ミシェル・ブレアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシェル・ブレアル

ミシェル・ブレアルMichel Jules Alfred Bréal1832年3月26日 - 1915年11月25日)は、フランス言語学者、比較神話学者。

1832年ランダウ(現在のドイツ・バイエルン州)に生まれる。ユダヤ人として生まれる。元の姓はブリュール(Brühl)であった[1]ヴィサンブールメスパリで学んだ後、1852年に高等師範学校に入学。1857年にベルリン大学フランツ・ボップからサンスクリット語を学ぶ(後年ブレアルは、ボップの『インド=ヨーロッパ諸語比較文法』を仏訳することになる)。ブレアルは高等研究実習院コレージュ・ド・フランスで比較文法の教授を務めた。弟子にアントワーヌ・メイエなど。1875年に碑文文芸アカデミーに選出される。1881年、フェルディナン・ド・ソシュールがパリ大学でのブレアルの講義を聴講し、ソシュールの才能を認めたブレアルは同大学「ゴート語および古代高地ドイツ語」の講師に斡旋した。ソシュールはそこで10年間に渡って教鞭をとった。1879年、高等教育監察官に任命。1890年、レジオンドヌール勲章コマンドールを受勲。

専門はイタリック語派で、フランスにおける比較言語学の基礎を築いたうちの一人。1897年の著書『意味論試論』で、言語の意味の変化について研究する新分野、意味論を唱えた。また神話学も研究しており、比較神話学を再興したジョルジュ・デュメジルに影響を与えた。教育行政についても発言し、古典語の教育方法やフランス語正書法の改革について提案した。第1回オリンピックに際し、マラソン競技を提案したことでも知られる。1915年パリで死去。

主要著作[編集]

  • L'étude des origines de la religion Zoroastrienne (1862)
  • Hercule et Cacus (1863)
  • Le mythe d'Œdipe (1864)
  • Les Tables Eugubines (1875)
  • Mélanges de mythologie et de linguistique (2e éd., 1882)
  • Leçons de mots (1882, 1886)
  • Dictionnaire étymologique latin (1885)
  • Grammaire latine (1890).
  • Essai de sémantique (1897)
  • Pour mieux connaître Homère (1906)

翻訳[編集]

  • 石橋好一訳『法国教育説略』文部省、1879年 - 著者名は「弥洒児」となっている
  • 工藤進訳(抄訳)「意味論」、『明治学院論叢』282号、1979年6月

関連書[編集]

  • 『意味論』山中圭一ほか、研究社。(2005.1)

出典[編集]

  1. ^ Hans Morgenstern "Jüdisches biographisches Lexikon. Eine Sammlung von bedeutenden Persönlichkeiten jüdischer Herkunft ab 1800", LIT Verlag, Wien, 2009, p.116