田漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田漢(でんかん、簡体字表記は田汉1898年3月12日 - 1968年12月10日)は、中国湖南省長沙出身の劇作家にして詩人。中華人民共和国の国歌の、義勇軍行進曲の作詞者として知られる。

生涯[編集]

1912年に長沙師範学校に入学。1917年に日本に留学、東京高等師範学校に学ぶ。このころ郭沫若と親交を結ぶ。1920年に帰国し、翌21年に上海で中華書局に勤務し、妻の易漱瑜とともに雑誌『南国月刊』を創刊、戯曲を発表する。25年には〈南国社〉を創設し、28年には文学・絵画・音楽・演劇・映画の5部門をもつ南国芸術学院に発展させた。

1932年に中国共産党に入党する。1935年の映画〈風雲児女〉の主題歌として『義勇軍行進曲』を作詞した。戦時中は桂林で演劇団体を組織した。

中華人民共和国成立後は中国戯劇家協会主席、政府文化部の戯曲、芸術部門の責任者をつとめた。話劇のほか、京劇など伝統演劇改革をも指導し、京劇『白蛇伝』などの上演台本も執筆。1966年からの文化大革命で批判され、その渦中で没した。

没後[編集]

1970年、周揚夏衍陽翰笙とともに〈4大悪漢〉とされ、さらには1975年には永遠に党籍を剥奪すると決定された。そのため、彼の作詞した歌は歌えず、国歌も曲の演奏にとどめられた。集会ではその代わりに『東方紅』が歌われた。

1979年、この決定は覆され、田漢の名誉は回復された。1982年12月4日の第5期全国人民代表大会第5回総会でふたたび『義勇軍行進曲』が中華人民共和国の国歌と定められた。

参考文献[編集]

  • 劉平『戯劇魂-田漢評伝』 中央文献出版社 1998
  • 田本相・呉戈・宋宝珍『田漢評伝』 重慶出版社 1998
  • 佐藤春夫『一旧友』- 久しぶりに来日した田漢の日本滞在中の話をもとにした小説[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一九二七年日中両国作家の「人間事」王俊文、東京大学中国語中国文学研究室紀要12号