クリス・マレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリス・マレーロ
Chris Marrero
オリックス・バファローズ #12
170624 Chris Marrero.jpg
ほっともっとフィールド神戸にて(2017年6月24日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マイアミ
生年月日 (1988-07-02) 1988年7月2日(30歳)
身長
体重
191 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2006年 ドラフト1巡目(全体15位)でワシントン・ナショナルズから指名
初出場 MLB / 2011年8月27日
NPB / 2017年6月9日
年俸 1億900万円(2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・マレーロChristopher Marrero, 1988年7月2日 - )は、オリックス・バファローズに所属するアメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身のプロ野球選手外野手内野手)。右投右打。オリックス入団1年目の2017年に、日本プロ野球公式戦通算10万号本塁打を記録した。

経歴[編集]

MLB時代[編集]

モンシニョール・エドワード・ペース高校から、2006年のMLBドラフトワシントン・ナショナルズの1巡目(全体15位)指名を受けてプロ入りを果たした[2]。高校時代のチームメイトにはジオ・ゴンザレスがいる。

5年間のマイナーリーグ生活を経て、2011年メジャー初昇格。8月27日にメジャーデビューを果たし[3]、この年は31試合で打率.248、0本塁打、10打点を記録した。翌2012年は再びマイナーで過ごし、2013年に再びメジャー昇格を果たすものの、8試合の出場に留まり、同年10月にナショナルズから放出された。

その後は暫くメジャーに昇格することができず、2013年12月にボルチモア・オリオールズ2015年6月にシカゴ・ホワイトソックス、同2015年8月にボストン・レッドソックスといずれもマイナー契約。主に3Aでプレーし、2016年にはレッドソックス傘下の3Aポータケットで、23本塁打を打ち[4]インターナショナルリーグ本塁打王になると共に、同年の3AオールスターゲームではMVPを受賞した[5]

2016年11月10日、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約。

2017年はジャイアンツの開幕ロースターに名を連ね[6]、4月14日のロッキーズ戦でタイラー・アンダーソンからメジャー初本塁打を記録した[7]が、4月24日に戦力外通告(DFA)となり[8]、傘下の3Aサクラメント・リバーキャッツ所属となった。

ナショナルズ時代(2011年)

オリックス時代[編集]

2017年5月30日に、NPBオリックス・バファローズとの間で、同年シーズン終了までの契約を結んだことが発表された。推定年俸は40万ドルで、背番号は12[4][9]

入団後は、6月9日の対中日ドラゴンズ戦(京セラドーム大阪)に、「1番・右翼手」としてスタメンでNPB公式戦にデビュー。5回裏無死1塁で迎えた第3打席で、小笠原慎之介から中堅スタンドへ飛球を放ったため、いったん本塁打と判定された。しかし、中日側からの指摘で本塁の空過が判明。審判団による協議の末に、本塁打の判定が取り消される代わりに、三塁打と(一塁走者・若月健矢の得点による)打点1が記録された。この空過については、三塁線近くでマレーロへのハイタッチを試みたバファローズのマスコット・バファローベルとの接触によって、マレーロの走路が変わったことが一因とされている[10][11](→幻の本塁打一覧)。しかし、翌10日の同カード4回裏の第2打席で、柳裕也から公式記録上のNPB初本塁打を記録した。NPBの一軍公式戦において、ベースの空過が原因で本塁打を取り消された打者が翌日の試合に本塁打を打った事例は、1958年に一塁の空過で本塁打を取り消された長嶋茂雄読売ジャイアンツ)以来59年ぶり2例目。外国人選手および、公式戦の初本塁打としては初めてであった[12]。以降の試合では、主に1番・6番・7番打者を任されていたが、打撃の好調を背景に8月上旬からクリーンアップに定着。シーズン終盤の9月には、球団との間で翌2018年シーズンの契約を結んだ[13]。9月13日の対福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、自身初の3打席連続本塁打をリック・バンデンハークから記録。この活躍によって、オリックス戦では2015年の初登板以来9連勝中、本拠地の登板では14連勝中だったバンデンハークに初めて黒星を付けた[14]。さらに、9月29日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)では、6回表の第3打席で、成田翔から19号2点本塁打をマーク。この本塁打がNPB公式戦通算10万号本塁打に当たったため、NPBから賞金100万円が贈られた[15]。一軍公式戦全体では、シーズン途中からの入団にもかかわらず、出場試合数(82)と同じ数の安打、20本塁打、3割近い打率(.290)を記録した。

