ビンセント・チン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビンセント・チン(Vincent Chin, 簡体字:陈果仁, 繁体字:陳果仁, 1955年 - 1982年6月23日)は、かつてアメリカ合衆国に居住していた広東省出身の中国系技術者。日米自動車摩擦(デトロイト問題)が激化した1982年に三人の白人に日本人と間違えられて撲殺されたことで知られる。三人の白人は懲役の執行猶予のため服役することはなかった。(見当違いの)人種差別による殺人だけでなく刑の軽さが大きな社会問題となった。

概要[編集]

1980年代初頭のアメリカ合衆国では、三大自動車メーカーの経営不振が深刻になる一方、安価でコンパクトな日本車が流入。日米自動車摩擦と呼ばれる貿易摩擦が生じた。特に、自動車および関連工場が集中するデトロイトでは問題は深刻化し、工場労働者の解雇が行われる中、日本車ひいては日本人に対して、不穏な空気が広がっていた背景がある。

こうした中、クライスラーの自動車工場を解雇された労働者が、たまたま中国系住民と口論となった。この中国系住民は日本人と勘違いされ、野球バットで殴られた結果脳死に陥って4日後に死亡するに至った。この被害者がビンセント・チンである。

映画[編集]

  • Who Killed Vincent Chin? :1988年製作。第61回アカデミー賞(長編ドキュメンタリー映画賞)候補作。日本では、邦題「誰がビンセント・チンを殺したか」により1991年に公開。

関連項目[編集]