チグリス川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チグリス川
Tigris River At Diyarbakir.JPG
源流から約100キロメートル、チグリス川はトルコディヤルバクル市の外側で豊かな農業を可能としている。
トルコ, シリア, イラク
支流
 - 左支流 バトマン川英語版, ガルザン川英語版, ボタン川英語版, 小ハブール川英語版, 大ザブ川英語版, 小ザブ川英語版, アドハイム川英語版, ジズレ川英語版, ディヤラ川英語版
 - 右支流 サルサール湖英語版
ディヤルバクル, モースル, バグダード
源流 ハザル湖英語版
 - 標高 1,150m (3,773ft)
 - 座標 北緯38度29分0秒 東経39度25分0秒 / 北緯38.48333度 東経39.41667度 / 38.48333; 39.41667
合流地 シャットゥルアラブ川
 - 所在地 アル・クルナ英語版, バスラ県, イラク
長さ 1,850km (1,150mi)
流域 375,000 km² (144,788 sq mi)
流量 for バグダード
 - 平均 1,014 m3/s (35,809 cu ft/s)
 - 最大 2,779 m3/s (98,139 cu ft/s)
 - 最小 337 m3/s (11,901 cu ft/s)
Tigr-euph.png
チグリス・ユーフラテス水系の流域の地図
[1][2]
バトマン川

チグリス川、またはティグリス川[ˈtɡrɪs])は西アジアでユーフラテス川とともにメソポタミアを形作る大河。ユーフラテス川の東側を流れている。この川は南東トルコの山岳地帯から南に流れ、シリアイラクを通過してペルシア湾に注ぎ込む。

地名[編集]

略奪品を携えてチグリス川を渡るベドウィン(1860年頃)

古代ギリシア語のティグリス(ギリシア語として解釈するならばΤίγρις)はトラ(tiger)の意である。)は古代ペルシア語Tigrāから派生した。古代ペルシア語名はエラム語Tigraから来ており、更にエラム語名はシュメール語イディグナIdigna)から来ている。

大元となったシュメール語IdignaまたはIdiginaは恐らく*id(i)gina(流水)から来ており[3]、それは隣接するユーフラテス川との対比で「流れの速い川」と解釈することができる。ユーフラテス川のゆっくりとした流れはチグリス川よりも多くのシルトを堆積させ、より高い河床を作り上げた。このシュメール語形の名前は、アッカド語ではイディグラトIdiqlatとなり、さらに別のセム系言語(例えばヘブライ語:Ḥîddeqel、シリア語:Deqlaṯ、アラビア語:Dijlah)の名前に繋がった。

チグリス川を指す別の名前として中世ペルシア語ではアルヴァンド・ルードArvand Rud、アルヴァンド川)という名前も使用された。これは「流れの速い川」の意味である。現代ペルシア語ではこのArvand Rudاروند رود)はユーフラテス川とチグリス川が合流した川(アラビア語ではシャットゥルアラブ川として知られる)の名前として使用されている。クルド語ではAva Mezinという名前でも知られる。これは「偉大な水」という意味である。

以下にチグリス川の周辺地域で使用されている、あるいはかつて使用されていた主要な言語での呼称を示す。

イラク、モースル市の外部
言語名 原語表記 ラテン文字転写 カナ転写
アラビア語 دجلة、またはحداقل Dijlah、またはḤudaqil ディジュラ
トルコ語 Dicle Dicle ディジュレ
クルド語 Dîcle、またはDîjla Dîcle/Dîjla
ペルシア語 دجله Dejle
アルメニア語 Տիգրիս、またはԴգլաթ Tigris/Dglatʿ
ヘブライ語 חידקל Ḥîddeqel、聖書ヘブライ語ではHiddekel[4]
英語 Tigris Tigris チグリス/ティグリス
アラム語 ܕܝܓܠܐܬ Diglath
アラム語 ܕܹܩܠܵܬ Deqlaṯ
シュメール語 𒁇𒄘𒃼 Idigna/Idigina イディギナ
アッカド語 𒁇𒄘𒃼 Idiqlat/Idiglat イディグラト
古代ペルシア語 𐎫𐎡𐎥𐎼𐎠 Tigrā ティグラ
中世ペルシア語 Tigr
フルリ語 Aranzah[5]
古代ギリシア語 Τίγρις、またはΤίγρης Tígris、またはTígrēs ティグリス/ティグレース

