ウンマ (シュメールの都市国家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウンマの古地図(ルーブル博物館) ウンマに属する土地の区画ごとの面積が記されている

ウンマ (Umma) は、古代シュメール文明の都市国家の一つ。元首はエンシ(ensi、王または知事)と称した。市の守護神とされるのは、ウサハラ神・イナンナの息子シャラ神など。ダムキナ女神・ニサバ女神も崇拝された。征服者ルガルザゲシを生んだことで有名である。

歴史[編集]

ウンマ・ラガシュの抗争[編集]

紀元前2600年~前2500年頃の約100年にわたり、「エデンの園」のモデルともいわれるチグリス川沿岸の肥沃なグ・エディン・ナシュメール語: GU.EDEN.NA。「平野の境界」の意)の地をめぐって、ウンマとラガシュは「ラガシュ・ウンマ戦争フランス語版」を繰り返した。前2425年頃、ラガシュのエアンナトゥム王がウンマのエナカリロシア語版王を倒して、シュメール諸都市を制圧。ラガシュの次王エンメテナもウンマの王ウル・ルンマロシア語版と抗争を続けた。後にウンマとラガシュは和平協定を結ぶが、これは史上最初の国際条約といわれている。

ルガルザゲシのシュメール統一[編集]

紀元前2371年、ウンマの祭司ルガルザゲシ(Lugal-zage-si)が前王を倒して王(エンシ)位に就く(在位:前2371年~前2347年 年代については諸説ある)。ルガルザゲシ王は次々と隣国に戦争をしかけ、前2340年代にウルカギナ王のラガシュを略奪・破壊し、続いてウルクウルラルサなどシュメール諸都市を制圧、一説にはペルシア湾から地中海までの一大帝国を築いたという。ルガルザゲシの帝国は約20年間続き、これをウルク第3王朝というが、その支配は短期間で終わった。

滅亡[編集]

その後、キシュ出身のサルゴンという男が出現して新市アガデを造営し、ウンマらのシュメール連合軍を破り、ウルクとウンマの王にしてシュメールの盟主ルガルザゲシを捕虜とした(獄死)。アッカドはシュメール全土を征服し、シュメール初期王朝英語版時代は終焉する。

年譜[編集]

  • 前2425年頃:ラガシュの王エアンナトゥム(キシュ王の称号を持つ)が、ウンマの王エナカリを撃破する。
  • 前2371年頃:祭司ルガルザゲシが前王を倒して、王(エンシ)となる。
  • 前2340年頃:ルガルザゲシ王がラガシュを襲撃して撃破、破壊した。
  • 前2331年頃:サルゴン、キシュ王を倒して王となり、シュメールを征服。

主要な王[編集]

ウンマ王朝[編集]

※ 全ての王を網羅してはいない。

ウルク第3王朝[編集]

その他の主なシュメール都市国家[編集]

外部リンク[編集]