黄河協奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

黄河協奏曲(こうがきょうそうきょく、黄河鋼琴協奏曲)は、冼星海1939年に作曲した管弦楽と合唱のためのカンタータ黄河大合唱」をもとに、1969年中国中央交響楽団が集団創作したピアノ協奏曲。カンタータから協奏曲へと編曲・再構成するにあたって、殷承宗ら(その他、儲望華・盛礼洪・劉庄など)が中心となり、「黄河大合唱」から4曲を抜粋した。この時に概ね3/5程度の演奏時間に短縮されたが、基本的には第4楽章の「川辺対口曲」以外の主題は全てピアノ協奏曲に継承されている。中国中央交響楽団により1970年初演。

概要[編集]

文化大革命の時期に、半ば政治主導で西洋楽器のために創られた愛国的・民族的な音楽の一つであり、ヴァイオリン協奏曲梁祝小提琴協奏曲》と並んで、中国社会主義リアリズム音楽の実例となっている。

原曲となった黄河大合唱の曲順は次の通りである。作詞は光未然

  1. 前奏:黄河船夫曲
  2. 黄河頌
  3. 黄水謡
  4. 川辺対口曲
  5. 黄河怨
  6. 保衛黄河
  7. 怒吼吧 黄河

楽曲構成[編集]

「黄河協奏曲」の楽章構成は次の通りである(カッコ内は中国語の原語)。

  1. 前奏曲「黄河の船頭の歌」(黄河船夫曲) Allegro molto agitato
  2. 黄河をたたえる (黄河頌) Adagio maestoso
  3. 怒れる黄河(黄河憤) Andantino grazioso
  4. 黄河を護れ (保衛黄河) Allegro

楽器編成[編集]

独奏ピアノ、ピッコロ(2番フルート持ち替え)、笛子(2番フルート持ち替え)、フルート2、オーボエ2、、クラリネット(変ロ調)2、ファゴット2、ホルン(ヘ調)4、トランペット(変ロ調)2、トロンボーン3、ティンパニトライアングルシンバルハープ弦五部

録音[編集]

アメリカ合衆国ではユージン・オーマンディの指揮によって上演・録音が行われた。林克昌指揮・群馬交響楽団演奏によるCDが販売されている(日本コロムビア製作、香港レコード社頒布。1980年12月及び1981年1月録音)。