2018年には、レギュラーシーズンの開幕直後から、一軍の公式戦で本塁打を量産。4月にパシフィック・リーグの本塁打数で一時トップに立つ[16]と、5月中旬までにチームトップの8本塁打を放った。打率が2割前後にとどまっていたため、同月14日に出場選手登録を抹消された[17]が、6月3日の対読売ジャイアンツ(巨人)戦(京セラドーム大阪)から「4番・一塁手」として一軍に復帰。同点で迎えた8回裏の第4打席で二塁打を放つと、6番打者ステフェン・ロメロの適時安打で決勝のホームを踏んだことによって、パシフィック・リーグ加盟球団のセ・パ交流戦通算1000勝達成に貢献した[18]。一軍公式戦全体では、2年連続で2桁(11)本塁打を記録する一方で、打率が.201と低迷。シーズン中に出場選手登録を5度も抹消された影響で、途中入団の前年を下回る68試合の出場にとどまったばかりか、9月以降は出場の機会がなかった[19]

選手としての特徴・人物[編集]

叔父のエリ・マレーロ英語版、従兄弟のデベン・マレーロもプロ野球選手。奇しくもデベンも、アリゾナ・ダイヤモンドバックス三塁手として出場した2018年4月15日の対ロサンゼルス・ドジャース戦(ドジャースタジアム)において、4回表1死1・2塁の打席で左中間へ本塁打を放ちながら判定によって本塁打を取り消された。本塁打がライナー性の打球だったことから、一塁へ帰塁中の一塁走者を一塁付近で一瞬だけ追い越したところ、ドジャース側のチャレンジ要求によるリプレー検証の末に審判団から二塁でのアウトを宣告されたためである(記録上は2点適時打)[20]。2017年にオリックス、2018年にダイヤモンドバックスへ所属した平野佳寿は、日米を通じて2年連続で同じ親族が本塁打が取り消された瞬間をチームメイトとして目撃している。

オリックスへの入団記者会見には、マレーロの3歳年下で、アメリカ時代から交際中の大学院生が婚約者として同伴。マレーロとの交際のいきさつを話したり、マレーロとのツーショット撮影に応じたりするなど、新入団選手のお披露目の場としては異例のやり取りが展開された[21][22]。マレーロ自身も、NPB公式戦10万号本塁打を打った直後のコメントで、2017年のシーズン終了後にこの婚約者と結婚することを公言した[23]

アメリカ球界時代から、外野手として登録されながら、試合で一塁を守ることも多い[24]

オリックスへの入団後は、デビュー戦で本塁の空過によってNPB初本塁打を取り消されたことから、本塁打を打つたびに両足で念入りに本塁を踏んでいる[25]。球団でも、以上のエピソードにちなんだデザインの「踏み忘れTシャツ」を公式グッズとして販売。本塁を踏み外したデザインを胸側、本塁を両足で踏んだデザインを背中側に施していて、球団直売店「B-WAVE」の神戸店で初回生産分が発売開始1時間で売り切れるほどの人気を博している[26]

NPB公式戦通算10万号の本塁打を記録した2017年のロッテ戦(前述)では、チームメイトのT-岡田が当該打席の21分前(5回表)に9万9,999号目の本塁打を打ったことを受けて、自身が10万号を打つことをチームメイトに予告していたという[23]。もっとも、マレーロのNPB初本塁打が自身のミスによって取り消されていなければ、T-岡田の本塁打が10万号目になっていた可能性はあった。T-岡田は試合後に、マレーロに贈られる予定の賞金100万円について、自身との間で50万円ずつ折半することを冗談交じりでマレーロに提案。これに対して、マレーロは笑いながら、「たぶん折半しない」という返答で提案を固辞した[27]。そこで、オリックス球団ではT-岡田に対して、9万9,999円の賞金を贈ることを決定。2017年10月7日の授与式では、マレーロが目録のプレゼンターを務めた[28]

