李先念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李先念
Li Xiannian - 1974.jpg

任期 1983年6月18日1988年4月8日

任期 1988年4月10日1992年6月21日

任期 1954年9月29日1980年9月10日

任期 1954年6月19日1967年1月

出生 1909年6月23日
清の旗 湖北省黄安県
死去 1992年6月21日
Flag of the People's Republic of China.svg 北京市
政党 Flag of the Chinese Communist Party.svg 中国共産党
配偶者 林佳楣
李先念
各種表記
繁体字 李先念
簡体字 李先念
拼音 Lǐ Xiānniàn
和名表記: り せんねん
発音転記: リー・シエンニエン
テンプレートを表示

李 先念(り せんねん、リー・シエンニエン、1909年6月23日 - 1992年6月21日)は中華人民共和国の政治家。中国共産党八大元老の一人で、第3代中華人民共和国主席。国家主席退任後は、中国人民政治協商会議全国委員会(全国政治協商会議)主席の座にあった。

経歴[編集]

1927年に中国共産党に入党し、長征には紅軍の士官として参加し、労農紅軍第四方面軍で徐向前総指揮官の下、政治委員を務めるなどした。

1949年中華人民共和国が成立してからは、湖北省党委員会書記・人民政府主席、武漢市党委書記・市長などを歴任。1954年9月29日、国務院副総理に任命され[1]財政部部長を兼任した。1956年9月28日、第8期1中全会において中国共産党中央政治局委員に選出[2]文化大革命では批判を受け北京郊外に下放された時期もあったが、中央復帰後は周恩来首相の下で経済政策を補佐し、後の市場経済化の先鞭をつける。

1977年から1982年まで中国共産党中央委員会副主席。国家主席制の復活(1982年)に伴い、1983年6月18日の第6期全人代第1回会議において国家主席に選出[3]1987年まで中国共産党中央政治局常務委員の職にあった。

常務委員引退後は全国政治協商会議主席のポストを確保。保守派の長老として影響力を保持し、陳雲と共に経済特区には生涯足を踏み入れなかった。

人民解放軍空軍政治委員の劉亜洲中将は、彼の娘婿とされる。

脚注[編集]

  1. ^ 歴任国務院主要領導人名単 (中国語)
  2. ^ 中共八届一中全会選出新的中央机构 (中国語)
  3. ^ 中華人民共和国全国人民代表大会公告(六届一次第1号) (中国語)
中華人民共和国の旗中華人民共和国
先代:
董必武
(国家主席代理)
国家主席
1983年 - 1988年
次代:
楊尚昆
先代:
鄧頴超
全国政治協商会議主席
1988年 - 1992年
次代:
李瑞環
先代:
鄧小平
財政部長
1954年 - 1967年
次代:
殷承禎
(財政部革命委員会主任)