見せないが、アニメ版では恋人の黒木と共に決勝戦を見守っている。
広瀬 幸男(ひろせ ゆきお)
達也と同学年の野球部員。ポジションはファースト。打順は2年次は8番、3年次は5番。長打力があり、流し打ちも得意としている好打者だが、精神的に甘いところがある。低めの変化球を打つのが得意(由加のメモでの述懐)。作中では数少ない左投げ左打ち。背番号3番
久保田 高志(くぼた たかし)
達也と同学年の野球部員。ポジションはセカンド。打順は6番。しぶとく粘り強いバッティングが持ち味だが、正面の打球の処理に難あり。初球はどんな球が来ても必ず見送る。背番号は4番
長尾 光記(ながお こうき)
達也と同学年の野球部員。ポジションはサード。打順は7番。由加には「さしたる特徴なし」と評された。柏葉監督の指示に従い、右方向への流し打ちをずっと心がけていたところ、念願の初ホームランを放った。足が遅く、柏葉監督には「鈍足」と言われていた。背番号5番
中嶋 信吾(なかじま しんご)
達也の一学年下の野球部員。ポジションはショート。打順は9番。堅実な守備とは対照的に、打撃はあまりよくないらしい。背番号は6番。達也の三年次のスターティングメンバーで唯一の下級生レギュラー。目立ったシーンは少ないが、原作の須見工との決勝戦終盤、柏葉の「変化球中心に責めるので3球目を狙え」のアドバイスを間違え、「2球目」を打ってしまったが、打球処理を誤った須見工のファースト・大熊のエラーを招き、後半の逆転勝利を演出する結果になるが、劇場版『3』では、久保田のファーストゴロ処理を大熊が後逸している。
丸山 一夫(まるやま かずお)
声 - 西尾巧
達也と同学年の野球部員。ポジションはレフト。打順は1、2年次は9番、3年次は2番。顔に似合わず器用なバッティングを得意としている。内角の球がかなり苦手だったが、佐田商戦では吉田が投げた内角の球からヒットを放っている。背番号は7番
工藤 眞民(くどう しんみん)
声 - 久保田雅人
達也と同学年の野球部員。ポジションはセンター。打順は1番。足はかなり速いのだが、トップバッターにしてはやや大振りが目立つ。落ちる変化球が苦手だったが、佐田商戦では吉田が投げた落ちる変化球からヒットを放っている。背番号は8番
池田 孝行(いけだ たかゆき)
達也と同学年の野球部員。ポジションはライト。打順は8番。長打力はそこそこあるらしいが、それを見たものはほとんどいない。スタメンの中で、松平からただ一人だけ名前を覚えてもらえていなかった。決勝戦・須見工業高校戦では2安打1打点の活躍、背番号9番
片桐(かたぎり)
声 - 佐藤正治
和也が入学したときのキャプテン。キャッチングもバッティングも良い捕手だが、肩が弱いため一塁手として試合に出場した。5番打者(決勝では和也不在のため3番)として活躍した。なお、原作で引退後と思われる時期に1度だけ達也のブルペン捕手を務めていたシーンがある。
その他の野球部員
榊(さかき)
片桐と同期、2番ライト
藤本 徹(ふじもと とおる)
黒木と同学年で和也の一年次から達也の二年次までトップバッターを務めた。センター。
大河原 学(おおがわら まなぶ)
6番ショート。
石垣 智博(いしがき ともひろ)
セカンドで二年次には2番バッター。達也の二年次、勢南との試合後半で松平に打順を抜かされる(しかも、勢南側から監督の指示を受けた控え選手のアピールにより、記録上は幻に終わったが、松平はこの場面で2ランを放っている)前年、和也が交通事故死した試合ではマウンドに立つ黒木に代わりサードを務める。
三原 修二(みはら しゅうじ)
和也の一年次、西条戦、パーフェクトに抑えられ、27人目に代打に起用され、寺島の完全試合を達成寸前で阻むホームランを放ち、寺島を打ち崩すきっかけを作った。また、決勝では7番に入り、レフトを務め、翌年からはレギュラーでライトを務めた。背番号は前年は「11」翌年からは9番。
都築(つづき)
和也が中3のときに北宮戦で怪我した和也の代わりにピッチャーをやった。
関口(せきぐち)
和也の一年次決勝で9番セカンド。
石田 友和(いしだ ともかず)
甲子園で背番号10番。
細川 賢一郎(ほそかわ けんいちろう)
同じく11番。
大橋 正広(おおはし まさひろ)
同じく12番。作中では達也の三年次、松平が練習中にファウルフライを追ってバットケースに激突し肩を打撲した後の試合前に、1シーンだけ達也の球を何球か受ける控えの選手として登場。
成田 裕二(なりた ゆうじ)
同じく13番。
島 博明(しま ひろあき)
同じく14番。
浅山 重勝(あさやま しげかつ)
同じく15番。
部長
声 - 亀山助清 / 演 - 山崎一(映画)
達也が3年生のときの高校野球地区予選で初登場。全校応援がない試合で、最低2名の引率者が必要なため急遽登場したもの。一般の部でいう顧問教師に当たる。野球に関して素人のため、監督(柏葉英二郎)が嫌がらせのために行う仕打ちへの適当な説明を鵜呑みに信じている。一応、勉強はしているようで、徐々に専門用語も使うようになる。名前は相川裕二郎。
なお、劇場版では2年次(第2作)まで別の女性教師(佐知子を別キャラに置き換えたもの)が担当していた。

