アッカド帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アッカド帝国
Akkadian Empire
仮リンク
仮リンク
ウンマ (シュメールの都市国家)
前2334年 - 前2154年 仮リンク
仮リンク
エブラ
アッカド帝国の位置
アッカド帝国の領土(茶色)と軍事遠征の方角(矢印)
公用語 アッカド語シュメール語
宗教 古代メソポタミア教英語版
首都 アッカド
元首等
紀元前2334年 - 紀元前2279年 サルゴン(初代)
紀元前2170年 - 紀元前2154年Shu-turul英語版(最後)
面積
前2350年 [1]30000km²
前2300年650000km²
前2250年800000km²
前2200年250000km²
変遷
成立 紀元前2334年
滅亡紀元前2154年

アッカド帝国英語:Akkadian Empire、アッカド語:𒆳𒌵𒆠māt Akkadiシュメール語:𒀀𒂵𒉈𒆠a-ga-de3KI )は、青銅器時代におけるメソポタミア最初の古代セム語系帝国である。聖書において古代メソポタミアでアッカドとも呼ばれ、アッカドとその周辺地域を中心としている。アッカド語シュメール語の話者が、この国の下に統一された。

概要[編集]

アッカド帝国はメソポタミア、レバントアナトリアに影響を与え、アラビア半島ディルムンマガン(現代のバーレーンオマーン)へ軍事遠征を行った[2]紀元前3千年紀頃、シュメール人とアッカド人との間にはかなり親密な文化的共生関係が発達し[3]、話し言葉としてのアッカド語は徐々にシュメール語に置き換わっていった(正確な年代は論争中)[4]

アッカド帝国は、建国者のサルゴン王によって征服された後の、紀元前2400-2200年頃に最盛期を迎えた[5]。サルゴンとその後継者の支配下で、アッカド語は短期間の間、エルムグティなどの近隣の征服された国家に強要された。この時期におけるその意味は正確ではないにせよ、アッカド帝国は歴史上最初の帝国と見なされることもある[6][7]。 アッカド帝国の滅亡後、メソポタミア人は最終的に北のアッシリア、そしてその成立の数世紀後の、南のバビロニアという主に2つのアッカド語を話す国となっていった。

時代[編集]

一般的に、アッカド帝国の時代は古代オリエントmiddle chronology英語版年表による紀元前2334〜2154年かあるいは、short chronology英語版年表による紀元前2270〜2083年と定められている。メソポタミア初期王朝時代英語版の後に成立し、ウル第三王朝によって引き継がれたが、前後の王朝の遷移は明確ではない。例えば、サルゴン王の登場がメソポタミア初期王朝の末期と一致したり、最後のアッカド王の治世がウルクラガシュの両都市国家を支配したシュメールのグーティアン王朝英語版と同時期だったりしている。アッカド帝国の時代はイスラエルのEB IV期やシリアのEB IVA期・EJ IV期、トルコのEB IIIB期と重なる。[8]

アッカド帝国の支配者とその在位期間は以下の通りである(いずれも紀元前)。

君主 Middle Chronology Short Chronology
サルゴン 2334–2279
リムシュ 2278–2270
マニシュトゥシュ 2269–2255
ナラム・シン 2254–2218
シャル・カリ・シャッリ 2217–2193
空位時代 2192–2190
デュデュ英語版 2189–2169
シュ・トゥルル英語版 2168–2154

技術[編集]

Black-and-white photograph of a statue consisting of an inscribed, round pedestal on top of which sits a seated, nude, male figure of which only the legs and lower torso are preserved
ナラム・シンの治世からのアッカドにおける神殿建設に言及している碑文が刻まれたバセトゥキ像

1960年イラク最北端のドホーク県バセトゥキ村英語版で発見されたバセトゥキ像英語版碑文には、"誰もの像を作ったことはないが、キシュリムシュ王は自分の像を鉛で作った。それはエンリルの前に立ち、彼(リムシュ王)の美徳を神々のイドゥに語った。"とある。製のバセトゥキ像はロストワックスの技法により鋳造され、当時の職人がアッカド帝国の時代に達成した高水準の技術を証明している[9]

