イーグル (自動車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビジョン

イーグルEagle )は、1987年から1998年までアメリカ自動車製造大手のクライスラー社が北米、カナダで展開した自動車ブランド。「イーグル」は1980年から1987年までAMCが販売した「AMCイーグル」に由来する。クライスラー社内ではジープ/イーグル部門として活動し、販売は以前はAMCディーラーであった販売店を通してジープと共に販売された。



概要[編集]

イーグルブランドの由来元、1980年発売イーグル ワゴン:乗用車ベースでオフロード風味付けがされており、クロスオーバーSUVの元祖

クライスラー社が1987年にAMC(アメリカン・モーターズ)を買収した際、AMC乗用車部門を「イーグル」ブランドとして継続。プリムスダッジなど他のクライスラー社ブランドとは異なり、車体にはクライスラーの『ペンタスター』ロゴはなく、イーグルのブランドバッヂのみがつけられた。

最初の2モデルはAMC時代に資本関係で主要株主となっていたルノーのモデルであり、その後はクライスラー社の姉妹車戦略、つまりバッジエンジニアリングによるブランド戦略により、イーグル・ビジョン以外は、他のブランド同様、クライスラー内の他ブランド、あるいは三菱自動車からのOEMで供給された。

イーグルブランドとしてはビジョンタロンがあったが、ジープ/イーグル部門での主な収益源はジープのモデルによるものだった。旧AMCディーラーはジープが最も稼ぎのいい車と認識しており、ディーラー自身の販売力・サービス力がジープやその他の四駆モデルへ向けて販売戦略を立てていたことも大きかった。そのため当初よりイーグルブランドの乗用車販売は軽視されていた。その上、一店舗のみのディーラーはクライスラー系列のディーラー網への取り込みがおこなわれるようになる。

1980年代中頃、チェロキーからブームに火がついた人気車種のSUVが手にはいるともあってクライスラー系列のディーラーは喜んだが、イーグルのラインナップしている乗用車は同じクライスラー傘下のダッジ・ディーラーで販売している車種と多くのクラスが競合しており、差別化がなくなることにつながることに懸念が生じる。この結果、クライスラー社は多様なブランド展開よりも少数モデルによるマーケティングへと移行することを選択、1996年より段階的にモデルを終了させ、1998年を最後にクライスラーは11年間のイーグルブランドでの製造・販売を終了した。イーグルブランドの最終年において、提供されていたのはタロンのみであった。

モデル[編集]

プレミア
ルノー・25をベースにして作成されたモデル。ルノーのカナダ工場で生産されたプレミアがAMC時代から引き続いてイーグルブランドの主力車種として導入されることとなった。フルサイズ4ドアセダンでジウジアーロデザインである。LX、ESの2種類がラインナップされ、それぞれに直列4気筒OHV(111PS)、ES用標準およびLX用オプションとしてV型6気筒OHV(150PS)が搭載された。ダッジブランドでも「モナコ」として販売された。
ルノー・メダリオン(ルノー・21の北米モデル)のOEMモデル。4ドアコンパクトセダン及び4ドアステーションワゴンがラインナップされていた。
サミット
メダリオンの後継モデルとして発売。ダッジ・コルト(三菱・ミラージュ)と三菱・RVRのOEMモデルで4ドアコンパクトセダン、3ドアハッチバック及び2ドアクーペがラインナップされた。
ビスタ
三菱・ランサー(カナダではミラージュとして販売)のOEM。カナダ専売モデル。
タロン
三菱・エクリプスのOEMモデル。AWDコンパクトクーペ。販売不振だったイーグルブランドの数少ない例外で、初代に限れば本家であるエクリプスや同じくOEMモデルであるプリムス・レーザーよりも総販売台数が多かった。これは三菱自動車で販売していたエクリプスが日本車として輸入車扱いで税を掛けられていたのに対して、タロンは自国生産車として扱われ、エクリプスよりも販売価格が若干低かったことに起因する。しかし、現地での扱いは皮肉にも三菱製と完全に同一視されている(三菱・エクリプスのバッヂ違いモデルとの認識が強い)。
2000GTX
三菱・ギャランのOEMモデル。カナダ専売。
クライスラーの共通プラットフォーム(LHプラットフォーム)を用いて作成された唯一のイーグルオリジナルモデル。フルサイズ4ドアセダンで他のモデルに比べ豪華志向になっていた。イーグルにおいては販売は好調で、欧州、アジアの一部地域にも輸出され、クライスラー・ビジョンの名で販売された。1998年にイーグルが終了した為にモデルチェンジ時にはクライスラー・300Mとなった。


コンセプトカー[編集]

  • オプティマ(OPTIMA)(1990)
1990年にシカゴオートショーで発表されたコンセプトカー。4ドアセダンで、デザインにキャブ・フォワードを採用したモデルだが、その形状はより流線的でクーペに近い形状となっている。ボディはクライスラー・コンコードより1インチ短かった。
  • ビジョン・アエリー(VISION AERIE)(1994)
1994年にミネソタオートショーで発表されたコンセプトカー。ビジョンの発展型。エンジンを改良し275hpまで出力を引き上げ、空力を向上させるために外装などが見直されている。
  • ジャズ(JAZZ)(1995)
1995年の自動車展覧会「NAIAS95」で発表されたコンセプトカー。キャブフォワード・コンセプトの未来を提示するという意図で企画された。コンポーネントから「タロン」の5ドアハッチバック版ともいえるモデルで、ハッチの中にハッチを備えるという独特の形状をしていた。

関連項目[編集]