須見工業高校[編集]

新田 明男(にった あきお)
声 - 井上和彦 / 演 - 福士誠治(映画)
須見工業高校の4番打者。高校球界きっての逸材で、アイドル的な人気を誇る天才スラッガー。会社経営者の長男であり、容姿端麗、冷静で温和な性格を持ち、学業の成績も優秀。和也が他界してからの本作において、野球・南をめぐる恋愛面それぞれにおける達也の事実上最大のライバル。妹は明青野球部マネージャーの新田由加。
中学時代は不良グループに在籍し野球とは無縁な生活をしており、原田とはその当時からの知り合い。原田曰く当時から大器の片鱗を伺わせるものがあったようである。またその頃の名残りなのか、よくオートバイに乗っている描写がある。当時の野球部に請われて助っ人の1番打者として和也と対戦するも3打席3三振。4打席目はまわってこない完全試合であった。それが彼にとっての初めての挫折であり、和也との再対決を目標に本格的に野球へ力を入れるようになる。そして叶った高校1年夏の甲子園予選決勝だったが、その当日の和也の事故死により再戦が叶わなかった。その後高校2年次に些細な偶然から達也・南と知り合う。投手として未完成ながらも和也に匹敵する才能を達也に見出し、和也との再戦という望みを達也に託すようになる。また南に対しては直接表に出さないものの恋愛感情を抱いており、南本人や達也を前にして度々思わせぶりな態度を取っている。加えて恋愛対象としてほぼ完璧なプロフィールを持っていることから、達也自身、恋愛のライバルとしても少なからず彼を意識していたようである。
自身の原点の延長である達也との勝負には特別な思い入れがあるようで、本調子ではない達也や達也に代わって先発した吉田の投球に対しては、あえて本来の実力を出さないような面もあった。しかし実力に思い上がっているというわけでは決してなく、連日家に帰る度に倒れ込むようなハードな練習を行い、手の平がボロボロになっている描写もある。高校3年春の甲子園決勝戦では自身のエラーにより敗退、準優勝に終わる。本人は「(甲子園に)忘れ物をしてきちまった」と後に振り返っており、以降、勝敗に対しても以前と比べて貪欲になっているようである。また普段は温厚だが、勢南高校の西村の挑発的な発言に対しては凄みを見せ付けることもあった。
原作では、2年次の練習試合と3年次夏の甲子園地区予選決勝で2度達也と試合で対戦。いずれも特大ホームランを打つ反面、三振に討ち取られており、投手と打者個人の勝負としては痛み分けに終わっている。特に地区予選決勝では延長10回、2アウト1打同点の場面で満を持して打席に立ち、本編最大の見せ場の1つを作った(この勝負で三振に討ち取られ、明青学園は甲子園行きの切符を手にすることとなる)。恋愛面に関しては、結局は南の想いを優先し身を引いた形になっている。アニメ版は単に身を引く格好になっているが、映画版ではなお南を想う形で描かれており、原作よりも南との関係を近づけているが、結局は南の一途な想いを優先せざるを得ない状況になった。
