アラブ連邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラブ連邦
الاتحاد العربي
イラク王国
ヨルダン
1958年2月14日 - 8月2日 イラク共和国 (カーシム政権)
ヨルダン
イラクの国旗
国旗
イラクの位置
公用語 アラビア語
首都 バグダード
国王
1958年 - 1958年 ファイサル2世
首相
1958年 - 1958年 ヌーリー・アッ=サイード
面積
1958年 527,659km²
人口
1958 8,068,000人
変遷
成立 1958年2月14日
7月14日革命 1958年7月14日
崩壊 1958年8月2日
連邦結成の条約調印式に臨むイラク国王ファイサル2世とヨルダン国王フセイン1世

アラブ連邦(アラブれんぽう、アラビア語: الاتحاد العربي‎)は、1958年に存在したイラクヨルダンによる連邦国家である。肥沃な三日月地帯を再びハーシム家の支配のもとに置こうとしたイラク首相ヌーリー・アッ=サイードの計画の一環として始まった[1][2]

経緯[編集]

パレスチナ戦争におけるアラブ連合軍の敗北で軍将校らはアラブ諸王政が敗北の原因と考えるようになり1952年エジプト王国自由将校団により共和制に移行。さらにスエズ戦争におけるエジプトの成功に他のアラブ諸国の軍も感化され、王政打倒の風潮が蔓延し、エジプトもこれを助長しようと宣伝に尽力する。

1957年にはまず、ハーシム家の君主国のヨルダン王国でクーデターが発生するが、なんとか切り抜ける。さらに1958年のはじめ、エジプトシリア汎アラブ主義に基づきアラブ連合共和国として統合したため間に挟まれ危機感を抱いたヨルダン王国は同じハーシム家の君主国で、アラブでの反共産親欧米派盟主を自負するイラク王国とともにアラブ連邦を構成する。連邦元首にイラク王ファイサル2世が就任する。

7月14日革命でイラク王国が倒されたことにより、約半年で崩壊した。

出典[編集]

  1. ^ Marius Deeb, The Lebanese civil war, Praeger, 1980, p. 67.
  2. ^ Tareq Y. Ismael, Jacqueline S. Ismael, Kamel Abu Jaber, Politics and government in the Middle East and North Africa, University Press of Florida, 1991, p. 192.

外部リンク[編集]