ジャパンバッシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャパンバッシング英語: Japan bashing)とは、欧米諸国が日本を経済面・政治面で不当に攻撃すること。

日本と欧米の関係を観察する者が、欧米から日本に向けられた批判や反発を、日本側へのアンバランスで一方的な攻撃であると解釈したときに、問題視する意味で用いる言葉である。

とくに日本が世界的に経済大国として存在感を増し、日米の経済摩擦が激化するにつれて表面化した、アメリカ合衆国の70年代からの反日感情の高まりに付随する政治現象を指すときに使われることが多い。

概要[編集]

1970年代のアメリカが高いインフレと景気後退に苦しむ傍ら、日本は世界第二位のGDPを誇るまで経済成長を続け、対米貿易は10年以上も黒字を続けていた。一般的にこの時期の円は実力以上に安かったと考えられており、ここから米国内の対日感情は悪化する。

世界への輸出を伸ばし続ける日本に対し、米側では貿易関係者が日本通産省をノトーリアス・ミティと表現したり「ジャパン・アズ・ナンバーワン」"Japan as Number One"という書籍がベストセラーになるなど「驚嘆すべき成功を続ける日本経済」への関心が一般市民の間でも好悪両面で高まる。

80年に米国政権がカーターからレーガンに交代しても前半は米大手自動車メーカーゼネラル・モーターズが生産規模を大幅に減らしリストラを行うなど[1]米国経済の迅速な改善はなく、失業率は一時10%に迫った。

対米貿易で莫大な黒字を拡大し続ける日本は好況に湧き、60年台から対日赤字を続けるアメリカは不況に沈み、米国の自動車メーカーは70年代終わりから80年代にかけて壊滅的な打撃を受ける。この対比は米国人の対日感情を悪化させ、米国では日本の市場の特殊性を閉鎖性とみなし、極端な円安を問題視して「ずるい日本」とみなす議論に支持が集まるようになる。反日感情が高まるなか、1982年にはアジア系の男性が日本人と誤解されて撲殺される事件も起きた[2]

不況と反日世論の高まり、各業界からの突き上げを背景にアメリカ政府は日本側に市場開放、輸入拡大を強く迫り、米国の輸出を妨害するものとして日本側の為替レートや業界慣行、関税を次々と遡上にあげることになる。日本側はこれに対して70年代に続いて輸出の自主規制を約束したり農産品の輸入拡大を約束したり関税の引き下げを約束するなど、繰り返し協力的な姿勢を示そうとするが、市場シェアを日本製品に奪われている米業界団体は相次いで日本をダンピング等の法令違反で提訴し対日感情は改善しなかった。

米国の経常収支が赤字になると、日本が不公正な貿易障壁を築いているとの批判が84年にも再び強力になり、日本はアメリカの対日感情の悪化を緩和しつつ自国産業も保護したいなか、円安の是正や輸入の拡大を約束し、市場開放のための規制緩和を約束するが大きな効果はなかった。85年にはG5蔵相中央銀行総裁会合で為替をドル安に誘導することで合意し、ドル円レートは大幅なドル安に転じたものの、これによっても米側の対日輸出は期待したように伸びなかった。

アメリカの対日赤字は拡大を続け、米国内ではますます日本の貿易障壁への批判が強まった。米国は日本を金融・関税など税制・ソフトウェアなど多くの分野で数多くの障壁を築いているとして強硬に迫り、日本側はそのたびに米側に妥協案を示すが米側は形だけの不十分な譲歩と見て日米の認識の溝は埋まらなかった。

この時期の米国からの「日本は自由貿易を掲げる経済大国であるにも関わらず実際には保護主義的に振るまい自国市場へのアクセスを制限している」という二枚舌批判、ホンネとタテマエを使い分けるという批判について、日本側も納得していたわけではなく、メイドインUSAが選ばれないのは日本側の発展によって日本製品がアメリカ製品の質を全体として上回るようになり、消費者にとって粗悪なアメリカ製を選ぶ理由がないためだとする見方が強かった。日本側では米側の要求については、生産性の低い米国産業の問題を棚に上げて国力の差を背景に日本にねじこみをかけていると理解しており、理不尽な押し売りであると見ていたが、内需拡大を繰り返し約束した。

85年になると米国の景気も目に見えて改善していたが、日本の好景気はそれ以上に目覚ましく(バブル経済)米国では20年にわたって莫大な対日赤字が続く上にGDP比の経常収支の赤字が過去最高を記録し、対日本の心理に目立って和らぐ部分はなかった。この時期はハリウッド映画でも日本側が日本叩きと受け取る描写が珍しくはなく、85年から製作が始まったワーナー映画でも登場人物が日本製の電子機器を悪く言うセリフが見られる。

米議会では報復措置が審議され、87年には東芝ココム事件をきっかけとして日本製品を議員が破壊するパフォーマンスも注目を集めた。東芝ココム事件が米国で大きな反応に繋がったのも当時の対日感情の悪さゆえと言われる。88年にはアメリカ側が不公正とみなした日本側の慣行に強力な制裁が発動できるように1974年通商法英語版の改正も行われる。

結局、アメリカから日本への黒字を減らせという要求は80年代末に和らぐもののバブル崩壊まで続いた。これら70年代末から80年代の米国の日本非難の論調、米国政治の動きに対して、対する日本側では当時は我が世の春を謳歌していただけに、一般のテレビしか見ない国民がアメリカの強硬な対日要求を不当なものとして意識することは多くはなかった。日本いじめ、日本叩き、ジャパンバッシングとして振り返られることが増えてきたのは、平成不況と「失われた20年」とも言われるデフレ不況を経てからである。