オリックス2年目の2018年4月15日に「7番・指名打者」として出場した対日本ハム戦(ほっともっとフィールド神戸)では、5回裏の第2打席で二塁打を放って出塁すると、9番打者・若月の右前安打で三塁走者の伏見寅威に続いて本塁へ突入。右翼手・松本剛から捕手・清水優心への好返球をかいくぐる格好で、清水のミットの手前で左足をわずかに浮かせると、左足から本塁へ滑り込んだ。このようなマレーロのプレーに対して、球審の嶋田哲也はセーフと判定。滑り込んだタイミングが完全なアウトとみなされたことから、日本ハム側はこの年からNPBに導入されたリクエスト制度の活用によって審判団に当該プレーのリプレー検証を求めたが、検証後も判定は覆らずにオリックスの得点が認められた[29]。このプレーでマレーロの左足が「神(の)足」との評価を得るに至ったため、球団では前述した「踏み忘れTシャツ」に続いて、2018年6月上旬以降に「神の足Tシャツ」を公式グッズとして発売することを決めた[30]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 WSH 31 117 109 6 27 5 0 0 32 10 0 0 0 3 4 0 1 27 1 .248 .274 .294 .568
2013 8 16 16 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .125 .125 .125 .250
2017 SF 15 41 38 2 5 0 0 1 8 5 0 0 0 1 2 0 0 9 4 .132 .171 .211 .382
オリックス 82 319 283 39 82 15 1 20 159 50 1 0 0 2 29 1 5 84 6 .290 .364 .562 .925
2018 68 245 219 22 44 12 1 11 91 26 1 0 0 1 24 0 1 68 5 .201 .282 .416 .697
MLB:3年 54 174 163 8 34 5 0 1 42 16 0 0 0 4 6 0 1 40 5 .209 .236 .258 .494
NPB:2年 150 564 502 61 126 27 2 31 1250 76 2 0 0 3 53 1 6 152 11 .251 .328 .498 .826
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 左翼(LF) 外野




































2011 WSH 31 253 14 2 17 .993 - -
2013 3 12 2 0 1 1.000 - -
2017 SF - 12 14 0 0 0 1.000 -
オリックス 46 350 17 3 22 .992 - 3 1 0 0 0 1.000
2018 26 196 14 0 15 1.000 - -
MLB 34 265 16 2 18 .993 12 14 0 0 0 1.000 -
NPB 72 596 31 3 37 .995 - 3 1 0 0 0 1.000
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
  • 初出場・初先発出場:2017年6月9日、対中日ドラゴンズ1回戦(大阪ドーム)、1番・右翼手で先発出場
  • 初打席:同上、1回裏に小笠原慎之介から空振り三振
  • 初安打・初打点:同上、5回裏に小笠原から中越適時三塁打(自身の本塁空過により本塁打が取り消されたことによる)
  • 初本塁打:2017年6月10日、対中日ドラゴンズ2回戦(京セラドーム大阪)、4回裏に柳裕也から左越ソロ
  • 初盗塁:2017年7月9日、対千葉ロッテマリーンズ14回戦(京セラドーム大阪)、3回裏に二盗(投手:石川歩、捕手:田村龍弘
その他の記録

背番号[編集]

