アワン王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アワン王朝、アワン朝シュメール語:𒀀𒉿𒀭𒆠)は、紀元前2700年から紀元前2200年の期間に存在したエラム最初の王朝。

シュマシュキ王朝紀元前2200年紀元前1900年)とその後のエパルティ(スッカル・マフ)王朝(紀元前1900年紀元前1500年)に引き継がれた[1]

歴代王[編集]

  • 名前不明の3人の王
  • ペリ (前2500頃)
  • イグリシュ・ハラム (前2460頃)
  • イルカブ・ダム (前2450頃)
  • アル・エンヌム (前2420頃)
  • タタ
  • ウック・タヘシュ
  • ヒシュル
  • シュシュン・タラナ
  • ナピル・フシュ
  • キック・シヴェ・テムティ
  • (アッカド時代)
    • ルフ・イシュシャン (前2350頃?)
    • ヒシェプ・ラテプ
  • ヘル
  • ヒタ
  • クティク・インシュシナク (前2240頃)
  • タジッタ1世
  • エパルティ
  • タジッタ2世

脚注[編集]

  1. ^ Gwendolyn Leick (31 January 2002). Who's Who in the Ancient Near East. Routledge. p. 72.

関連項目[編集]