ルノー・21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルノー・21

21(にいいち、にじゅういち、ヴァンティアン)は、フランスの自動車製造会社、ルノーが、1986年から1994年まで製造・販売していた乗用車である。

概要[編集]

1986年3月にルノーの前輪駆動(FF)の中型車であるルノー・18の後継型として発売された。基本デザインはイタリアの名門・ジウジアーロが手がけた。当初は4ドアセダンのみで数ヵ月後にステーションワゴン版である「ネヴァダ」(Nevada)(イギリスでの車名は「サバナ」/Savanna)が追加された。先代R18では室内の狭さが不評だったこともあり、ホイールベースが約200mm伸ばされクラス随一の室内空間を獲得した。ユニークなことにエンジンによって横置きと縦置きが存在した。その理由は当時のルノーには2.0L以上のエンジンの発生トルクに対応できる横置き用のギアボックスがなかったことが原因。縦置きモデルと横置きモデルではホイールベースが約60mm相違している。エンジンは全て直列4気筒で、エンジンルームは縦置き、横置きどちらにでも対応できる広さがあった。生産は本国フランスをはじめ、トルコオヤック・ルノーコロンビア中国アルゼンチン(ルノー・アルゼンチン)、チリ台湾ベルギー(RIB)、イラン(サーイパー)と多くの工場で行われた他、当時ルノーが提携していたアメリカアメリカン・モーターズ(AMC)からもルノー・メダリオンとして1986年の後半に登場したが、翌1987年の8月にルノーはAMCをクライスラーに売却したため「メダリオン」は新たに立ち上がったイーグルブランドに変更され、「イーグル・メダリオン」として販売された。

1989年6月にアウディ・80プジョー・405といったライバル車が登場して、販売が落ちていたR21はマイナーチェンジにより「フェイズ2」へと進化。ヘッドランプ周り(除くターボ)、テールランプ、空調操作部などが大きく変更されると同時に5ドアハッチバックビスカスカップリング四輪駆動である「クアドラ」等を追加。5ドアハッチバックモデルは、フランス国内ですぐにセダンを追い抜き売れ筋モデルとなった。

1992年4月にトリム(グレード)名が変更され、それまでのTX,GTS,TXEなどに代わり新たに下からプリマ(Prima)、マネジャー(Manager)そしてアリゼ(Alize)という名称になり、同時に1.7Lと2.0L 12V、2.0Lターボに三元触媒が装着された。

1993年5月ワゴンのR21 ネヴァダが単に「ルノー・ネヴァダ」と改名される。

1994年に4ドアセダンと5ドアハッチバックは生産を終了し、後継モデルのラグナに引き継がれ、ネヴァダは1995年9月にラグナ・ワゴンが登場するまで継続生産された。累計生産台数は2,096,000台(セダン1,684,000台、ワゴン412,000台)。

ラインナップ[編集]

ルノー・21ネヴァダ

ガソリンエンジン[編集]

