バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記
Barb Wire
監督 デヴィッド・ホーガン
脚本 チャック・ファーラー
アイリーン・チェイケン
原案 アイリーン・チェイケン
製作 ブラッド・ワイマン
マイク・リチャードソン
トッド・モイヤー
製作総指揮 ピーター・ヘラー
出演者 パメラ・アンダーソン
音楽 ミシェル・コロンビエ
撮影 リック・ボタ
編集 ピーター・シンク
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年5月3日
日本の旗 1997年1月11日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $3,793,614[1]
テンプレートを表示

バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記』( - びじょせんき、原題: Barb Wire)は、1996年アメリカ映画。原作はダークホースコミックスアメコミバーブ・ワイヤー』。

ストーリー[編集]

舞台は2017年、第二次南北戦争下のアメリカ。多くの都市で戒厳令が発令され、アメリカの自国通貨であるアメリカドルよりもカナダドルの方が価値と信用度が高くなるまでに荒廃する中、戒厳令が発令されていない最後の自由都市「スティールハーバー」でクラブを経営するバーブ・ワイヤー(パメラ・アンダーソン)は、賞金稼ぎという裏の顔を持っていた。ある日、政府に追われる元恋人アクセル(テムエラ・モリソン)がバーブへ助けを求めてくる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日
バーブ・ワイヤー パメラ・アンダーソン 喜田あゆ美 弘中くみ子
アクセル(バーブの元恋人) テムエラ・モリソン 小杉十郎太 大塚芳忠
カーリー ウド・キア 立木文彦 野島昭生
コーラD(女性科学者) ヴィクトリア・ローウェル 佐藤しのぶ 深見梨加
シュミッツ クリント・ハワード 辻親八
プライザー大佐(悪徳軍人) スティーヴ・レイルズバック 安井邦彦
チャーリー(バーブの弟) ジャック・ノーズワージー 真殿光昭
アレクサンダー・ウィリス ザンダー・バークレー 堀之紀
ビッグ・ファッツォ アンドレ・ロージー・ブラウン 島香裕

スタッフ[編集]

  • 監督:デイヴィッド・ホーガン
  • 製作総指揮:ピーター・ヘラー
  • 製作:マイク・リチャードソン、トッドモイヤー、バード・ウィマン
  • 原作:イレーヌ・チェイケン
  • 脚本:イレーヌ・チェイケン、チャック・ファーラー
  • 撮影:リック・ボタ
  • 衣装:ロザンナ・ノートン
  • 音楽:ミシェル・コロンビエ
  • 音楽監修:バーキリー・ケイ・グリッグス
  • 美術:ジャン・フィリップ・カープ
  • 編集:ピーター・シンク
  • 字幕:栗原とみ子

賞歴[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Barb Wire”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]