韓国による天皇謝罪要求

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

韓国による天皇謝罪要求(かんこくによるてんのうしゃざいようきゅう)では、2012年8月14日李明博大韓民国大統領が「天皇日王[1][2])が韓国に来たければ独立運動家に謝罪せよ」と要求したこと、及び同年8月10日に行った竹島上陸に端を発した大韓民国日本国外交衝突について述べる。

背景[編集]

李明博は、2008年の韓国大統領就任以前から日本には「謝罪や反省は求めない」と発言しており[3]、大統領就任後の2008年4月に訪日すると、天皇皇后との会見時に韓国訪問を招請した[3]

2011年10月、韓国の要請を受けて日韓首脳会談でウォン急落が懸念される韓国を支援するため通貨交換協定を130億ドルから700億ドルに拡大[4]。2011年12月、日韓首脳会談で李明博大統領は慰安婦問題の解決を野田佳彦内閣総理大臣に強く求めた[5]。2012年7月、李明博大統領は申珏秀駐日大使に対して日本側の慰安婦問題解決の意志について打診したが日本の歴史認識は変わっていないと報告を受けた[5]

概要[編集]

  • 2012年8月10日、大統領李明博が竹島(独島)に上陸し、韓国領であると改めて発言。同日、ロンドンオリンピックにおける男子サッカー日韓戦で勝利した朴鍾佑が独島(竹島)は韓国の領土であると記載されたプラカードを掲げる[6]
  • 8月13日、日本政府は韓国への700億ドル(5兆5千億円)におよぶ資金支援枠の大幅な拡大は李明博大統領の竹島上陸がなされても見直さない旨を発表する[7]
  • 8月14日
  • 李明博韓国大統領は日王(天皇)について「痛惜の念などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない」[3]「(日王が)『痛惜の念』などという良く分からない単語を持ってくるだけなら、来る必要はない。韓国に来たいのであれば、独立運動家を回ってひざまづいて謝るべきだ」と謝罪を要求する発言を行った[8][9][10]
このような朝鮮半島と我が国との長く豊かな交流の歴史を振り返るとき,昭和天皇が「今世紀の一時期において,両国の間に不幸な過去が存したことは誠に遺憾であり,再び繰り返されてはならない」と述べられたことを思い起こします。我が国によってもたらされたこの不幸な時期に,貴国の人々が味わわれた苦しみを思い,私は痛惜の念を禁じえません。 — 今上天皇、国賓 大韓民国大統領閣下及び同令夫人のための宮中晩餐 平成2年5月24日(木)[11]
  • 同日付の『ソウル新聞』は、以下のように報じた[12](日本語訳は西村幸祐による[10]。西村は『やまと新聞』のインタビューで、李大統領が「足をしばって、ひざまづいて謝罪するなら」と発言したことを伝えた[13])。
李大統領は現場で日王が「ひざまずいて」謝らなければならないという表現を使ったことが分かったが、その後、大統領府が公開した発言録からは抜けていたことが確認された。李大統領は日本の植民地問題については容赦できるが、忘れることはできず、追求すべきことは追求すべきだと声を高めた。「静かな外交」と言われた対日外交政策が強硬モードに変わったことが示唆される[10]
跪いて謝罪する」について西村は、「儒教の因習が色濃く残る韓国では、罪人が謝罪するときに跪かせるのが一般的で、足を縛って跪かせ、土下座させる刑罰も朝鮮半島にあった。つまり、李明博大統領の発言は「日王」が足を縛って跪いて謝罪する姿までを連想させてしまうのである」と述べている[10]
その後、『ソウル新聞』はWEBサイトの記事から「跪いて謝罪」という言葉を削除した。西村は、「面白いことに、日本人に最初に天皇謝罪発言の真実を伝えてくれたソウル新聞はその後、WEBサイトの記事を改竄(かいざん)してしまう。現在、当該ページ(ソウル新聞』2012年8月15日)を読むと、見出しをも含め、「跪いて謝罪」という言葉は一切、なくなっている」と述べている[14]
一方、インターネット・アーカイブ・サイトには以下のように最初の記事が残されている[15]。記事の下線と内部リンクは引用者が施したものである。
削除された文言
朝鮮語の原文 文言の日本語訳
이 대통령은 이날 충북 청원군 한국교원대학교를 방문한 자리에서 ‘독도 방문’에 대한 질문이 나오자 작심한 듯 직설적으로 일본을 몰아붙였다. 이 대통령은 현장에서 일왕이 ‘무릎을 꿇고’ 사과해야 한다는 표현을 쓴 것으로 알려졌지만, 이후 청와대가 공개한 발언록에는 빠진 것으로 확인됐다. 李大統領はこの日、忠清北道清原郡韓国教員大学校を訪問した席で“独島訪問”についての質問が出ると、毅然として直接的な表現で日本に対して明確な謝罪を求めた。李大統領は、その場で日王が“跪(ひざまず)いて”謝罪しなければならないという表現を使ったことが報道されたが、その後、大統領府が公開した発言録から〔この文言が〕削除されたことが確認された。
  • 8月15日、李明博大統領は光復節終戦記念日)祝辞で「日本軍慰安婦被害者問題は人類の普遍的価値と正しい歴史に反する行為」であると述べた[5]
  • 日本政府は李明博大統領の天皇謝罪要求について謝罪と撤回を要求したが、金星煥外交通商相は大統領と同様の見解を示すとともに昭和天皇戦争責任を主張した[16]。また、日本政府は駐韓大使の一時的な帰国措置を取った。