卒業後はプロの道に進まず、親の経営する会社へ進もうとしていることが原作版最終回に描かれている。『Miss Lonely Yesterday』『Cross Road』では大学に進学しており、そこでも4番打者として六大学野球に出場、活躍しており、プロのスカウトからも注目されている。
尾崎(おざき)
達也が1年の時の須見工の1番バッター。ファーストで背番号は3番。また、達也三年次の3番バッター。背番号2番。
富沢(とみざわ)
達也が1年の時の須見工の2番バッター。センターで背番号は7番。
野島(のじま)
達也が1年の時の須見工の3番バッター。ピッチャーで背番号は1番。
上村(うえむら)
達也が1年の時の須見工の4番バッター。背番号は5番。
横田(よこた)
達也が1年の時の須見工の5番バッター。背番号は8番。
大竹(おおたけ)
達也が1年の時の須見工の6番バッター。背番号は2番。
江口(えぐち)
達也が1年の時の須見工の7番バッター。背番号は4番。
白川(しらかわ)
達也が1年の時の須見工の8番バッター。背番号は9番。
三沢(みさわ)
達也が1年の時の須見工の9番バッター。背番号は6番。
森山(もりやま)
達也が3年の時の須見工の1番バッター。セカンドで背番号は4番。
中谷(なかたに)
達也が3年の時の須見工の2番バッター。センターで背番号は8番。
大熊(おおくま)
達也が3年の時の須見工業高校の5番バッター。ポジションはファースト。2年生ながらパワーだけは新田にも引けをとらず、彼の台頭で新田の敬遠がかなり減ったため新田からは感謝されている。決勝戦の試合中、調子の上がらない達也から2回連続ホームランをうつものの、達也が気持ちを切り替えてからは三振のみ。相手のピッチャーの切り替えに気がつかないことに、先輩である新田に「大熊、来年も5番を打つか」と言われる調子に乗りやすい場面が見受けられる。達也は試合前、松平の「新田も凄いが、大熊は新田以上に要注意人物」とのアドバイスに「あの顔は脇役だ」と言い放っている。タッチの続編『MIX』にも登場。
坂本(さかもと)
達也が3年時の須見工の6番バッター。背番号は6番。
佃(つくだ)
達也が3年時の須見工業高校のエース。左投げ。やや胸を突き出した投法。チームメイトである大熊のエラーに怒り動揺するものの、新田からのアドバイスで冷静さを取り戻し、その後のバッターを三振に取るという強い精神力をもつ場面が見受けられるが、決勝の試合終了後お互いの健闘を誓い握手をした後両チーム、お互いの応援席に向かう場面、表情こそ描かれなかったが、敗戦のショックもあり両脇を抱えられ、肩を落としながら、応援席へ向かっている。
若林(わかばやし)
達也が3年の時の須見工の8番バッター。背番号は9番。
金井(かねい)
達也が3年の時の須見工の9番バッター。レフトで背番号は7番。

勢南高校[編集]

