佐賀県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗佐賀県第1区
行政区域 佐賀市鳥栖市神埼市神埼郡三養基郡
(2014年1月現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2002年2013年区割変更)
選出議員 解散により欠員
有権者数 327,649人
1.4 倍(一票の格差宮城5区との比較)
総務省・2013年9月2日)
テンプレートを表示

佐賀県第1区(さがけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われ、2013年には3区の廃止に伴い、区割が見直しされた。

区域[編集]

2013年の区割変更前は、以下の通りであった。

  • 佐賀市(旧佐賀市=旧諸富町、旧大和町、旧富士町、旧三瀬村、旧川副町、旧東与賀町、旧久保田町を除く区域)、鳥栖市、神埼市千代田町、三養基郡全町村

2002年の公職選挙法改正以前の区域は以下の通りであった。

  • 佐賀市、鳥栖市、神埼郡全町村、三養基郡全町村

歴史[編集]

佐賀県は全般に厚い保守層への支持を背景に自由民主党が強いが、この1区では新進党民主党と渡り歩きメディア出演の多さで全国的な知名度を持つ原口一博坂井隆憲福岡資麿岩田和親といった自民党の候補と激しい争いを続けている。過去6回の選挙では原口の3勝3敗。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 原口一博 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 坂井隆憲 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 原口一博 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 福岡資麿 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 原口一博 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 岩田和親 自由民主党

選挙結果[編集]

第46回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
岩田和親 39 自由民主党 70,547票 49.2% 公明党推薦
比当 原口一博 53 民主党 63,007票 43.9% 国民新党推薦
大森斉 57 日本共産党 9,857票 6.9%
第45回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
原口一博 50 民主党 96,618票 55.6%
福岡資麿 36 自由民主党 75,475票 43.5%
木場健 35 幸福実現党 1,568票 0.9%
第44回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
福岡資麿 32 自由民主党 84,643票 50.3%
比当 原口一博 46 民主党 75,449票 44.9%
武藤明美 57 日本共産党 8,029票 4.8%
第43回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
原口一博 44 民主党 70,271票 46.8%
福岡資麿 30 自由民主党 66,446票 44.3%
柴田久寛 61 社会民主党 8,315票 5.5%
上村泰稔 38 日本共産党 4,977票 3.3%
  • 坂井は政治資金規正法違反により逮捕され不出馬(辞職勧告を受けたものの解散まで辞職せず)。
第42回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
坂井隆憲 52 自由民主党 70,155票 40.8%
比当 原口一博 40 民主党 62,932票 36.6%
緒方克陽 62 社会民主党 30,018票 17.5%
上村泰稔 35 日本共産党 7,173票 4.2%
永井孝 50 自由連合 1,612票 0.9%
第41回衆議院議員総選挙 佐賀県第1区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
原口一博 37 新進党 62,515票 39.0%
比当 坂井隆憲 48 自由民主党 60,286票 37.6%
緒方克陽 58 社会民主党 27,514票 17.1%
上村泰稔 31 日本共産党 7,670票 4.8%
木村隆 41 自由連合 2,493票 1.6%

関連項目[編集]