板橋ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板橋ダム
繁体字 板橋水庫大壩
簡体字 板桥水库大坝
所在地 河南省駐馬店市駅城区板橋鎮
位置

北緯33度16分54秒 東経113度33分21秒 / 北緯33.28167度 東経113.55583度 / 33.28167; 113.55583

Banqiaomap.png
河川 汝河
ダム諸元
ダム型式 大(二)型水庫
堤高 50.5 m
堤頂長 120 m
流域面積 768 km²
総貯水容量 675,000,000 m³
有効貯水容量 256,000,000 m³
利用目的 治水
発電所名
(認可出力)
(3200kw)
着工年/竣工年 1986年/1993年
出典 [1]
テンプレートを表示

板橋ダム(ばんきょうダム)は中国河南省に建設された大型ダムの一つ。

歴史[編集]

1949年1950年淮河で連続して水害が起きた。1950年10月14日中華人民共和国政務院は治水工事を決定。正式に1951年4月洪河に石漫灘ダムが着工し同年7月に完成、そして1952年6月汝河に板橋ダムが完成した。

1975年8月に後述する様に台風と豪雨の影響から決壊。その後1986年から新ダムの建設が行われ、1993年に竣工している。

板橋ダム決壊事故[編集]

1975年8月、蓮娜台風の影響により河南省駐馬店市は連日暴雨の被害に遭い、板橋ダム・石漫灘ダム2基の大規模ダム、竹溝ダム・田崗ダムの2基の中型ダム、58基の小型ダムが数時間の内に次々と決壊し、約 26,000 人が洪水により直接溺死し堤防の決壊により数万人が死傷、その後数十万人が食糧問題や感染病により死亡したとされる。これは現在世界史上最大のダム決壊被害である。

中央政府は国家機密としてこの事故の対外公布を禁止してきた。2005年に法律の改訂により関連データが公にされた。しかし外部からは死傷者数や災害範囲は改竄されたものだと思われている。