西村 勇(にしむら いさみ)
声 - 中尾隆聖
勢南高校のエースで4番打者。右投右打、変化の大きいカーブを武器とする変化球投手で、達也のライバルの1人。新体操競技を始めてスターになった浅倉南に惚れ、南につきまとう。
本編には須見工の新田明男と時を同じくして登場。新田と同じく和也亡き後の達也の主要なライバルとなる。自信家で達也や新田には何かと挑発的な態度を取るが、惚れている南に対しては一変して愛想が良くなるお調子者な一面もある。典型的な二枚目ライバルとして描写されている新田とは対照的に、三枚目的なキャラクター付けがされており、特に新田がからむ場面においては不遇な扱いを受けることが多かった。移動はいつもロードレーサータイプの自転車であるが、転倒するシーンが多く描かれている。
投手としての実力は本物で、2年次の春季大会ではノーヒットノーランを達成している。ライバルからの偵察も拒まない上に、ライバルにアドバイスするという一面もあるが、短気で頭に血が昇りやすい。達也とは2年次夏の甲子園地区予選で初対戦。途中から振り出した雨の中激しい投手戦を演じ、様々なアクシデントがあったものの、明青学園を下している。しかし結果的に勝ったとはいえ、得意の内角高めのストレートにきた達也の剛速球には手が出せず悔しがっていた(チームとしても無安打に終わった)。この大会では決勝で須見工と対戦するも新田に打ち砕かれ、甲子園へは出場できなかったが、彼の実力は新田も認めるところとなっている。自身の投球に絶対の自信を持っており、新田さえいなかったら甲子園出場は勢南だと豪語する。柏葉監督からヘナチョコカーブと批判され、柏葉に打つためのコツを教えられた達也と1打席のみの勝負をしたことも。小学生の頃から変化球を投げ続けていたために肘を悪くしており、原作版では3年次夏の甲子園地区予選は準々決勝で負け、達也との再戦はなかった。新田の存在と三枚目的な立ち回りにかすみがちではあったが、達也とはライバルとして互いに認め合うようになっており、試合後達也の元を訪れ、激励と慰めの言葉を交わした(達也はこのとき西村を打ち崩した三光学院と準決勝で対戦。ノーヒット・ノーランを達成する)。達也と同様に真っ向勝負するタイプで敬遠の描写はなく、新田ですら敬遠をしていない[5]
試合で達也と対峙することは少なかったが、南目当てでことあるごとに達也や南の周りに登場。厚かましく南の実家である喫茶『南風』や明青学園に顔を出したり、休日前には南に電話をかけるなど積極的なアプローチを図っていたようである。しかし当の南は恋愛対象として相手にしていなかった。勢南のマネージャーとは幼なじみで恋愛感情を持たれており、彼女の心の中や2人だけの間は「勇ちゃん」と呼ばれている。南に比べると器量の悪い彼女に対して、「ブス」と罵ったり、人前で「西村君」と呼ばせたりとかなり酷い扱いをしていたが、準々決勝で三光学院に敗れてからは素直に彼女の想いを受け入れたようであり、明青と須見工の決勝戦観戦の際に彼女を「ブス」と言った男達をボコボコにしてさえいる(南に対し、「ボロボロに負けて初めて素直になれた」と語っている)。
『Miss Lonely Yesterday』ではプロ野球チーム「横浜マリナーズ」に入団し、新人王を獲得するなど活躍したが、2年目に高校時代に痛めた肘が再び悪化し最後は2軍戦でめった打ちに遭った末、引退を余儀なくされている。その際は背番号は23で、高校時代とは投法が異なるトルネード投法となっていた。タッチの続編MIXには勢南高校監督として登場しており、息子の西村拓味もピッチャーとして活躍している。
鈴子(すずこ)
声 - 小宮和枝
勢南高校のマネージャー。西村の幼馴染。西村を「勇ちゃん」と呼ぶ癖があり度々注意される。西村の事はいつでも影で支えており西村も「マネージャーだけは明青に完封負けだ」と述べるなど表では嫌っているが潜在的には頼っている面もある(原作では終盤・アニメ放送では最終回に2人で軽井沢に居るシーンがあることからも分かる。『Miss Lonely Yesterday』では2軍の最後の試合後に鈴子の前で号泣している)。なお、鈴子という名前はテレビスペシャルで初登場したもの。
上田(うえだ)
達也二年次の勢南の1番バッター。レフトで背番号は7番。
牧(まき)
達也二年次の勢南の2番バッター。ショートで背番号は6番。
岡部(おかべ)
達也二年次の勢南の3番バッター。背番号は3番。
野坂(のざか)
達也二年次の勢南の5番バッター。
小森(こもり)
達也二年次の勢南の6番バッター。背番号は4番。
山沖(やまおき)
達也二年次の勢南の7番バッター。背番号は2番。
村田(むらた)
達也二年次の勢南の8番バッター。背番号は9番。
滝沢(たきざわ)
達也二年次の勢南の9番バッター。背番号は8番。
池田(いけだ)
達也二年次の勢南の控え選手。背番号は14番。試合後半、松平が2ランを放った直後、監督の指示で主審に打順の間違いをアピールする場面に登場。

