金鍾國 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キム・ジョングク
各種表記
ハングル 김종국
漢字 金鍾國
発音: キム・ジョングク
ローマ字 Kim, Jong-guk
本人表記: Kim, Jong Kook
テンプレートを表示
金 鍾國(キム・ジョングク)
起亜タイガース コーチ #83
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 光州広域市
生年月日 1973年9月14日(40歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 1995年 1次ドラフトでヘテ・タイガースから指名
初出場 1996年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国
WBC 2006年

金 鍾國キム・ジョングク1973年9月14日 - )は、韓国プロ野球起亜タイガースに所属していた大韓民国出身の元プロ野球選手。現役時代の守備位置は内野手。

高麗大学時代からアマチュア代表の遊撃手を務めるほど、頭角を現した。1995年の1次ドラフトでヘテ・タイガースから指名された。入団してすぐ二塁のレギュラーに定着。李鍾範と二遊間コンビを形成して、翌年までヘテ・タイガースの2度目の韓国シリーズ連覇に貢献。李鍾範が中日に移籍した後は、故障などで苦労する時間が多かったが、回復してからは外野にコンバートされた李鍾範の代わりに内野陣の司令塔の役割を果たしていた。打率はやや低いが、俊足と粘り強い打撃、堅実な守備が特徴。


国際大会では2002年釜山アジア大会韓国代表に選ばれ、金メダル獲得に貢献した。2006 ワールド・ベースボール・クラシック‎韓国代表にも選ばれた。

2010年4月、起亜が韓国プロ野球史上初の3軍を創設するに当たってプレイングコーチに任命され、同年限りでの現役引退も表明した。2011年からコーチ専任となった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
1996
126 428 52 92 21 2 11 51 22 4 43 104 5 17 .215 .350 .284 .634
1997 126 372 52 78 15 0 9 35 13 4 39 74 8 8 .210 .323 .283 .607
1998 42 125 15 29 2 1 2 11 8 2 11 21 5 8 .232 .312 .292 .604
1999 2 3 2 1 0 0 1 2 0 0 2 1 0 0 .333 1.33 .600 1.933
2000 86 228 26 59 11 1 2 31 15 4 24 42 4 6 .259 .342 .324 .666
2001
101 361 63 103 15 3 4 25 21 12 45 56 5 7 .285 .377 .362 .739
2002 133 527 95 151 26 3 8 53 50 9 64 116 5 9 .287 .393 .363 .756
2003 125 464 67 116 23 1 6 46 31 11 57 67 3 7 .250 .343 .330 .673
2004 133 491 66 130 20 1 10 46 39 8 51 81 10 10 .265 .371 .333 .703
2005 117 374 39 88 15 3 4 40 11 5 40 68 7 15 .235 .324 .305 .629
2006 111 323 35 73 17 1 1 26 16 5 28 59 6 7 .226 .294 .286 .580
2007 93 288 47 69 13 0 6 28 13 3 46 39 13 10 .240 .347 .342 .689
2008 113 300 33 70 16 3 1 26 13 3 35 57 5 4 .233 .317 .313 .629
2009 51 108 12 27 4 0 1 9 2 0 10 12 1 4 .250 .315 .308 .623
通算:14年 1359 4391 604 1086 198 19 66 429 254 70 495 797 77 112 .247 .346 .321 .668
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]