神楽坂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神楽坂駅
神楽坂方面改札口(2005年10月24日)
神楽坂方面改札口(2005年10月24日)
かぐらざか - Kagurazaka
T 04 早稲田 (1.2km)
(1.2km) 飯田橋 T 06
所在地 東京都新宿区矢来町112
駅番号 T 05
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 T 東西線
キロ程 6.8km(中野起点)
電報略号 カク
駅構造 地下駅
ホーム 計2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
37,921人/日
-2011年-
開業年月日 1964年昭和39年)12月23日
2番出入口(2008年5月23日)
営団時代の2番出入口(2003年6月15日)

神楽坂駅(かぐらざかえき)は、東京都新宿区矢来町にある、東京地下鉄(東京メトロ)東西線である。駅番号T 05

駅構造[編集]

地下駅であるが、幅員の狭い道路の下に建設されたため、単式ホーム1面1線の2層構造となっている。出入口はそれぞれのホームの端部にある。進行方向に向かって、1番線(地下3階)は左側、2番線(地下2階)は右側のドアが開く。エスカレーターは1番線ホームと飯田橋寄りの改札口を連絡する上り専用のみ設置されているが、エレベーターは未設置である。

2010年5月31日、飯田橋寄り改札内地下1階コンコース部にオストメイトベビーベッドつき多機能トイレが設置された。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 T 東西線 西船橋津田沼東葉勝田台方面
2 T 東西線 高田馬場中野三鷹方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は37,921人である[1]。2000年12月12日に南側に都営地下鉄大江戸線牛込神楽坂駅が開業した後は利用客の一部が同駅に移行したため、当駅の利用客は減少傾向が続いている。近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 22,060 [2]
1993年 21,745 [3]
1994年 21,474 [4]
1995年 21,131 [5]
1996年 21,203 [6]
1997年 20,825 [7]
1998年 21,090 [8]
1999年 20,429 [9]
2000年 19,866 [10]
2001年 18,866 [11]
2002年 18,740 [12]
2003年 18,795 [13]
2004年 18,605 [14]
2005年 18,584 [15]
2006年 18,616 [16]
2007年 19,210 [17]
2008年 18,899 [18]
2009年 18,822 [19]

駅周辺[編集]

駅前は閑静な住宅街で、神楽坂方面出口から飯田橋側へ続く神楽坂商店街となっている。2000年代以降は雑誌などに取り上げられる店やスポットが多く、休日は各地方から訪れる人達で賑わっている。また、高層マンションなどの開発も進み、昔ながらの街並は変貌している。

駅そばにある赤城神社の大祭が有名で、規模もそれなりに大きい。周辺地区からの神輿で賑わう。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄
T 東西線
快速・通勤快速・各駅停車(通勤快速は中野方面のみ運転)
早稲田駅 (T 04) - 神楽坂駅 (T 05) - 飯田橋駅 (T 06)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]