佐田商業高校[編集]

吉田 剛(よしだ たけし)
声 - 塩屋翼堀川亮
上杉達也に憧れ、1年途中から明青学園高等部野球部に入部。飼い犬のブルドッグの名前も「タツヤ」と名前を変えた。自室にも達也の初戦で投げている写真を写真部からもらい、引き伸ばして飾っている。上杉達也のストレート、そして西村勇のカーブを模倣した投球を身につける。新田明男との一打席勝負で(新田に打ち気が無かったとはいえ)勝利して以降、自分に自信を持ち達也を憧れからライバルへと見方を変える。この時から口調が丁寧語からタメ口に変わり、今まで君付けで呼んでいた達也を呼び捨てするようになった。上杉和也を軽視している節がある。須見工との練習試合では二巡目まで、ほぼ完璧に抑え、5イニング無失点。エースを達也から奪うべくエース決定戦を監督に申し込み、日程まで決定したが両親の都合で海外へ転校。物語から退場したかに見えたが、3年夏の都大会3回戦で佐田商の投手として再登場。明青の打者たちのクセを知っていることで、またも二巡目まで無失点(パーフェクト)に抑える。しかし三巡目になると通用しなくなり明青打線に捕えられ8回(アニメでは7回)コールド負けを喫する(原作は7回と0/3、アニメは6回と2/3を投げ共に7失点。それ以前は、1・2回戦で計4イニングを投げ無失点)。短期間で頭角を現し自信を持ったものの、ピンチに陥った際に元来の気の弱さが露呈し、パニック状態に陥って自信を失い打ち込まれてしまった。皮肉にも明青在籍時に西尾から指摘された「ガラスの自信」が見事に的中した形となり、西村にも「ストレートは上杉、変化球はこのオレのコピー、メッキが剥がれればただの小心者」と酷評される。新田由加に好意を抱いているような描写がいくつかあるが、特に進展はない。初登場時は白肌の優男風好青年だったが、後に熱血的な性格に一変し、さらに目つきの悪い褐色肌のキャラに変貌した。明青に敗北後、物語には登場していない。
なお、家の表札は「吉」の表記が『土』の下に『口』になっている。
矢田(やだ)
達也三年次の佐田商の1番バッター。背番号は7番。
神谷(かみや)
達也三年次の佐田商の2番バッター。背番号は6番。
箱崎(はこざき)
達也三年次の佐田商の3番バッター。背番号は2番。
小野(おの)
達也三年次の佐田商の4番バッター。背番号は4番。
江原(えはら)
達也三年次の佐田商の5番バッター。背番号は5番。
沖(おき)
達也三年次の佐田商の6番バッター。背番号は3番。
大林(おおばやし)
達也三年次の佐田商の7番バッター。背番号は8番。
山岡(やまおか)
達也三年次の佐田商の8番バッター。背番号は9番。

西条高校[編集]

