黒五類 (文化大革命)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒五類
各種表記
繁体字 黑五類
簡体字 黑五类
拼音 Hēiwŭlèi
発音: ヘイウーレイ
テンプレートを表示

黒五類(こくごるい)は、中華人民共和国において文化大革命(文革)初期に、出身論に依拠し、労働者階級の敵として分類された5種類の階層のこと。

概要[編集]

具体的には地主、富農、反革命分子、破壊分子、右派を示し、その家族も含めると中国全土で2億人が存在したとされ、共産党組織への加入、就職、入隊等で差別を受けた。その一方で、革命幹部、革命軍人、革命烈士、工人、農民は紅五類中国語版太子党として優遇された。その他の大衆は紅外囲と称された[1]

文化大革命中には、四類分子(破壊分子)に対する弾圧がエスカレートし、湖南道県大虐殺[2]北京大興虐殺[3]のような住民の大量殺戮も行われた。

血統による差別が社会問題化すると、資本家出身で当時学生であった遇羅克1966年に『出身論』を発表し、共産党の血統論を批判した。中央文革小組は出身論を危険視し、1968年に遇羅克は反革命罪で逮捕され、1970年に処刑された[4]

文革中期以降は「教育を行うことができる子女中国語可以教育好的子女)」と改称され、各方面での待遇は改善されたが、社会生活での差別状態に変化はなかった。1970年代末より始まる改革開放の時代になると文革は全面的に否定され、出自家族に対する概念は希薄化し、現在では黒五類の用語は使用されなくなっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 出身成分 - 北朝鮮における身分制。黒五類に相当する人々は「敵対階層」と呼ばれる。