ミッシェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッシェル
ビートルズ楽曲
収録アルバム ラバー・ソウル
リリース 1965年12月3日
録音 アビー・ロード・スタジオ
1965年11月3日
ジャンル ロック
時間 242 (stereo version)
2分40秒 (monaural version)
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ラバー・ソウル 収録曲
A面
  1. ドライヴ・マイ・カー
  2. ノルウェーの森
  3. ユー・ウォント・シー・ミー
  4. ひとりぼっちのあいつ
  5. 嘘つき女
  6. 愛のことば
  7. ミッシェル
B面
  1. 消えた恋
  2. ガール
  3. 君はいずこへ
  4. イン・マイ・ライフ
  5. ウェイト
  6. 恋をするなら
  7. 浮気娘
オールディーズ 収録曲
A面
  1. シー・ラヴズ・ユー
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. 恋を抱きしめよう
  4. ヘルプ!
  5. ミッシェル
  6. イエスタデイ
  7. アイ・フィール・ファイン
  8. イエロー・サブマリン
B面
  1. キャント・バイ・ミー・ラヴ
  2. バッド・ボーイ
  3. デイ・トリッパー
  4. ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
  5. 涙の乗車券
  6. ペイパーバック・ライター
  7. エリナー・リグビー
  8. 抱きしめたい

ミッシェル」("Michelle")はイギリスロックバンドビートルズの楽曲である。

解説[編集]

本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムラバー・ソウル』のA面7曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。主部をポール・マッカートニーが、中間部をジョン・レノンが制作している。また、歌詞作りには(ジョンとポールの出会いの切っ掛けを作った)アイヴァン・ヴォーンの妻・ジャン=ヴォーンが協力している。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。

1980年、ジョン・レノンは「真ん中の8小節までがポール。そのあとにぼくはニーナ・シモンのフレーズを入れようと言った。(歌いながら)♪アイ・ラブ・ユー♪ これさ。フランス語にするのはポールのアイデア。」と語っている[1]

この曲の冒頭にフランス語の歌詞が出てくるが、これは「ミッシェル、ぼくの美しい人 とてもよくにあう言葉だ」という意味である。Michelleの語尾と「ぼくの美しい人(ma belle)」の語尾がともにelleで、韻をふんでいることを歌っている。公式発表曲の中で、フランス語が使用されている唯一の曲である。

この曲はメロディラインがフランスのシャンソンに似ていることから「ザ・ビートルズ公式発表曲の中で唯一のシャンソン」と関連書籍に書かれている。冒頭のコードのルート音が半音階で下降するコード進行は、クリシェと呼ばれる典型的なパターンであるが、ポール自身は「ジョルジュ・ビゼー風に書いた」と発言している。これは、オペラカルメン』のハバネラ「恋は野の鳥」(半音階で下降するメロディが特徴)をヒントにしたものであろう。ベースはコード進行とは異なる複雑な進行をしている。

本作は1966年度グラミー賞最優秀楽曲賞を獲得した。英米ではシングル・カットされなかったが、英日ではおのおの4曲入りEPもしくはコンパクト盤で発売され、日本ではこのコンパクト盤の存在を根拠にラジオのヒットパレードの上位につけた。また、フィリピンではシングル・カットされている。

ミキシング[編集]

モノラル・ヴァージョンはステレオ・ヴァージョンに比較してフェード・アウトが多少早い。また、CD化に際しリミックスがなされている。

収録盤[編集]

ミッシェル
Michelle
オーヴァーランズシングル
収録アルバム ミッシェル
リリース 1966年12月
ジャンル フォーク
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
チャート最高順位

3位(アメリカ)/ 1位(イギリス

テンプレートを表示
ミッシェル
Michelle
デヴィッド・アンド・ジョナサンシングル
収録アルバム ミッシェル
リリース 1966年
ジャンル アカペラ
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
チャート最高順位

18位(アメリカ)/ 11位(イギリス

テンプレートを表示

カヴァー[編集]

アメリカ、イギリスでは、ビートルズのシングル・リリースがないことから、多くの競作盤が発売されている。アメリカでは、デヴィッド・アンド・ジョナサン(全米最高位16位)、ビリー・ヴォーン(全米最高位77位)、バド・シャンク(全米最高位65位)のヴァージョンがチャート入りを果し、イギリスでは、オーヴァーランダーズのヴァージョンが全英第1位を獲得、デヴィッド・アンド・ジョナサンのヴァージョンは全英最高位11位を記録している。

脚注[編集]

  1. ^ 『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社(165頁)