寺島(てらしま)
声 - 小杉十郎太
和也が1年次の西条高校のエースで4番。序盤最大のライバル選手として描かれた。前年には明青相手にノーヒットノーランを達成、直前の選抜大会にも出場し、ベスト4進出。「超高校級」の左腕として全国でも名がとおりプロが注目している。その年の夏の大会でも地区ナンバー1の呼び声が高く、準々決勝まで全試合で完封勝利を収め、佐知子のセリフによると前年の明青との対戦を含め、幾度か、ノーヒットノーランの経験はあるが完全試合の経験はない。準決勝の明青学園戦では9回2死まで完全試合ペースで投げ進むも、27人目の打者・三原に本塁打を打たれ、最後は和也にサヨナラ安打を浴びて敗退した。
アニメでは、早くに両親を亡くし、食堂「すきま風」を経営する親戚に妹の友子(下記)と共に引き取られており、親戚と妹のために早くからプロ志望を表明、それゆえの厳しさや冷静さがより強調されていた。
なお、名前は最後まで出てこないまま終わったため不明。
金山(かなやま)
達也一年次の西条の1番バッター。
阿部(あべ)
達也一年次の西条の2番バッター。
竹田(たけだ)
達也一年次の西条の3番バッター。
本村(きむら)
達也一年次の西条の5番バッター。
寺島 友子(てらしま ゆうこ)
声 - 高橋美紀
上記、寺島の妹。不良に絡まれていたところを原田に助けられ、お礼に手編みの帽子をプレゼントした。高校進学前の時点での和也のファン。
アニメでは、その後西条高校との対戦まで登場。甲子園出場最後のチャンスとなる兄を応援した。なお、料理は下手なようである。他、やや天然気味の傾向がみられる。

池山田高校[編集]

小島 高志(こじま たかし)
原作の終盤で自己紹介のみで登場。チーム打率4割3分。4番。

法海大六高校[編集]

村内(むらうち)
原作の終盤で自己紹介のみで登場。

圧商学園[編集]

半沢(はんざわ)
原作の終盤で自己紹介のみで登場。防御率0.43。

尾知商業[編集]

桐山 敏彦(きりやま としひこ)
原作の終盤で自己紹介のみで登場。三打席連続ホームラン。
『Miss Lonely Yesterday』では、甲子園の決勝で戦った相手が尾知商業であり、達也が桐山を三振にとって優勝した回想シーンがある。

その他[編集]