韓国世論[編集]

李明博大統領の日王(天皇)への謝罪要求について、韓国最大の発行部数を誇る朝鮮日報は「日王の父ヒロヒト1926年の即位後、植民地支配時に我が民族全体を迫害し、弾圧した人物であり、太平洋戦争では韓国の若者を銃の盾とし、若い女性を日本軍性的奴隷にした特別A級戦犯であり、南北分断日帝統治が原因であるのだから、日本王室(皇室)に対する当然の要求である」と大統領の発言を肯定するとともに[9]、「アキヒトは手遅れになる前に、ブラント西ドイツ首相ユダヤ人犠牲者慰霊碑前で膝をついて謝罪した)のように膝をついて謝罪する写真歴史に残すべきである」と訴えている[9]。このような動きに対して酒井信彦は韓国は慰安婦問題ナチスユダヤ人虐殺になぞらえ、売春虐殺と同等の犯罪だと決め付けるまでに至っており、日本人は韓国人によって世界歴史に全く類を見ない冤罪を着せられていると述べている[21]

反民族行為処罰法に基づいて大韓民国国会と共同で親日派708人名簿を作成した光復会は李明博大統領の発言を積極的に支持するとして「日王は韓国を訪問する前に独立有功者と遺族に頭を下げて謝罪しなければならない」「日王は軍慰安婦と強制徴用・徴兵被害者たちにも心からの謝罪はもちろん、政府はこれによる国家的賠償を要求しなければならない」との声明を出した[22]

日本の対応[編集]

日本国会の謝罪要求撤回決議[編集]

8月24日衆議院本会議は李明博大統領による天皇陛下謝罪要求発言と島根県竹島への上陸に抗議する決議が提案され民主党自由民主党公明党みんなの党国民の生活が第一などの賛成により[23][24]日本共産党社民党の反対を押さえて採択された[24]。決議では天皇謝罪要求について「友好国国家元首の発言として極めて非礼で決して容認できない」と発言の撤回を求めるとともに竹島占拠について「わが国固有の領土であるのは歴史的にも国際法上も疑いはない」「不法占拠を韓国が一刻も早く停止することを強く求める」とされた[23]

