矢来町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 新宿区 > 矢来町
矢来町
—   町丁  —
新潮社本館
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 新宿区
人口 (2010年(平成22年)8月1日現在)
 - 計 1,991人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 162-0805 

矢来町(やらいちょう)は、東京都新宿区町名[1]住居表示未実施。2010年8月1日現在の住民基本台帳による人口は3,968人。郵便番号は162-0805。


地理[編集]

新宿区東部・神楽坂上の台地に位置する。北で天神町赤城下町、北東で赤城元町神楽坂、東から南にかけて横寺町、南西で北山伏町、西で南榎町、北西で榎町東榎町と接する。芸能人・著名人の自宅や出版社が多く存在し、編集プロダクション印刷関連等出版社に関係する企業が多い。落語家古今亭志ん朝が住居を構えていたことから、志ん朝の異称として「矢来町(の旦那)」が使われた。

また、都心で稀少な自動車をみる機会が多い街として、マニアには注目されている。これは、古くからの邸宅地であり、富裕層外国車などを購入していたことに関係する。以前はシトロエンSMCX、正規導入されていない外国車など数多くみられた。しかし近年は景気の悪化や世代交代(相続税問題)などにより、邸宅の広大な敷地が分割され、建売住宅用地になってしまうなど、以前からの高級住宅地としての様相は変化しつつある。また、それにより区外からの移住者が増えている。

歴史[編集]

町の全域となる台地や、包蔵地・屋敷などが区指定の遺跡として認定されている。

地名の由来[編集]

若狭小浜藩主酒井讃岐守忠勝が、1628年寛永5年)三代将軍家光から牛込下屋敷を貰い、周囲の土手竹矢来で囲んでいたためとされる。この酒井邸の竹矢来は江戸名物の1つに数えられていた。

交通[編集]

町域北部に東京メトロ神楽坂駅が設置されている。

施設[編集]

現存しない施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P879

外部リンク[編集]