トリム モデルコード 排気量 最高出力 最大トルク エンジンコード 燃料供給方式 触媒 0-100 km/h 最高速度 生産期間
TL, GTL L48K 1397 cm³ 51 kW (69 PS) bei 5250/min 106 Nm bei 3000/min C2J 770 キャブレター 06/1988–10/1993
1721 cm³ 55 kW (75 PS) bei 5000/min 125 Nm bei 3250/min F2N 712 12,0 s 173 km/h 03/1986–12/1987
54 kW (73 PS) bei 5000/min 127 Nm bei 2750/min F3N 726 燃料噴射 12,5 s 172 km/h 07/1986–02/1994
TS, GTS, TSE L48K 1721 cm³ 68 kW (92 PS) bei 5750/min 138 Nm bei 3000/min F2N 710 キャブレター 10,7 s 185 km/h 03/1986–03/1993
69 kW (94 PS) bei 5200/min 143 Nm bei 3000/min F3N 722/723 燃料噴射 03/1986–02/1994
66 kW (90 PS) bei 5250/min 140 Nm bei 3000/min 09/1989–06/1994
GTX, TXE 1995 cm³ 88 kW (120 PS) bei 5500/min 168 Nm bei 4500/min J7R 746/747 燃料噴射 9,7 s 200 km/h 03/1986–12/1993
2165 cm³ 79 kW (107 PS) bei 5000/min 169 Nm bei 3500/min J7T 754/755 9,9 s 192 km/h 07/1986–06/1994
TXI 1995 cm³ 103 kW (140 PS) bei 6000/min 176 Nm bei 4300/min J7R 燃料噴射
99 kW (135 PS) bei 6000/min 174 Nm bei 4300/min J7R 740 9,6 s 203 km/h 02/1990–06/1994
Turbo 1995 cm³ 129 kW (175 PS) bei 5200/min 270 Nm bei 3000/min J7R 752 燃料噴射 7,4 s 227 km/h 04/1987–10/1993
119 kW (162 PS) bei 5500/min 260 Nm bei 3000/min J7R 756 8,1 s 222 km/h 02/1990–10/1992

J7系エンジン以外は横置き。この他にトルコ、ポルトガルユーゴスラビア向けに1,400ccがあり、アルゼンチンとコロンビア向けに1,600ccがあり、その他の西欧諸国向けには1,700cc、2,000cc、2,200ccと2,000ccのターボエンジンを積む高性能版に、1,900ccと2,100ccのディーゼルエンジン、2,100ccのターボディーゼルエンジンが用意された。

逸話[編集]

「21」は、チェコスロバキアで1989年のビロード革命を主導し、チェコスロバキア民主化後最初の大統領、およびチェコとスロバキア分割後のチェコ共和国初代大統領を務めた劇作家のヴァーツラフ・ハヴェルが、自らの意向で大統領公用車として用いた乗用車である。

ビロード革命時に、当時のポルトガル大統領マリオ・ソアレス(自身もまたポルトガルのサラザール独裁政権と戦った人物であった)は革命による民主化支持の意を込め、ハヴェルらに1台のルノー・21TSEを寄贈する手配を行ったが、その21は1989年12月、ハヴェルが大統領に就任した日にようやく首都プラハに到着した。ハヴェルはこの贈り物をいたく喜び、権力的なリムジンの類には見向きもせずに、1.7L前輪駆動の平凡な中型実用セダンである「21」を大統領公用車として用いたのであった。

日本への輸入[編集]

日本では当時の正規輸入代理店であるJAXによって、全て4ドアセダンボディで2,200ccに4速オートマチックの組み合わせの「TXE」と、2,000ccターボエンジンに5速MTの組み合わせの「ターボ」が輸入、販売されていた。2,000ccターボエンジンに5速マニュアル、駆動方式を4WDとした「ターボクアドラ」(TurboQuadra )も少数輸入、販売された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

オフィシャル[編集]

オーナーズクラブ[編集]

ルノー ロードカータイムライン 1980年代-   
タイプ 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
コンパクト トゥインゴ トゥインゴII
5/7 シュペール5 クリオ(ルーテシア)I クリオ(ルーテシア)II クリオ(ルーテシア)III クリオ (ルーテシア)IV
シンボルI シンボルII
モデュス
カングー
カングーII
14 9/11 19 メガーヌI メガーヌII メガーヌIII
フルエンス
パルス
スカラI スカラII
ミドル 18 21 ラグナI ラグナII ラグナIII
20/30 25 サフラン ヴェルサティス ラティテュード/サフラン
アッパー タリスマン
ミニバン セニックI セニックII セニックIII
エスパスI エスパスII エスパスIII エスパスIV
クーペ フエゴ アヴァンタイム ラグナクーペ
オープン ウインド
クロスオーバーSUV キャプチャー
コレオス
アルピーヌ/スポール A310 V6 A610 スパイダー