原田 正平(はらだ しょうへい)
声 - 銀河万丈 / 演 - RIKIYA(映画)
ポーカーフェイスの巨漢。達也たちの同級生であり、3年生時はボクシング部の主将。父母と、空手をしている姉の4人家族(父親はメガネを掛けてはいるものの南に一目でそれと判断されるほど瓜二つである)。また、柏葉英二郎と中学高校で明青学園の同期である叔父がいて、彼から聞いた英二郎と野球部の因縁を南に伝えている。南が野球部マネージャーになったことを知り、野球部入りを断念した達也をボクシング部へ入部させた。それが後々達也の運動能力が向上するきっかけにもなった。
無骨で強面な見た目とは裏腹に、人物に対する冷静で鋭い洞察力を持っており、主役キャラたちの理解者的存在。特に達也とはウマが合っていたようで、中学時代からよく一緒につるんでいた。達也の才能や心情を「天才という言葉は兄貴のほうにふさわしい」や「上杉達也のライバルは新田でも西村でもねぇ。双子の弟上杉和也だ」と評している。早い段階から南が達也のことを好きでいることを見抜いており、達也に(南をめぐる恋愛の)舞台に上がるよう説得もしていたが、実は達也が和也の南への想いから身を引いていることも理解している。本人自身も密かに南に想いを寄せているが、達也・和也・南それぞれの心情をよく理解しているためか恋愛事からは一歩身を引き、傍観者に徹している。
その強面のためかケンカを売られることが多く、本編初期の頃は達也がそのとばっちりをよく受けていた。また新田兄妹とは明男が中学時代不良グループに入っていた頃からの知り合い。腕っ節の強さは達也や新田から「怪物」と評されるほどで、ボクシングにおいても怪我をした体で全国大会3位の強豪をK.O.するほどの豪傑。しかし酒には弱く、コップ1杯のビールで酔っ払ったことがある。その一方、中学時には友達がいない下級生を学校に行くように促したり、幼い従妹に眼前で親しらずを抜かれるところを見せて勇気を与えるなどのエピソードがある(この従妹とは、3年後の腹部の手術の際にも勇気を与えるエピソードがある)。また、自身も盲腸の手術を(本人曰く数回)受けているが、いずれも平然と受けているようで、その図太さは父親からも「スーパーマン」「ヒーロー」と評されている(本人曰く、「手術中に麻酔が切れた」のだがそれでも平然としていたようである)。
不良から助けた西条高校のエース・寺島の妹から手編みの帽子を貰った時は嬉しそうで、動揺を隠せなかった(アニメ版ではその後も付き合いがある)。
高校卒業後は原作最終回で買った宝くじが当たったのか、3年間、チベットを中心に世界放浪の旅に出る。『Miss Lonely Yesterday』では帰国後和也を思って野球を辞めていた達也に和也への思いから解放させるため、「和也のいない世界での野球」を目指す様説得した。帰国直後は長旅のためか、滞在先の民族衣装を身に纏い、ヒゲと髪の毛が伸び放題だったが、以後は綺麗に剃っている。なお、ボクシングは辞め、『Cross Road』の序盤、南との会話から、チベットの格闘技を会得した模様。
上杉 信悟(うえすぎ しんご)、上杉 晴子(うえすぎ はるこ)
声 - 千葉繁(信悟)、小宮和枝(晴子) / 演 - 小日向文世(映画・信悟)、風吹ジュン(映画・晴子)
達也・和也の両親。
二人揃って明青のOBOG。夫婦仲は良好であり、どちらもお調子者。和也の活躍を大変喜んでは出てくるトボけた言動が、結果として達也をぞんざいに扱ってしまうというコメディリリーフ的な存在。しかしその実は達也・和也・南の気持ちをよく理解しており、暖かく見守っている。
パンチ
声 - 千葉繁
達也・和也・南のペット。捨てられていた仔犬を南が拾ってきたので本来の飼い主は南であるが、ほとんど達也が世話をしている。しかし、達也に対して反抗的なシーンが多々見られる(南や和也の言うことは素直に聞く)。達也は「肥満ネコ」とか「ブタネコ」と呼んでいる。鳴き声の描写は「オン」が多い。直接の繋がりはないが『Cross Road』で達也が所属したチームのオーナー宅で飼われているイヌもパンチと同じ犬種、キャラクターで「ピンチ」という名前がついている(アフレコを担当したのも千葉繁)。
チッチ・ポッポ
原作とアニメで設定が異なる。原作ではパンチの子供。母犬は不明。アニメでは捨て犬で、パンチについてきたところを達也と南に拾われる。パンチ同様本筋にはあまり関わらないが、ポッポは新田や西村の怪我の原因となったことがある。『Miss Lonely Yesterday』では2匹とも、鳴き声はそのままだが、パンチと全く同じ体型になり、こちらも母犬については不明だが、「カンカン・ランラン(南のセリフから)」という仔犬が増えている。
浅倉 俊夫(あさくら としお)
声 - 増岡弘 / 演 - 宅麻伸(映画)