なお、この言葉は欧米が採用する対日政策や欧米側から日本側に向けられる批判にたいして、日本側が悪意があるものとして非難するときに使う言葉であり、ジャパンバッシングとされるものと、そうではないシビアな対日批判や要求といつも区別できるわけではない。

事例[編集]

東芝機械ココム違反事件[編集]

1987年に東芝機械がソ連技術機械輸入公団への取引の件について、対共産圏輸出統制委員会(略称「ココム」。1994年解散)の協定に違反したことが問題視された。巨額の対日赤字への不満が続いているなかで発覚したこの事件は、ホワイトハウスの前でアメリカ議会議員が東芝製のラジカセやTVをハンマーで壊すパフォーマンスを見せる事態にまで発展した。

捕鯨問題[編集]

日本の商業捕鯨環境保護団体に非難され、様々な環境保護団体や動物愛護団体またこれらの団体の擁する環境ロビイストが捕鯨批判のキャンペーンを実施、折からの経済摩擦問題が火種となり、この状況に便乗する形で同調した自動車産業団体や、農産物生産者等を巻き込んで、大規模な反日キャンペーンが方々で開催された。この中には、日章旗を燃やしたり、日本製乗用車をハンマーで叩き潰すといった過激なパフォーマンスが行われた[3]

この圧力の中で日本は商業捕鯨の事実上無期限停止を決定した。

スーパー301条[編集]

米国議会はこのようなジャパンバッシングの流行の中で、輸入関税の大幅引き上げを武器としたスーパー301条を可決して日本に市場開放を迫った。日本側は牛肉や柑橘類の関税縮小を余儀なくされた(牛肉・オレンジ自由化)。

もっとも、同時にオーストラリアやカナダ、中国なども対日輸出を拡大したため、米国の食糧生産者が期待した程には対日貿易は増大せず、米国以外と日本の食糧市場を分配する結果に終わっている。また日本に輸入される自動車への厳しい規制も緩和されたが、結果的にはむしろ日本にヨーロッパ車の輸入拡大をもたらす結果となった。

その後、当時の日本の内閣総理大臣中曽根康弘と、米国大統領ロナルド・レーガンの、「ロンヤス・コンビ」と呼ばれたリーダー間の折衝が進み、次第に日米政府の間では信頼関係が回復していったが、両国の国民の間には、現在でも以上のような貿易摩擦や、偏見が存在している。

1989年以後、日米構造協議が実施され、続いて1994年以後年次改革要望書が出されるようになった。

米中関係と「ジャパン・パッシング」[編集]

2010年、アメリカの対中貿易赤字が増大し、アメリカの対中感情はまったく同じパターンで悪化した[4]

一方では、ビル・クリントン以降の民主党による、中華人民共和国重視の結果として、日本が軽視されるジャパンパッシング英語: Japan passing)、日本が無視されるジャパンナッシング英語: Japan nothing)が起こっていると、日本では指摘されている。

批判[編集]

石原慎太郎を筆頭とする反米保守勢力は、「何の努力もせずに文句だけつけて来る」として批判した[5]

合衆国出身の実業家ビル・トッテン(2006年現在は日本に帰化している)は、こうした一連のジャパンバッシングを『敗者の喧騒』と断じ、同名(サブタイトル)の著書も上梓している。なお、彼はジャパンバッシングのみならず、日本政府のアメリカ追従政策についてもその後の著作で厳しく批判している。

参考文献[編集]

  • ビル・トッテン『日本は悪くない―アメリカの日本叩きは「敗者の喧噪」だ』(ごま書房、1990年)

脚注[編集]

  1. ^ アメリカの自動車産業は1970年代から、低価格・低燃費の日本車の輸入により、打撃を被っていた。
  2. ^ ヴィンセント・チャン殺害事件
  3. ^ ただし、これらのパフォーマンスは反日の個人の行為であり、保護団体や経済団体などの組織的なものではないという指摘もある。『鯨捕りよ、語れ!』C・W・ニコル、アートデイズ、2007年 ISBN 9784861190896 P82
  4. ^ 米中関係検証:一連のトラブル
  5. ^ 石原は、1989年に刊行した『「NO」と言える日本』<盛田昭夫との共著、光文社カッパ・ホームス>の中で、この持論を展開している。

関連作品[編集]

  • システムソフト - 1992年3月27日政治シミュレーションソフト「ジャパンバッシング」を発売。米国側担当者となり、日本側に理不尽な要求を飲ませる、というもの。
  • タッカー (映画) - 作品の描いている時代は終戦直後の時代であり、直接の関係はないが、製作された時代の日米貿易摩擦が背景となった、特に「アメリカが自動車を日本から買うということ」についての印象的な台詞がある。
  • ガン・ホー - 1986年に製作されたロン・ハワード監督、マイケル・キートン主演のコメディ映画。主なテーマは日本メーカーの工場のアメリカ進出だが、日米貿易摩擦もシナリオの背景にある。日本の描写が誇張がひどいため、日本での劇場上映はなかった。当時、アメリカでは大ヒットした。
  • ロボコップ3
  • ダイハード - 日系企業のナカトミ商事がテロリストに襲われて、社長が殺される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]