地理[編集]

チグリス川は全長1,750キロメートル、東トルコのタウルス山脈に源流を持つ。源流はエラズー市の西約25キロメートル、ユーフラテス川の源流の30キロメートルのあたりである。チグリス川はその後、シリアとトルコの国境まで400キロメートルほどトルコ領を流れる。チグリス川はシリア領内を44キロメートルだけ流れている[1]

ユーフラテス川の合流地点のすぐそばで、チグリス川はいくつかの運河で分岐されている。第一に人工のShatt al-Hayyが分岐し、ナーシリーヤ近郊でユーフラテス川に合流する。第二にen:Shatt al-Muminahen:Majar al-kabirが分岐し、中央湿地帯英語版を潤す。更に下流では、別の二つの流路が分岐(アル=ムシャラフ英語版アル=カーラ英語版し、Hawizeh Marshesを潤す。主水路は南へ向かって続き、Al-Kassarahと合流する。これらの流れがHawizeh Marshesの水を排水する。最後に、チグリス川はユーフラテス川とアル・クルナ英語版のそばで合流し、シャットゥルアラブ川を形成する。大プリニウスや他の古代の歴史家たちによれば、ユーフラテス川は元来はチグリス川とは別に海へ注ぐ河口を持っていた[6]

イラクの首都バグダードはチグリス川の河岸に位置している。港町バスラはシャットゥルアラブ川をまたいでいる。古代の間、チグリス川沿いかその近隣にメソポタミアの偉大な都市の数々が建設され、メソポタミア文明を担ったシュメール人たちは河水を灌漑用水として引いた。チグリス河畔の特筆すべき都市にはニネヴェクテシフォン(テーシフォーン)、セレウキアなどがあり、またラガシュ市は前2900年頃に運河を掘削してチグリス川から灌漑用水を得た。

交通[編集]

チグリス川は長きにわたり砂漠地帯の大部分の国々にとって重要な交通路であった。浅喫水船(Shallow-draft vessels)がバグダードまで行くことができるが、より上流のモースルへの輸送にはいかだ(rafts)が必要である。

1836年にフランシス・ロードン・チェスニー将軍は2隻の蒸気船を陸路でシリアを経由して運び、インドへ向かう陸路と河川路の可能性を探った。蒸気船の1隻チグリスTigris)は嵐にあって破壊された。船は沈み、20人が死亡した。チェスニーはチグリス川で動力付船舶(powered craft)が航行可能であることを証明した。その後、1861年にthe Euphrates and Tigris Steam Navigation Companyがリンチ兄弟(Lynch Brothers)の商社によって設立された。この会社は2隻の蒸気船でサービスを行った。1908年までに10隻の蒸気船がチグリス川にあった。観光客は蒸気船(steam yachts)に乗り込んで内陸に入った。当時は考古学観光の黎明期であったため、ウルクテシフォンの遺跡はヨーロッパ人観光客に人気を博した。

第一次世界大戦では、イギリスがオスマン帝国領メソポタミアの征服時、インド人とテムズ川のパドラーがタウンゼント将軍の軍隊に配属された。詳細はクート包囲バグダード陥落 (1917年)英語版を参照のこと[7]

第一次世界大戦の後、バグダード鉄道の未完成部分であったバスラ-バグダード-モースル間の路線が完成し、また道路輸送が貨物輸送の大半を占めるようになったため、20世紀の間に河川輸送は重要性を失った。

管理と水質[編集]

チグリス川はイラクとトルコで灌漑用水を河谷に隣接する乾燥地ならびに半砂漠地域に導入するために大規模に堰き止められている。こうした水の堰き止めはまた、イラクで洪水の害を避けるために重要な役割を果たしてきた。歴史的にイラクでのチグリス川の洪水は4月にトルコの山々で雪解け後に発生しやすいことが知られている。

最近のトルコでのチグリス川の堰き止めはトルコ国内の環境への影響と、下流域での流量低下に関連した複数の論争の主題となっている。モスルダムはイラク最大のダムである。

チグリス・ユーフラテス両河の水は紛争中の圧力の手段として利用される.[8]