8月29日参議院本会議は李明博大統領による天皇陛下謝罪要求発言と島根県竹島への上陸に抗議する決議が提案され、民主党、自由民主党などの賛成により可決された[25][26]。決議では「友好国の国家元首が天皇陛下に対して行う発言として極めて非礼な発言であり、決して容認できないものであり、発言の撤回を求める」とされた[27]

天皇謝罪要求撤回に併せて提起された、竹島をめぐる国会決議は韓国が李承晩ラインを引いたのに対し、1953年11月に決議された日韓問題解決促進決議以来である[23][24]

批判[編集]

南原繁丸山真男の系譜に位置し、平和論で高名[独自研究?]東京大学名誉教授坂本義和慰安婦問題などに関して日本政府の対応を批判しながらも、李明博大統領によるこの発言は「明らかに失言」であり、「日本の戦争責任を日本のふつうの国民以上に痛感している点で、私も敬愛を惜しまない現天皇について、あまりに無知であり、恥ずべきである」と強く批判した[28][29]

日本共産党も「(いまの)天皇というのは憲法上、政治的権能をもっていない。その天皇に植民地支配の謝罪を求めるということ自体がそもそもおかしい。日本の政治制度を理解していないということになる。日本政府に対して、植民地支配の清算を求めるならわかるけど、天皇にそれを求めるのはそもそもスジが違う」とこれを批判している[30]

外交的配慮[編集]

2012年12月16日に第46回衆議院議員総選挙野田内閣 (第3次改造)により実施される約2ヶ月前の10月8日、総選挙による政権交代で与党復帰の可能性が高いと予想された野党第一党・自由民主党衆議院議員元首相麻生太郎は、韓国大統領府で李明博大統領と会談した。天皇に謝罪を求めたとされる李大統領の8月の発言について、麻生は会談後、報道陣に対し、「陛下に韓国に来いとか、謝れとかいったことはない、という話を(李大統領から)うかがった」と述べた[31]。一方、2013年2月15日に李明博大統領は韓国核武装肯定と竹島上陸は日本への先制である旨を語った際に、「日王は(自分の発言以後)『謝る用意もあり韓国を訪問したい』と明らかにしたという。実際より少し誇張されて自分の発言が伝えられた面がある」と『東亜日報』のインタビューで明らかにした[32]

対韓感情への影響[編集]

この影響で、官民ともに交流事業の中止が相次いだ。また、韓国を訪れる日本人観光客も、ウォン高にシフトしていたことも相まって減少をし続け、2013年には長年日本人が1位であった入国者数でも、初めて中国人が1位になり、2位に転落することになった[33]なお、韓国の多くのメディアでは、日本人観光客の減少の要因について、円安ウォン高を主張し、一連の韓国による天皇謝罪要求については触れていない。[要出典] 

軍事的脅威[編集]

