ミシェル・コロンビエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Michel Colombier
基本情報
出生 フランスの旗 フランス
1939年5月23日 (75年前)
出身地 フランスの旗 フランス
死没 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス郡 サンタモニカ
2004年11月14日(満65歳没)
ジャンル 映画音楽
ジャズ
フュージョン
職業 プロデューサー
作曲家
編曲家
指揮者
ピアニスト
キーボーディスト
担当楽器 ピアノ
キーボード
活動期間 1953年2004年
公式サイト www.michelcolombier.com

ミシェル・コロンビエMichel Colombier1939年5月23日 - 2004年11月14日)は、フランス映画音楽ジャズフュージョン ポピュラー音楽などのプロデューサー作曲家編曲家指揮者ピアニストキーボーディスト

生涯[編集]

生い立ち、初期の活動[編集]

リヨンに生まれる。6歳の時から音楽教育を受け始めている。14歳の頃からジャズに傾倒しはじめ、コンボやビッグ・バンドでの即興演奏などをするようになった。22歳の時、バークレイ・レコード社の音楽ディレクター席に空きが出来たため、新人を捜していたところへコロンビエが抜擢され、シャルル・アズナブールの米国向けファースト・アルバムのアレンジメントを手がけることとなった。その次はフランスの舞台コメディ「Le Bourgeois Gentilhomme」のための音楽の作曲、これはコロンビエにとって唯一の舞台用音楽制作となる。その後バレエ音楽の世界に進み、モーリス・ベジャールの名作「Messe Pour Le Temps Present」に関わるようになった。

ゲンズブールとの出会い[編集]

フランス・ポピュラー音楽の中心的人物セルジュ・ゲンスブールとの関わりも出てきて、数年間にもわたり共作者としてセルジュの創作活動に加わることとなった。他にもフランスの様々なアーティストとコラボレートする機会が増え、アズナブール、ブリジット・フォンテーヌジャン=リュック・ポンティカトリーヌ・ドヌーヴジャンヌ・モロー、そしてステファン・グラッペリらとの共同作業で、活躍の場所を一気に広げていった。

ハーブ・アルパートとの出会い[編集]

ペトゥラ・クラーク (Petula Clark) がコロンビエを、アメリカにおける彼女の活動の音楽監督に指名し、その後も彼女の様々な音楽作品においてアレンジ、作曲などを手がけるようになった。そして、彼女はミシェルをA&Mレコード社の創始者であり、世界的に有名なフリューゲルホルン奏者であるハーブ・アルパートに紹介し、その直後にはアーティスト・コンポーザー・パフォーマーとしてA&Mレコード社と契約することとなった。そしてこのコラボレートがコロンビエの名作『Wings』を生み出す結果となった。日本ではフランスのフュージョン界のボス的認識が浸透していて、彼の音楽性から感じ取れる「クラシカル」「ジャズ」「映像的」そして「総天然色の美しさ」というような部分が大変気に入られ、そこから多くの影響を受ける者が出てくるようになった。

幅広い躍進[編集]

コロンビエは非常に多くのジャンルから受け入れられ、様々なアーティストとの制作活動が続くようになった。それは以下のような世界的アーティストばかりで、コロンビエの音楽ジャンルはポピュラー音楽やジャズという括りだけではない、とても幅広いコミュニケートを可能にしていることが明らかになる。

晩年[編集]

コロンビエは癌により10年前の2004年11月14日、アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス郡サンタモニカにて死去した。

ディスコグラフィ[編集]

バレエ音楽
  • Messe Pour Le Temps Present (1967)
  • Metamorphose/Messe Pour Le Temps Present (1997)
  • Psyche Rock (1997)
  • Mandala (1998)
  • Catapult (2000)
ソロ・アルバム
  • Capot Pointu a.k.a. Campus (1967)
  • Wings (1970)
  • Nadia's Theme (1975)
  • Michel Colombier (1979)
  • Old Fool Back On Earth (1983)
  • Wings [re-issue] (2002)
  • Colombier Dreams (2002)
サウンド・トラックス
  • Bandes Originales de Films - Lino Ventura (1965)
  • L'Heritier / Tarot (1972)
  • Du Rififi Au Cine "Vol. 2" (1972)
  • Les Onze Mille Verges (1975)
  • Bandes Sonores Originales (1976)
  • Une Chambre En Ville (1982
)
  • Asterix au Cinema (1983)
  • Against All Odds (1984)
  • White Nights (1985)
  • The Golden Child (1986)
  • Ruthless People (1986)
  • Surrender (1987)
  • Satisfaction (1988)
  • Deep Cover (1992)
  • Posse (1993)
  • Elisa (1995)
  • Trippin' (1999)
  • Largo Winch (2001)
  • Swept Away (2002)
  • Michel Colombier/Philippe Labro (2003)

作曲作品[編集]

  • Flora Purim -『Everyday Everynight 』 (1978)
    Everyday every night, Samba Michel、The Hope、Five-Four、Walking Away、I just don't know、Blues Ballad、Overture
  • Airto Moreira -『Touching You ... Touching Me 』 (1979)
    Heartbeat
  • Earth Wind & Fire -『Electric Universe 』 (1983)
    We Are Living In Our Own Time
  • Barbra Streisand -『Emotion 』 (1984)
    When I Dream
  • Maurice White -『Maurice White 』 (1985)
    Lady is Love
  • Bill Withers -『Watching you Watching Me 』 (1985)
    You Try to Find a Love

  • Branford Marsalis & the English Chamber Orchestra -『Romances for Saxophone 』 (1986)
    L'isle Joyeuse/Debussy, Arabesque no.1/Debussy, Emmanuel, Gymnopedie no. 3/Satie
  • Claude Nougaro -『Pacifique 』 (1989)
    Toulouse To Win, Le Cri de Tarzan, Stances a New York
  • Quintette de Cuivres Ars Nova -『Cuivres et Orgues 』
    sextuor opus 335

アレンジ、指揮など[編集]

  • Anna - Musical written by Serge Gainsbourg (1966)
  • Beach Boys -『20/20』(1969)
  • Bill Medley -『A Song For You 』(1972)
  • Paul Anka -『The Painter』(1976)
  • Supertramp -『Even In The Quietest Moments 』「Fool's Overture」 (1977)
  • Jean Pierre Rampal -『Fascinatin' Rampal Plays Gershwin』(1985)
  • Madonna -『Music 』「 Don't Tell Me 」(2000)
  • Luis Miguel -『Amarte Es Un Placer 』(2000)
  • Madonna -『Die Another Day 』「Die another day」 (2002)

主な関連アーティスト達[編集]

外部リンク[編集]