2014年にはイラクとトルコの複数のステークホルダーの代表者たちの間で、チグリス川の流量についてのデータの交換、較正、表樹基準の作成のための行動計画についての合意で大きなブレークスルーが達成された。この合意は「チグリス川におけるジュネーヴ合意(Geneva Consensus On Tigris River)」と呼ばれ、シンクタンクStrategic Foresight Group英語版によって組織されたジュネーヴでの会議で合意された[9]

2016年、在イラクアメリカ大使館英語版イラク大統領ハイダル・アル=アバーディモスルダムが決壊する可能性があるという警告を行った[10]。アメリカ合衆国はモースル・ダムが決壊すれば500,000人から1,500,000人が鉄砲水によって水死する恐れがあるとして、人々にチグリス川の氾濫原から非難するように警告した。イラクの主要都市であるモースルティクリートサマッラー、そしてバグダードがこの危険に晒されていた[11]

伝説と神話[編集]

シュメール神話では、チグリス川はエンキ神が川を流水で満たしたことで作られた[12]

ヒッタイトフルリ人の神話ではAranzah(チグリス川のフルリ語名、ヒッタイト語単数主格形ではAranzahas)は神格化されていた。Aranzah(チグリス川)はクマルビ神の息子でありテシュブ神とSuwaliyat(Tašmišu)神の兄弟であり、Kanzuras山でクマルビ神の口から生まれた3柱の神の一神であった。その後Aranzahはクマルビ神を打ち滅ぼすためにアヌ神およびテシュブ神と共謀した(クマルビの歌英語版

チグリス川は旧約聖書に二度搭乗する。最初は創世記であり、エデンの園から流れ出る川が分岐した4つの川のうちの3番目である[4]。2度目の言及はダニエル記にあり、ダニエルは「わたしがチグリスという大川の岸に立っていたとき」啓示(visions)の1つを受けたとしている[13]

チグリス川はまたイスラームにおいても言及される。イマームのアフマド・ビン・ハンバルサイード・アブドゥル・ラザク・ジーラーニー英語版の墓はバグダードにあり、チグリスの流れが参拝者の数を制限している。

バグダード市内のチグリス川(2016年)
バグダード市内のチグリス川(2016年)
イラク王国(1932年-1959年)の紋章にはシャットゥルアラブ川に合流するユーフラテス川とティグリス川とナツメヤシの森が描かれている。このナツメヤシの森はかつて世界最大のものであった。

チグリス川は1932年から1959年までイラクの国章に採用されていた。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Isaev, V.A.; Mikhailova, M.V. (2009年). “The hydrology, evolution, and hydrological regime of the mouth area of the Shatt al-Arab River”. Water Resources 36 (4): 380-395. doi:10.1134/S0097807809040022. 
  2. ^ Kolars, J.F.; Mitchell, W.A. (1991). The Euphrates River and the Southeast Anatolia Development Project. Carbondale: Southern Illinois University Press. pp. 6-8. ISBN 0-8093-1572-6. 
  3. ^ F. Delitzsch, Sumerisches Glossar, Leipzig (1914), IV, 6, 21.
  4. ^ a b 創世記 2:14
  5. ^ E. Laroche, Glossaire de la langue Hourrite, Paris (1980), p. 55.
  6. ^ 大プリニウス『博物誌』, VI, XXVI, 128-131
  7. ^ Mesopotamia, Tigris-Euphrates, 1914-1917, despatches, killed and died, medals”. naval-history.net. 2015年11月28日閲覧。
  8. ^ Vidal, John. "Water supply key to outcome of conflicts in Iraq and Syria, experts warn" The Guardian, 2 July 2014.
  9. ^ Analysis & Water Agenda”. ORSAM. 2015年11月28日閲覧。
  10. ^ Borger, Julian (2016年2月29日). “Iraqi PM and US issue warnings over threat of Mosul dam collapse”. The Guardian. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2016/feb/29/iraq-us-issue-warnings-threat-of-mosul-dam-collapse 2016年2月29日閲覧。 
  11. ^ “US warns of Mosul dam collapse in northern Iraq”. BBC News. BBC (BBC). (2016年2月29日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-35690616 2016年2月29日閲覧。 
  12. ^ Jeremy A. Black, The Literature of Ancient Sumer, Oxford University Press 2004, 0-19-926311-6 p. 220-221
  13. ^ ダニエル書 10:4

外部リンク[編集]