青堀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青堀駅
駅舎(2012年3月)
駅舎(2012年3月)
あおほり - Aohori
君津 (3.7km)
(4.6km) 大貫
所在地 千葉県富津市大堀1884
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 内房線
キロ程 42.0km(蘇我起点)
千葉から45.8km
電報略号 ホリ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,519人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1915年大正4年)1月15日
備考 業務委託駅
塗装前の駅舎(2007年2月)
塗装前の駅舎(2007年2月)
駅前ロータリー
駅前ロータリー

青堀駅(あおほりえき)は、千葉県富津市大堀にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)内房線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅である。ホームは嵩上げされていない。駅舎とホームは跨線橋で連絡している。

JR千葉鉄道サービスによる業務委託駅で、君津駅が管理している。自動券売機2台(どちらもSuica対応)、簡易Suica改札機が設置されている。トイレは男女別の水洗式

国鉄時代は貨物の取り扱いもあり、駅舎の脇(君津寄り)に貨物用ホームが存在していた。また、ホームを挟んだ反対側にも機回し線と思われる線路が存在していた。現在はともに撤去されており貨物ホームのあった場所付近に線路を渡るための跨線橋が設置され、機回し線跡も自転車駐輪場として整備された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 内房線 上り 木更津千葉東京方面
2 内房線 下り 上総湊館山安房鴨川方面
  • 信号設備上、1、2番線いずれも両方面からの到着及び出発が可能である。
  • 上記設備を用いて臨時列車が当駅にて折り返しを行うことがある。
  • ホームは11両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2012年度の乗車人員は1日平均1,519人。富津市の駅では最も利用者数が多い。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 2,357
1991年 2,449
1992年 2,543
1993年 2,555
1994年 2,435
1995年 2,298
1996年 2,184
1997年 2,065
1998年 2,038
1999年 1,978
2000年 1,909
2001年 1,838
2002年 1,730
2003年 1,651
2004年 1,623
2005年 1,572
2006年 1,583
2007年 1,615
2008年 1,636
2009年 1,619
2010年 1,606
2011年 1,525
2012年 1,519
2013年 1,525

バス路線[編集]

日東交通天羽日東バス(路線バス)、京成バス(高速バス)により運行される。

乗り場 経由地 行先
青堀駅 中央門入口・畑沢・桜井 木更津駅西口
青木・新井・富津銀行前 富津公園
神門・大和田陸橋下・君津台中央 君津駅北口
大堀二丁目 イオンモール富津
人見大橋・中野五丁目 君津駅南口
下飯野・富津市役所 大貫駅
(高速バス) 東京駅八重洲口前浜松町東雲車庫

駅周辺[編集]

  • 国道16号
  • 青堀郵便局
  • 千葉県立富津公園(駅前から日東交通バスの連絡あり)
    • 千葉県立富津ジャンボプール
  • 富津海岸(潮干狩り)
  • TEPCO新エネルギーパーク
  • 富津埋立記念館
  • 富津市立青堀小学校
  • 富津市立富津小学校
  • 富津市立飯野小学校
  • 富津市立富津中学校
  • 富津市役所富津連絡所

駅前にはタクシーの待ち合い室がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
内房線
通勤快速(平日上り1本のみ)・快速(土休日上り京葉線経由1本のみ)・普通(各駅停車)
君津駅 - 青堀駅 - 大貫駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]