功績[編集]

アッカド帝国は定期郵便サービスのある道路によって結ばれており、印鑑の代わりであった粘土印にはサルゴン王とその息子の名前が記されていた。地籍調査も実施されたようであり、それに関する文書のひとつには、カナンの起源を指していると見られる特定の「Uru-Malik」がアムル人の土地の支配者だった、すなわちシリアやカナンの半遊牧民としての「アムル」がアッカド語で呼ばれたということが述べられている。また、最初の天文学の観測資料や地理上の兆候などが、サルゴンによって設立された図書館のために作られた可能性もある。

サルゴンの治世以降には世界初の年号となる、王の在位期間中の各々の年の名前が、王によって執り行われた重要な儀式の後に名付けられるようにもなった。これら年号のリストはその後、カレンダーの制度となりメソポタミア地域の多くの都市国家において利用された。しかしアッシリアでは、年の名前はイベントや儀式ではなく、毎年王に公式に任命されたリンムという役職に就いた人名から取られるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ Taagepera, Rein (1979). “Size and Duration of Empires: Growth-Decline Curves, 600 B.C. to 600 A.D.”. Social Science History 3 (3/4): 115–138. doi:10.2307/1170959. JSTOR 1170959. 
  2. ^ Mish, Frederick C., Editor in Chief. "Akkad" Webster’s Ninth New Collegiate Dictionary. ninth ed. Springfield, MA: Merriam-Webster 1985. 0-87779-508-8).
  3. ^ Deutscher, Guy (2007). Syntactic Change in Akkadian: The Evolution of Sentential Complementation. Oxford University Press US. pp. 20–21. ISBN 978-0-19-953222-3. https://books.google.com/?id=XFwUxmCdG94C. 
  4. ^ Woods, C. (2006年). “Bilingualism, Scribal Learning, and the Death of Sumerian”. S.L. Sanders (ed) Margins of Writing, Origins of Culture: 91–120. 2019年3月閲覧。
  5. ^ Zettler (2003), p. 20. "Brinkman's chronology places Sargon's accession at 2334, his successors, Naram-Suen and Sharkalisharri, under whom the dynasty presumably collapsed, at 2254–2218 and 2217–2193, respectively, and the Third Dynasty of Ur at 2112–2004. however, Brinkman noted that if Hallo's 40 year Gutian interregnum is correct then the Dynasty of Akkade would have to be dated 2293–2113. The middle chronology, however, is under attack, with various scholars arguing strongly in favor of a low(er) chronology and for various reasons. Without going into detail, Boese has placed Sargon's accession at shortly after 2250 (1982), Gasche, Armstrong, Cole and Gurzadyan at 2200 (1998) and Reade at 2180 (2001), with the Third Dynasty of Ur moved according."
  6. ^ F Leo Oppenhiem - Ancient Mesopotamia
  7. ^ Liverani (1993), p. 3. "The factual criticism is that empires existed even before Akkad: or more properly that the term and concept of 'empire' has been recently applied (on not worse grounds than in the case of Akkad) to other older cases, from the Uruk of the late-Uruk period to the Ebla of the royal archives, to the very state formations of the Sumerian south in the period called in fact 'proto-imperial'. In no case is the Akkad empire an absolute novelty [...] 'Akkad the first empire' is therefore subject to criticism not only as for the adjective 'first' but especially as for the noun 'empire'.
  8. ^ Pruß, Alexander (2004), “Remarks on the Chronological Periods”, in Lebeau, Marc; Sauvage, Martin, Atlas of Preclassical Upper Mesopotamia, Subartu, 13, pp. 7–21, ISBN 978-2503991207 
  9. ^ van de Mieroop, M. (2007). A History of the Ancient Near East, ca. 3000-323 BC. Malden: Blackwell. pp. 68–69. ISBN 978-0-631-22552-2. 

外部リンク[編集]