西安留学生寸劇事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西安留学生寸劇事件(せいあんりゅうがくせいすんげきじけん)とは、2003年10月29日中華人民共和国西北大学で開催された演芸会で行われた日本人留学生による寸劇が中国人を不快にする内容であったことから中国人達が激怒し、それをきっかけに大規模な反日暴動反日デモにまで発展するとなった事件である。この事件の発端である寸劇を演じた日本人留学生は、強制的に日本に帰国させられた。

外部リンク[編集]