長崎県第3区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗長崎県第3区
行政区域 佐世保市早岐支所三川内支所宮支所管内)、大村市対馬市壱岐市五島市東彼杵郡南松浦郡
(2014年1月現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 谷川弥一自由民主党
有権者数 241,368人
1.03 倍(一票の格差宮城5区との比較)
総務省・2013年9月2日)
テンプレートを表示

長崎県第3区(ながさきけんだい3く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

長崎空港からの空路による結びつきを考慮し、壱岐・対馬・五島各地方と本土中部の大村市周辺が一つの選挙区として組織されている。

本土に厚い票田を持つ自由民主党と離島に影響力のある民主党との間で激しい接戦が続いており、第41・第42回は虎島対山田、第43回以降は谷川対山田の争いとなっている。第41回は落選、第42~第44回は比例復活に甘んじていた山田が、第45回では民主党への追い風に乗って小選挙区で初勝利した。第45回までは敗れた方が比例九州ブロックで復活当選していたが、第46回は谷川が日本未来の党に移籍した山田を比例復活も許さず破った。

2013年の選挙区割り変更で、佐世保市の早岐支所管内、三川内支所管内、宮支所管内が、4区から3区に移った。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 虎島和夫 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 虎島和夫 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 谷川弥一 自由民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 谷川弥一 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 山田正彦 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 谷川弥一 自由民主党

選挙結果[編集]

第46回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
谷川弥一 71 自由民主党 69,903票 53.5% 公明党推薦
山田正彦 70 日本未来の党 52,536票 40.2% 新党大地推薦
石丸完治 63 日本共産党 8,301票 6.3%
第45回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
山田正彦 67 民主党 79,223票 49.6%
比当 谷川弥一 68 自由民主党 77,316票 48.4%
山田聖人 43 幸福実現党 3,263票 2.0%
第44回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
谷川弥一 64 自由民主党 83,992票 53.0%
比当 山田正彦 63 民主党 74,384票 47.0%
第43回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
谷川弥一 62 自由民主党 77,528票 50.3%
比当 山田正彦 61 民主党 71,099票 46.2%
寺田敏之 49 日本共産党 5,374票 3.5%
第42回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
虎島和夫 72 自由民主党 76,794票 49.8%
比当 山田正彦 58 自由党 41,995票 27.2%
犬塚直史 45 民主党 28,589票 18.5%
久野正義 61 日本共産党 5,759票 3.8%
沖野寛 46 自由連合 1,079票 0.7%
第41回衆議院議員総選挙 長崎県第3区

当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持 比例重複
虎島和夫 68 自由民主党 79,735票 52.2%
山田正彦 54 新進党 65,084票 42.6%
佐々田勇二 61 日本共産党 7,883票 5.2%

関連項目[編集]