朱建栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朱建栄
プロフィール
出生: 1957年
出身地: 中華人民共和国の旗 中国上海市
職業: 政治学者
各種表記
繁体字 朱建榮
簡体字 朱建荣
拼音 Zhū Jiànróng
和名表記: しゅ けんえい
発音転記: チュー チエンロン
英語名 ZHU Jianrong
テンプレートを表示

朱 建栄(しゅ けんえい、1957年 - )は、中華人民共和国出身の政治学者東洋学園大学教授。専門は、中国の政治外交史・現代史に関する研究、東アジア国際関係に関する研究。日本華人教授会議代表を歴任(2003年1月 - 2013年4月)。

来歴[編集]

上海生まれ。1981年、華東師範大学日本文学を専攻し卒業。1984年、上海国際問題研究所 (SIIS) 付属研究生院で修士号を取得。

日本人女性研究者と結婚後、1986年に総合研究開発機構 (NIRA) 客員研究員として来日する。学習院大学客員研究員を経て、1992年に博士論文「毛沢東の朝鮮戦争」を学習院大学へ提出して博士(政治学)学位を取得した。学習院大学・東京大学非常勤講師東洋女子短期大学助教授を経て、1996年から東洋学園大学人文学部教授に就任した。

しかし、会議出席のため2013年7月17日に、中華人民共和国上海市に行ったまま、連絡が取れなくなっていた[1]。また同年5月には、日本の中国紙『新華時報』編集長の蘇霊が、北京市出張中に消息を絶っている。この様な中、同年9月洪磊中華人民共和国外交部報道局副局長は「朱氏は中国国民であり、中国の法律と法規を順守しなければならない。」と述べ[2]中華人民共和国国家安全部から情報漏洩容疑で取り調べを受けていることを事実上認めた[3]。その後、2014年1月17日に解放され、上海市の家族宅に戻ったことが、1月24日に東洋学園大学より発表された[4][5]6月3日にはBSフジ生放送討論番組「BSフジLIVE プライムニュース」に生出演した[6]

主張[編集]

  • RONZA』1997年6月号で、「中国は軍事大国ではない」という認識を示し、自著『香港回収』においては、天安門事件について解放軍の出動途中に起こった発砲事件に過ぎず、虐殺はなかったと述べている。
  • 2008年8月24日放送のテレビ朝日サンデープロジェクト』においては、中国は変化しており報道規制もなくなりつつあると述べ、「チベット民族などの暴動」についての報道規制を特に批判した国境なき記者団は過激で信頼できない団体であり、それをもって中国が現在、報道規制が強いというのは間違いであると主張した。それに対して同席していた櫻井よしこからは、外国特派員協会も同じように報道規制について批判していると反論され、「朱さんは、中国政府の代弁者と言っていい形の方」と評された。2005年8月15日放送の『日本の、これから』では南京大虐殺論争では櫻井の虐殺否定説を否定しており、ティルマン・ダーディン記者の証言を肯定している。

著書[編集]

単著[編集]

  • 毛沢東の朝鮮戦争―中国が鴨緑江を渡るまで(岩波書店、1991年/岩波現代文庫、2004年)

  平成4(1992)年度 大平正芳記念賞受賞[7]

  • 江沢民の中国―内側から見た「ポスト鄧小平」時代(中央公論社中公新書〉、1994年)
  • 鄧小平は死なず―12億の民はどこへ行くのか(講談社、1995年)
  • 江沢民時代の「大中国」(朝日新聞社、1997年)
  • 香港回収―グレーター・チャイナのゆくえ(岩波書店〈岩波ブックレット〉、1997年)
  • 中国2020年への道(日本放送出版協会[NHKブックス]、1998年)
  • 朱鎔基の中国改革(PHP研究所[PHP新書]、1998年)
  • 毛沢東のベトナム戦争―中国外交の大転換と文化大革命の起源(東京大学出版会、2001年)
  • 中国第三の革命―ポスト江沢民時代の読み方(中央公論新社〈中公新書〉、2002年)
  • 胡錦濤対日戦略の本音―ナショナリズムの苦悩(角川書店、2005年)
  • 本当はどうなの? これからの中国(中経出版、2009年)
  • 中国で尊敬される日本人たち:「井戸を掘った人」のことは忘れない(中経出版、2010年)

共著[編集]

  • 野副伸一恵谷治佐藤勝巳友田錫)『イラク後の朝鮮半島―東アジアの新局面を探る』(亜細亜大学アジア研究所、2004年)
  • 朱建栄、上村幸治『チャイナシンドローム : 日中関係の全面的検証』(駿河台出版社、2006年)
  • 奥田碩、朱建栄対談『「地球企業トヨタ」は中国で何を目指すのか:奥田碩のトヨタイズム』(角川学芸出版、2007年)

編著[編集]

  • 「人治国家」中国の読み方――台頭する新世代群像(日本経済新聞社、1997年)

共編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 在日中国人教授と連絡取れず=先月下旬上海に、「拘束情報」も-朱東洋学園大教授
  2. ^ 「中国外務省、朱建栄教授への取り調べ認める」 日本経済新聞 2013/9/11
  3. ^ 「「知らない」「分からない」在日中国人、一様に口重く」MSN産経ニュース2013.9.11
  4. ^ 朱建栄教授、身柄拘束解かれ上海の自宅に MSN産経ニュース 2014年1月24日
  5. ^ 坂間義隆『朱建栄事件にもる中国・諜報活動の裏表』(雑誌「正論」2013年12月号)
  6. ^ [1] 朱建榮が語る“生還”
  7. ^ 大平正芳記念賞の歩み