老舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
老舎
Laoshe.jpg
老舎(1960年より前の撮影)
プロフィール
出生: 1899年2月3日
死去: 1966年8月24日
出身地: 清の旗 北京
職業: 作家
各種表記
繁体字 老舎
簡体字 老舎
拼音 Lǎoshě
和名表記: ろうしゃ
発音転記: ラオシャー
テンプレートを表示

老舎(ろうしゃ)は中華民国中華人民共和国小説家劇作家本名舒慶春舎予。老舎とはペンネームで、苗字の「舒」の字の偏をとったものとされる。北京出身。満州族正紅旗)。北京の町と人々をこよなく愛し、「北京之花」「人民芸術家」「語言大師」と称された。文化大革命で犠牲となった代表的な著名人でもある。

代表作に小説駱駝祥子』『四世同堂』『正紅旗下』(遺作)、戯曲『龍鬚溝』『茶館』。

略年譜[編集]

  • 1899年、北京の満州旗人の家で5人兄弟の末子として生まれる。
  • 1900年義和団の乱で父が死亡してから母が他家の雑用、洗濯女などをして貧しい少年時代をすごす。慈善家の縁から私塾に入学したのをきっかけに、新制小学校、北京師範学校を卒業
  • 1918年、19歳で小学校長赴任。その後北京北郊勧学員などを務める。
  • 1922年洗礼を受け、キリスト教に入信。
  • 1924年、英語学習のため聴講していた燕京大学のイギリス人教授の紹介で渡英、ロンドン大学東方学院(the School of Oriental Studies、東洋アフリカ研究学院(SOAS)の前身)で中国語講師をする傍ら、創作活動を始めた。
  • 1926年、処女長編小説『張さんの哲学』(老张的哲学)を発表。
  • 1930年、帰国。済南大学・山東大学で教鞭をとりつつ作家活動を展開。
  • 1936年、作家活動に専心するため山東大学を辞職、同年『駱駝祥子』を発表。翌1937年盧溝橋事件以後、「中華全国文芸界抗敵協会」の事実上の責任者として尽力、抗日を題材に多く作品を発表した。
  • 1944年、抗日戦争を題材にした大河小説『四世同堂』執筆開始。
  • 1946年アメリカ国務省の招きを受け、渡米。『四世同堂』第三部を脱稿。
  • 1949年、帰国。

以後、新しい人民生活を反映する作品を中心に創作活動を続けた。

ノーベル文学賞候補[編集]

「1968年(もしくは1966年)にノーベル文学賞候補となるが、本人が死去していたため受賞できなかった」とする主張が存在する[1]が、ノーベル賞の選考経過やそれに関する資料は50年間の守秘義務があるため、現在のところ資料によってそれを確認することはできない。この真偽が判明するのは早くても2016年となる。

日本語訳[編集]

  • 「大悲寺外」猪俣庄八訳『支那現代文学叢刊』第2輯 伊藤書店, 1939 
  • 『小坡の誕生日』興亜書局編輯部訳 興亜書局, 1940
  • 「ちやお・つう・ゆえ」奥野信太郎訳『現代世界文学叢書』中央公論社 1943 のち筑摩書房 
  • 『駱駝祥子』竹中伸訳 新潮社、1943 のち文庫 
    • 『駱駝のシャンヅ』飯塚朗訳 世界名作全集 平凡社、1960 のち角川文庫 
    • 「駱駝祥子」市川宏,杉本達夫訳『世界文学全集 カラー版 第35巻 (魯迅.老舎)』河出書房新社 1969
    • 『駱駝祥子』(ロ-トシアンツ)立間祥介訳『世界文学全集』集英社、1970 のち岩波文庫 
    • 『駱駝祥子』(ルオトゥオシヤンズ) 中山高志訳 白帝社, 1991
  • 『四世同堂』鈴木択郎等訳 月曜書房 1951-52 のち角川文庫  
  • 『離婚』竹中伸訳 山根書店, 1952
    • 「離婚」伊藤敬一訳 『中国現代文学選集 第6 (老舎・曹禺集)』平凡社, 1962 
  • 『牛天賜物語』竹中伸訳 筑摩書房, 1953
  • 『張さんの哲学』竹中伸訳 筑摩書房, 1953
    • 『張さんの哲学 近代中国庶民達のフィロソフィー』呉綿季,石川正人共訳 武田書店, 2002
  • 『東海巴山集 小説』千田九一訳 岩波新書 1953
  • 『竜鬚溝』中沢信三訳 未来社, 1953
  • 『ろん・しゆい・ごう(竜鬚溝) 戯曲』黎波訳 創元社, 1953
  • 『春華秋実』黎波訳 弘道館 1954
  • 『老舎作品集』岡本隆三訳 青木書店 1955
  • 『文章入門』趙樹理,胡万春共著 駿台社編集部訳 駿台社 1960
  • 『猫城記』(マオチョンチ)(1980 サンリオSF文庫 稲葉昭二訳)
  • 『まほうの船』君島久子訳 ほるぷ出版 1981
  • 老舎小説全集』(全10巻)(1981~1982 学習研究社
第1巻 張さんの哲学・離婚 竹中伸訳 
第2巻 趙子曰・ドクター文 / 中山時子
第3巻 馬さん父子・小坡の誕生日 / 竹中伸,斎藤喜代子訳
第4巻 猫の国・牛天賜物語 / 日下恒夫,竹中伸訳
第5巻 駱駝祥子 (ロートシャンツ) 満洲旗人物語 竹中伸訳 
第6巻 老舎自選短篇小説選 / 竹中伸訳
第7巻 火葬・私の一生 / 平松圭子,日下恒夫訳
第8-10巻 四世同堂 / 竹中伸、蘆田孝昭
  • 『戯曲老舎珠玉』(1982 大修館書店、『龍鬚溝』『茶館』『西望長安』収録 黎波訳)
  • 『老舎のロマン 近代中国文豪編』石田達系雄訳 文芸タイムス社 1995
  • 『老舎幽黙詩文集』中山時子監修 斉霞監訳 老舎を読む会訳 叢文社, 1999
  • 「黒李と白李」下出鉄男訳『中国現代文学珠玉選 小説 1』二玄社, 2000

脚注[編集]

  1. ^ 文潔若「老舎とノーベル文学賞」『人民中国』2001年8月号。この記事ではノルウェーの中国研究者であるエリザベス・エイドの証言としている。

外部リンク[編集]