読売新聞とアメリカギャラップ社の共同調査[いつ?]によって「日本にとって軍事的な危険な国」として日本国民の37%が韓国を上げており、李大統領の行動が影響を与えているとの分析がなされている[34]中央日報は、李明博竹島上陸と合わせて、この謝罪要求によって、日本社会が嫌韓へと転じたと指摘している[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天皇の朝鮮での蔑称。
  2. ^ 韓国人が「天皇」を「日王」と呼ぶのは、小中華思想に基づいた日本人蔑視が根底にある。「皇帝」以上の「天皇」という尊号を支那の皇帝に使うのならまだしも、倭人とさげす む日本人が使用することを彼らの妄想的な自尊心が許さないからだ。つまり、日本人への差別意識に基づく、一種の執着がそうさせている。(西村 2012, p. 81)
  3. ^ a b c 共同 (2012年8月14日). “「心からの謝罪求める」と天皇訪問で韓国大統領 支持率上げる思惑か”. MSN産経ニュース (産経新聞社). オリジナル2012年8月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0814-1749-30/sankei.jp.msn.com/world/news/120814/kor12081416580001-n1.htm 2012年11月24日閲覧。 
  4. ^ a b c “日韓通貨交換協定、安住財務相が韓国内報道を否定 10月以降白紙も表明” (日本語). MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年8月23日). オリジナル2012年8月25日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0825-1430-36/sankei.jp.msn.com/economy/news/120823/fnc12082319330011-n1.htm 2012年11月24日閲覧。 
  5. ^ a b c 안용수・차병섭 (2012年8月24日). “李대통령, 지난달 日 위안부 해결 의지 타진” (朝鮮語). YONHAP NEWS (聯合ニュース). オリジナル2012年11月1日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121101012929/http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2012/08/24/0501000000AKR20120824192100001.HTML 2013年9月23日閲覧。 
  6. ^ 内藤泰朗 (2012年8月11日). “「独島はわれわれの領土」サッカー日韓戦後、選手が政治的メッセージボード IOC調査開始” (日本語). MSN産経ニュース (産経新聞社). オリジナル2012年8月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0811-2142-48/sankei.jp.msn.com/world/news/120811/kor12081119590006-n1.htm 2012年11月24日閲覧。 
  7. ^ “日韓の金融協力は維持 竹島上陸でも、政府方針” (日本語). MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年8月13日). オリジナル2012年8月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0813-1956-15/sankei.jp.msn.com/economy/news/120813/fnc12081318150009-n1.htm 2012年11月24日閲覧。 
  8. ^ 島谷英明 (2012年8月14日). “天皇陛下訪韓なら「心から謝罪を」 韓国大統領” (日本語). 日本経済新聞 (日本経済新聞社). オリジナル2012年8月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0814-1629-39/www.nikkei.com/article/DGXNASGM14037_U2A810C1000000/ 2012年11月24日閲覧。 
  9. ^ a b c 이하원 (2012年8月20日). “日王, 독립운동가에게 사과하라"… 뭐가 잘못인가” (朝鮮語). 朝鮮日報 (朝鮮日報). オリジナル2012年8月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120822211451/http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2012/08/20/2012082000156.html 2012年11月24日閲覧。 
  10. ^ a b c d (西村 2012, p. 82)
  11. ^ 国賓 大韓民国大統領閣下及び同令夫人のための宮中晩餐”. 宮内庁 (1990年5月24日). 2009年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月24日閲覧。
  12. ^ 김성수・하종훈기자 (2012年8月15日). ““일왕 무릎 꿇고” 직격탄… ‘日 때리기’로 레임덕 돌파 행보” (朝鮮語). ソウル新聞 (ソウル新聞社). オリジナル2012年8月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0814-2013-43/www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20120815003005 2012年11月2日閲覧。 
  13. ^ 「足をしばって、ひざまづいて謝罪するなら」韓国大統領・天皇を侮辱 - YouTube
  14. ^ (西村 2012, p. 83)
  15. ^ 김성수・하종훈기자 (2012年8月15日). ““일왕 무릎 꿇고” 직격탄… ‘日 때리기’로 레임덕 돌파 행보” (朝鮮語). ソウル新聞 (ソウル新聞社). オリジナル2012年8月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2012-0814-2013-43/www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20120815003005 2012年11月2日閲覧。 
  16. ^ “韓国外相「天皇陛下が謝罪しなければならないのは間違いない」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年8月22日). オリジナル2012年8月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120823201453/http://www.j-cast.com/2012/08/22143566.html 2013年9月23日閲覧。 
  17. ^ “例のない非礼、侮辱に激怒の声噴出 野田首相の親書を韓国が返送方針”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年8月23日). オリジナル2012年8月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120824043725/http://www.j-cast.com/2012/08/23143699.html 2013年9月23日閲覧。 