  • 14 (2011年、2013年)
  • 49 (2017年 - 同年途中)
  • 12 (2017年途中 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2018年度契約更改 オリックス・バファローズ”. SANSPO.COM. 2018年2月13日閲覧。
  2. ^ Marrero Signs On With the Nationals”. washingtonpost.com (2006年6月27日). 2017年6月4日閲覧。
  3. ^ Chris Marrero arrives with the Nationals”. washingtonpost.com (2011年8月27日). 2017年6月4日閲覧。
  4. ^ a b オリックス、新外国人クリス・マレーロの獲得発表 昨季3Aで23発”. SANSPO.COM (2017年5月30日). 2017年6月4日閲覧。
  5. ^ Marrero caps magical week with MVP effort”. MiLB.com (2016年7月13日). 2017年6月4日閲覧。
  6. ^ Marrero on roster as Giants send 3 to Triple-A”. MLB.com (2017年4月1日). 2017年6月4日閲覧。
  7. ^ Marrero hits unforgettable 1st big league homer”. MLB.com (2017年4月15日). 2017年6月4日閲覧。
  8. ^ Giants No. 2 prospect Arroyo makes MLB debut”. MLB.com (2017年4月25日). 2017年6月4日閲覧。
  9. ^ クリス・マレーロ選手入団会見”. オリックス・バファローズ (2017年6月1日). 2017年6月4日閲覧。
  10. ^ ホームベース踏み忘れで本塁打取り消し オリックスのマレーロ、記録は三塁打”. サンケイスポーツ (2017年6月9日). 2017年6月9日閲覧。
  11. ^ オリ・マレーロ 本塁踏み忘れの一因 マスコットとハイタッチで走路外れた”. スポーツニッポン (2017-06月-10). 2017年8月4日閲覧。
  12. ^ マレーロ 長嶋以来59年ぶり“踏み忘れ”翌日弾「盛り上がっていたね」”. スポーツニッポン (2017年6月11日). 2017年6月12日閲覧。
  13. ^ オリックス、ディクソンとマレーロと来季契約”. 日刊スポーツ (2017年9月5日). 2017年9月10日閲覧。
  14. ^ オリックス・マレーロ3打席連発 天敵バンデン止めた「勝ったのが一番」”. スポーツニッポン (2017年9月14日). 2017年9月14日閲覧。
  15. ^ オリックス・マレーロがプロ野球通算10万号”. デイリースポーツ (2017年9月29日). 2017年9月29日閲覧。
  16. ^ オリックス・マレーロがリーグトップの6号”. 日刊スポーツ (2018年4月21日). 2018年5月15日閲覧。
  17. ^ オリックス・マレーロ不振で抹消 直近5試合無安打”. 日刊スポーツ (2018年5月14日). 2018年5月15日閲覧。
  18. ^ “メモリアル男”オリックス・マレーロ “神の左足”でパ通算1000勝”. スポーツニッポン (2018年6月4日). 2018年6月4日閲覧。
  19. ^ オリックス・マレーロ今季5度目の登録抹消 退団か”. 日刊スポーツ (2018年9月2日). 2018年11月8日閲覧。
  20. ^ 親戚揃ってうっかり…オリックス・マレーロ従弟が米で3点弾も走者追い越し単打→アウト”. FullCount (2018年4月15日). 2018年4月16日閲覧。
  21. ^ 【オリックス】マレーロ、美人の大学院生婚約者同伴入団会見”. スポーツ報知 (2017年6月2日). 2017年7月2日閲覧。
  22. ^ オリックスの新外国人・マレーロ、美女同伴で入団会見”. デイリースポーツ (2017年6月1日). 2017年7月2日閲覧。
  23. ^ a b マレーロ“伏線回収”10万号予告していた「次、打つぜ」、結婚宣言も出た”. スポーツニッポン (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  24. ^ オリックスのマレーロが入団会見”. 毎日新聞 (2017年6月2日). 2017年7月2日閲覧。
  25. ^ オリックス・マレーロが2打席連発で全打点 “両足ホームイン”を立て続けに披露”. サンケイスポーツ (2017年6月30日). 2017年8月20日閲覧。
  26. ^ 担当者も驚愕!オリックス・マレーロの“本塁踏み外し”Tシャツが1時間で完売の大ヒット”. BASEBALL KING (2017年7月8日). 2017年8月20日閲覧。
  27. ^ T-岡田、9万9999号「賞金は半々ですよ」 “本塁踏み忘れ”なければ記念弾”. スポーツニッポン (2017年9月30日). 2017年10月1日閲覧。
  28. ^ 使い道は?T-岡田に球団から9万9999円「嫁と相談します」”. スポーツニッポン (2017年10月7日). 2017年10月8日閲覧。
  29. ^ “神の手”ならぬ“神の足”!? オリックス・マレーロ、ミット手前で左足浮かせる好走塁”. FullCount (2018年4月16日). 2018年6月4日閲覧。
  30. ^ オリックス・マレーロ「神の足Tシャツ」6月発売へ”. 日刊スポーツ (2018年5月8日). 2018年6月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]