ミッシェル・カミロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッシェル・カミロ
基本情報
出生 1954年4月4日(60歳)
出身地 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国サントドミンゴ
ジャンル ラテン・ジャズ
担当楽器 ピアノ

ミッシェル・カミロ(Michel Camilo, 1954年4月4日 - )は、ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のジャズピアニストで作曲家。ラテン・ジャズを基調としたミュージシャンで、その卓越した技術(超絶技巧)は大きく評価され、ヴィルトゥオーソ(巨匠)と呼ぶに相応しい演奏をしている。

バイオグラフィ[編集]

音楽一家の元に育ち、親からもらったアコーディオンを弾き始める。祖父の影響でピアノも習い始め、エリラ・メナ国立初等音楽院(国立音楽院初等科)とドミニカ共和国国立音楽院に13年間通う。1979年にニューヨークに移り、ジュリアード音楽院で学ぶ。1983年にティト・プエンテと共演。

1985年にカーネギー・ホールにトリオで出演し、スターダムに伸し上る。ファースト・アルバムWhy Not?を日本のキング・レコードより発表。1988年にソニーに移り、セルフ・タイトルをリリース、ベストセラーを記録する。

2000年にはフラメンコギタリスト、トマティートとの共作Spainを発表、このアルバムはグラミー賞ラテン部門を勝ち取っている。アルバムタイトル"Spain"はチック・コリアのカバーで、ラテンナンバーのスタンダード"Bésame Mucho"もカバーしている。2006年にこの後続アルバムに当たるSpain Againも発表。このアルバムではタンゴ界の巨匠、ピアソラの"Libertango"等3曲をトリビュートしている。2002年以降はテラークに長らく在籍。2009年にはビッグ・バンドとの共演アルバムCaribeを発表している。

ディスコグラフィ[編集]

タイトル 発売年 注釈
French Toast with French Toast 1984 Evidence
Why Not? 1985 Evidence
Suntan 1986 Evidence
In Trio 1986 Electric Bird
Michel Camilo 1988 Portrait
On Fire 1989 Epic
On the Other Hand 1990 Epic
Amo Tu Cama Rica (Soundtrack) 1991
Rendezvous 1993 Columbia
One More Once 1994 Columbia
Two Much (Soundtrack) 1996
Hands of Rhythm with Giovanni Hidalgo 1997
Thru My Eyes 1997 RMM
Spain with Tomatito 2000 Verve/Universal
Calle 54 (Soundtrack) 2001
Piano Concerto, Suite & Caribe 2002
Triangulo 2002 Telarc
Live at the Blue Note 2003 Telarc
Solo 2005 Telarc
Rhapsody in Blue 2006 Telarc
Spain Again with Tomatito 2006 Emarcy/Universal
Spirit of the Moment 2007 Telarc
Caribe: Michel Camilo Big Band 2009 Calle 54 Records/Sony Music
Mano a Mano 2011 Emarcy/Universal
WHAT'S UP? 2013 OKeh/Sony Music

外部リンク[編集]