南の父。喫茶「南風」のマスター。上杉夫妻とも良く温泉旅行や食事に行ったりもしている。
浅倉 しのぶ(あさくら しのぶ)
演 - 生田智子(映画)
南の母。既に他界しているため、原作・テレビアニメ版には登場しないが、実写映画版では回想シーンで登場する。
柏葉 英一郎(かしわば えいいちろう)
声 - 内海賢二(高2時代 - 金丸淳一
柏葉英二郎の兄。明青高校野球部のOB。野球部在籍時はキャプテンで、当時は地区大会ベスト4まで導くも、甲子園出場は叶わなかった。
柏葉 令子(かしわば れいこ)
声 - 高島雅羅(高2時代 - 伊藤美紀
高校時代の英二郎が想いを寄せていた相手。その後、英一郎と結婚し、娘を1人もうける。すっかり印象が変わってしまった現在の英二郎と偶然すれ違い、それがかつて親しくしていた野球少年であることに気付いたと思わせるシーンがある。また、アニメではその後も数回登場し、南の仲介を経て英一郎と英二郎の間に生じた誤解を解く橋渡し役を担っており、その際に南から英二郎が自身に想いを寄せていたのではないかと指摘されている。
柏葉 美穂(かしわば みほ)
声 - 渡辺菜生子
英一郎と令子の娘。
清水 文子(しみず ふみこ)
声 - 千原江理子
南と同じ学年の新体操部員。南を強引に新体操部に勧誘した。そばかすが特徴的な元気な女の子。いつの間にか彼氏が出来、卒業後そのままゴールインしたようである。『Miss Lonely Yesterday』では既に子供がいる。
住友 里子(すみとも さとこ)
声 - 浅倉亜季[6]
人気絶頂のアイドル。明青学園が甲子園に向かう新幹線の列車内で達也と出会う。過密スケジュールに追われ自分を見失いかけており、自分のことを知らずアイドル扱いもしない達也に惹かれるようになる。彼女に向き合うことで改めて南に対する自分の気持ちを確認した達也にとって、南に愛を告白するための「越えるべき最後の山」かつ「アクセル」となる女性であり、この作品における実質的に最後のエピソードの主役である。アニメ版では大幅にエンディングが変更されたため、最終話にテレビ画面の中でのみの登場となり、同じ新幹線列車に乗車している設定・描写はあるものの、物語には全く関与しない。
篠塚 かおり(しのつか かおり)
声 - 冨永み〜な
達也・和也・南たちが明青中学3年の時の1年生で体操部所属。新入生きっての美少女で、和也に好意を寄せており積極的に接近を試みる。ミス明青では南に一票差で2位だった。3人が高校に進学して以降登場していない。双子を最初から見分けられたり、南の好きなのが達也だと気づいていたりと、勘の鋭い少女。
坂田(さかた)
達也の友人。中学生の時に達也に36,000円の双眼鏡を壊されたことがある。
山倉 夏子(やまくら なつこ)
声 - 岡本麻弥
達也たちの高校1年次、野球部の練習の見学中に松平の放った打球が背中を直撃し、保健室に運ばれた女生徒。見舞いと謝罪に訪れた松平が惚れた。そのためか、練習に身が入らない松平に苦言を呈する場面がある一方、密かに小旗を持って応援する場面があるが、何故か、それ以後、作中には最後まで登場しなかった。
日向 小百合(ひなた こゆり)
演 - 安藤希(映画)
矢部 ソノコ(やべ ソノコ)
演 - 若槻千夏(映画)
津川 英二(つがわ えいじ)
演 - 本田博太郎(映画)
岡本(おかもと)先生
演 - 徳井優(映画)
体育教師
演 - 高杉亘(映画)
ボクシング部監督
演 - 渡辺哲(映画)
欽ちゃん(きんちゃん)
演 - 萩本欽一(映画)
草野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の監督。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 南いわく「朝晩10キロのランニングを欠かさなかった」。
  2. ^ あだちの制作ノートによると、当初の予定では南の父親が経営する喫茶「南風」に忘れ物を取りに来た和也が、ガス漏れ事故の爆発に巻き込まれて死亡する予定だったがそれを担当に「せめて遺体が綺麗なまま残るようにしましょうよ」と言われて事故に変更したとのことである。
  3. ^ 劇場版『背番号のないエース』ではすでに和也が健在の時においても、達也に対して親しい間柄である事が覗えるような描き方となっている。
  4. ^ OBの島と森が英二郎を告発して解任を直訴したため密かに西尾が調べた結果、自分の与り知らない所で部内でのイジメがあったことを確信した為。
  5. ^ 勢南のマネージャーは「新田明男を敬遠していたら甲子園に行けた」と発言している
  6. ^ 劇中のテレビ画面の中で歌う描写において、浅倉が歌う『陽あたり良好!』(初回放送時の次番組)の主題歌(タイトル同じ)が使われている。