人口統計学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人口規模を国別に表した地図
500年から2150年までの世界人口推移の推計。黒線は過去の人口の推定、青は近年の実際の世界人口、その先はさまざまな推計。 国連2004年予測(赤、オレンジ、緑の線)と アメリカ人口統計局の歴史上の人口見積(黒線)に基づく。

人口統計学(じんこうとうけいがく、英: demography[1], population statistics[1])は、人口統計学的に検討する学問分野。人口の変化・増減、出生出生率)や死亡死亡率)、余命、性別や年齢などの構成、人口密度、属性、地域間や国家間の移動の動向などを研究対象とする。

名称と位置付け[編集]

人口統計学は英語の"demography"に対応し、これをカタカナに転写したデモグラフィーとも呼ばれる[1][2]。あるいは人口学とも呼ばれる[2]。ただし、人口学は統計学的手法の有無に関わらない「人口を研究対象とする学問」という広い範囲を包括する用語でもあり、人口統計学は人口学の中の一分野とも位置付けられる[3][1]

人口学を、さらに形式人口学 (英: formal demography) と実体人口学 (英: substantive demography) に大きく分けることもある[4]。形式人口学は、対象を人口変数と呼ばれる「人口の一時点における状態や変化を数量的に表したもの」[5]に限定し、数量的分析を行う分野である[6]。狭義の人口学は、この形式人口学を指しているともいえる[4]。実体人口学は、経済、社会、環境などの非人口変数要素と人口変数の関係を研究する分野である[7]。形式人口学も包括しており、実体人口学は広義の人口学ともいえる[6]

人口統計[編集]

人口統計学では、人口の統計的データ、いわゆる人口統計 (英: population statistics[8]) を扱う。人口統計には人口静態統計人口動態統計の2種類がある[8]。人口静態統計は、瞬間的な、ある時点における人口の規模や構造を示す統計である[9]。主に国勢調査によって人口静態統計のデータが集められる[9]。人口動態統計は、出生数、死亡数、移動数なども含み、2つの時点間での人口変化の要因を明らかにしようとする統計である[8]出生届死亡届などのそれぞれの届出から人口動態統計のデータが集められる[10]

デモグラフィーに似た言葉としてデモグラフィックス (英: demographics) やデモグラフィックがある[11][12]。人口を構成する各個人は、性別、年齢、住所、所得、職業、学歴、世帯構成などの社会経済的な属性データを持っている[12]。デモグラフィックスとは、これらの属性データを指し、マーケティングにおいて純粋な人口数のような人口統計と結びつけて精度の高いマーケティングを行うことに用いられる[11]

人口の増減[編集]

ある地域の人口の増減を考える上で、出生死亡移動の3つが人口増減を決定する基本的要因となる[13]。これを示した次の式は人口学的方程式と呼ばれる[14]

Pt2 = Pt1 +(BD) + (IO)

ここで、

  • Pt2t2 時点での人口
  • Pt1t1 時点での人口
  • Bt1から t2 の期間における出生数
  • D は同期間の死亡数
  • I は同期間の流入数
  • O は同期間の流出数

出生数と死亡数の差、すなわち上式における BD自然増加と呼ぶ[15]。また、流入数と流出数の差、上式における IO社会増加と呼ぶ[15]。統計値が不備なく完全なものなら、この式が厳密に成立することになる[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 人口研究会 2010, p. 154–155.
  2. ^ a b デジタル大辞泉. “じんこうがく【人口学】の意味”. goo辞書. NTT Resonant Inc. 2016年1月10日閲覧。
  3. ^ 岡崎 1999, p. 2.
  4. ^ a b 人口研究会 2010, p. 135.
  5. ^ 人口研究会 2010, p. 166.
  6. ^ a b 岡崎 1999, p. 3.
  7. ^ 人口研究会 2010, p. 38.
  8. ^ a b c 岡崎 1999, p. 16.
  9. ^ a b 人口研究会 2010, p. 148.
  10. ^ 人口研究会 2010, p. 157.
  11. ^ a b 人口研究会 2010, p. 221.
  12. ^ a b DBM用語辞典. “デモグラフィックとは”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2016年1月10日閲覧。
  13. ^ 岡崎 1993, p. 81.
  14. ^ 岡崎 1993, pp. 8–9.
  15. ^ a b 人口研究会 2010, p. 137.
  16. ^ 岡崎 1993, p. 8.

参照文献[編集]

  • 人口研究会(編)、2010、『現代人口辞典』初版、 原書房 ISBN 978-4-562-09140-9
  • 岡崎陽一、1999、『人口統計学』増補改訂版、 古今書院 ISBN 4-7722-4011-X
  • 岡崎陽一、1993、『人口分析ハンドブック』初版、 古今書院 ISBN 4-7722-1725-8