  18. ^ ソウル聯合ニュース (2012年8月29日). “独島への日本の姿勢が変わった=韓国外交通商部長官”. YONHAP NEWS (聯合ニュース). オリジナル2012年8月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120831195538/http://japanese.joins.com/article/477/158477.html 2012年11月24日閲覧。 
  19. ^ “李明博大統領の天皇謝罪発言に抗議 玄葉外相、韓国大使に”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2012年8月17日). オリジナル2012年8月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120817211251/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120817/plc12081714310015-n1.htm 2012年11月24日閲覧。 
  20. ^ “五輪メダル保留の韓国代表が兵役免除へ 兵務庁長「彼は勇気のある奇特な選手」”. 韓フルタイム (ライブドア). (2013年9月23日). オリジナル2012年8月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120828020008/http://news.livedoor.com/article/detail/6890838/ 2012年11月24日閲覧。 
  21. ^ 酒井信彦 (2012年8月21日). “韓国は中共による日本侵略の手先となる”. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2013年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  22. ^ 장성주 (2012年8月22日). “광복회 "日王 한국 방문 전 머리숙여 사죄부터 해야"” (朝鮮語). 中央日報 (中央日報社). オリジナル2013年9月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0923-2227-03/article.joins.com/news/article/article.asp?total_id=9110986 2013年9月23日閲覧。 
  23. ^ a b c “不法占拠の停止要求、衆院で竹島決議 尖閣上陸でも非難決議”. MSN産経ニュース (産経新聞). (2012年8月24日). オリジナル2012年8月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120824222600/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120824/plc12082422000038-n1.htm 2013年9月23日閲覧。 
  24. ^ a b c 東京聯合ニュース (2012年8月24日). “日本衆院が抗議決議を採択=独島問題など”. YONHAP NEWS (聯合ニュース). オリジナル2013年6月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130615140647/http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2012/08/24/0800000000AJP20120824002500882.HTML 2012年11月24日閲覧。 
  25. ^ 内閣官房内閣広報室 (2012年8月29日). “平成24年8月29日 参議院本会議”. 首相官邸. 2012年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月23日閲覧。
  26. ^ “竹島と尖閣で抗議決議を採択”. NHK NEWSWeb (NHK). (2012年8月29日). オリジナル2012年8月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120831214959/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120829/k10014633261000.html 2013年9月23日閲覧。 
  27. ^ 呉谷豊 (2012年8月30日). “参院、李明博韓国大統領の竹島上陸抗議決議を採択”. 新華経済 (新華社). オリジナル2013年9月23日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0923-2257-18/www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/306154/ 2013年9月23日閲覧。 
  28. ^ 坂本義和 (2012年9月8日). “竹島解決に向けて 慰安婦問題の反省こそ前提~国際政治学者・坂本義和さん寄稿”. 東京新聞 (中日新聞東京本社) 
  29. ^ (坂本 2012, p. 39)
  30. ^ 志位和夫 (2012年9月11日). “天皇への謝罪要求 大統領発言は不適切”. しんぶん赤旗 (日本共産党中央委員会). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-11/2012091105_01_1.html 2014年9月23日閲覧。 
  31. ^ “「天皇に謝罪要求」否定 韓国大統領、麻生元首相と会談”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2012年10月8日). オリジナル2012年10月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121009051600/http://www.asahi.com/politics/update/1008/TKY201210080329.html 2013年9月23日閲覧。 
  32. ^ 黒田勝弘 (2013年2月15日). “李大統領「核武装論は間違っていない、だが時期尚早」”. イザ! (産経新聞). オリジナル2013年6月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130625070505/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/630773/ 2013年9月23日閲覧。 
  33. ^ “昨年韓国を訪問した中国人392万人…日本人抜いて最多に”. 中央日報. (2014年1月15日). http://japanese.joins.com/article/616/180616.html 2014年8月16日閲覧。 
  34. ^ “「韓国、日本にとって軍事的に危険」回答者が増える…独島の影響?”. 中央日報 (中央日報社). (2013年2月15日). オリジナル2013年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130704155018/http://japanese.joins.com/article/476/168476.html 2013年9月23日閲覧。 
  35. ^ キム・ヨンヒ (2014年4月18日). “慰安婦問題、現実的な出口戦略を探そう”. 中央日報. http://japanese.joins.com/article/324/184324.html 2014年4月19日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]